« ミエ学園は今 | トップページ | 関税総局による関税監査手続き »

2012年10月 1日 (月)

巨大台風下のガルーダ

00pa010209


台風一過、雲ひとつない青空の成田に無事着陸した。昨日の今頃は誇大気味ではないかと煽るようなNHKのニュースで、一人だけでも欠航を決行しようと思っていた所であった。
所が今日のガルーダは満席(186席中175人)で誰も台風の事等気にして無い風で、ガルーダのスタッフも台風のことなども知らなかった。
インドネシア語では台風の事をTopanと言う事を後で思い当たったが、電話でフライトスケジュールを訪ねて見ようと思い立ったが23519999のYenssy等はスカルノハッタ飛行場の電話番号を教えるだけで、それも三つともでたらめであった。話にならず結局家内の情報とやっと夕方のNHKの情報で大丈夫だろうと単独欠航を取りやめた。
00p9300208


最近のスカルノハッタには港内電気自動車が現れていた。小生も右端のブックショップ(D gate)と左端のラウンジ(F Gate)の500m程度を利用出来た。やはりチップは必要のようだ。成田飛行場はどこも駄目、パークするまでのタクシー13分、入獄審査までのだらだら歩き(動く歩道なし)、入国審査場は立錐の隙も無く又15分以上、最後は荷物のターンテーブルで30分(プライオリティタグも意味なく、又ターンテーブルが小さすぎ、)なんとかしたいがここで言うしかない。

|

« ミエ学園は今 | トップページ | 関税総局による関税監査手続き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大台風下のガルーダ:

« ミエ学園は今 | トップページ | 関税総局による関税監査手続き »