« 11月のジャカルタ | トップページ | 首都Jakarta特別州に県がある? »

2012年11月 5日 (月)

BKPM 認可状況追跡サービス

と又変なニュースが出ていた。昔、1996年頃は申請後7日程度で取得できたので、追跡調査も要らなかった当時を知っているのでおかしな話なのだ。その上、多分動乱後だったかその様なサービスが開始され本館の入口左にデスプレイがおかれたが、その後このジュークボックスみたいな設備は壊れ死体をさらしていたことも思い出す。
ワンドア・サービスも同じである。昔は将にワンドアだったのが、労働省、財務省、商業省等に食いちぎられたあとの再生復活だったので、一向に進歩は感じない。
ただITの進歩でBKPMのウェブサイト< http://www.bkpm.go.id >にアクセスし、登録番号を入力することで営業許可などの登録手続きの進行状況を確認できるとのことである。
これも登録が大変だったりするのでやっぱり直接担当者の所に行けた昔の方が良い。
その左手をずっと入る所に昔データ管理部署があり、前月の許認可状況を、株主、総投資、業種、資本金など明細をこちらの要望通りにデータを加工してくれる所があった。 スハルト時代は良かったと回顧する一つの話であった。

|

« 11月のジャカルタ | トップページ | 首都Jakarta特別州に県がある? »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BKPM 認可状況追跡サービス:

« 11月のジャカルタ | トップページ | 首都Jakarta特別州に県がある? »