« 関税総局による関税監査手続き | トップページ | 日イ大臣の比較 »

2012年10月 3日 (水)

バンドンアニバサリーのアクロバット飛行事故

バンドンが生まれたのは総督ダンデルス時代で1810?年9月25日、Wiranatakusumahを初代市長に任命した日を創設記念日とする。
00ap


00lightaviation_bravoas202


そのアニバサリーを記念してバンドンのHusein Sastranegara飛行場で毎年エアーショーが行われるが今年は去年に続き又クラッシュで2名の飛行士が死亡した。飛行機はスイス・イタリア製のBravo 202のご覧の軽飛行機である。ただこの飛行機自体は1960年代からあるようで、この間のロシアのデモ飛行機事故もあり、ここの上空状況は無理な飛行には牙をむくのかもしれない。この飛行場の名前となっているSastranegaraはインドネシア空軍創設に貢献した若き英雄であるが彼も1946年シャフリル首相を迎えに行く日本軍が残した飛行機が墜落し死亡している。
エアーショウは今後中止するという発言の中翌日の日曜日にもショーは行われた。
写真は全部借り物、APとm0a.comである。
追:ロシア機の墜落は此処でなくサラック山中でした。

|

« 関税総局による関税監査手続き | トップページ | 日イ大臣の比較 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/47284882

この記事へのトラックバック一覧です: バンドンアニバサリーのアクロバット飛行事故:

« 関税総局による関税監査手続き | トップページ | 日イ大臣の比較 »