« 再開した東京ステーション | トップページ | BPMPと地方自治で揺れる BKPM »

2012年10月 8日 (月)

BKPM の副長官

00dsc02656


昔お世話になった人が今BKPMの副長官になっている。かれこれ20年前、大臣室にいた秘書官の一人であった。 所が副長官というのは役職名がDeputi と言うのでそう呼んだのであるが普通一人と思われる副長官が6人も居る。これには担当があり、計画担当副長官以下、管理担当、 開発担当、促進担当、協力担当、サービス担当である。その頃の人で知ってる名前はHutapeaさん、Himawanさん、Kurniadiさんである。 OO担当副長官と担当名を入れれば副長官と顕称しても良いだろう。 これは所謂省の場合OO総局長に当たる。本当の省大臣に次ぐNo.2 は次官sekretariat jenderalである。省ではないOO担当国務大臣の場合大臣官房 sekretariat Kementerianという。大臣はMenteri (Negara)で大臣府はKementerianと差を設けてないが内部にはこの様な差がある。BKPMのWebsiteには組織図があるが細かくて見にくい。色々工夫した挙句下の方の拡大用クリックがあった。最初から大きく出来ないのであろうか。長い間空席であった長官も先般6月に任命され、新長官はMuhamad Chatib Basri氏である。インドネシア大学経済学部長で世銀やIMF等のadvisor を務めている。写真は左側の二つのビルがそうである。後ろの高い立派なビルは租税総局であるが、BKPMは左に新しいビルが建ったが旧ビルと余り変わらない。

|

« 再開した東京ステーション | トップページ | BPMPと地方自治で揺れる BKPM »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BKPM の副長官:

« 再開した東京ステーション | トップページ | BPMPと地方自治で揺れる BKPM »