« インドネシアの帰国看護師不合格者に就職斡旋 | トップページ | Freedom Jazzの祭典 »

2012年11月22日 (木)

Jasa Raharja

00kali_besarjul08_11


00may_09_batavia_150


00rasuna_nov_12_11


北のカリブサール東側に立っているオランダ時代の建物にJasa Raharjaが入居している。
東側の建物で二つの塔Domeを持つCipta Niagaに次いで目につく。此方は一つの塔をもつ。いずれもオランダから撤収したものである。 オランダ企業の国有化法で損害保険の分野でPerusahaan N.V. Zee-en Brandassurantie Maatschappij van 1851 c.s. di Jakarta.、Perusahaan N.V. Nederlandsche Lloyd di Jakarta. など14企業が国有化された。 その中でEka Karyaの名前からJasa Raharjaの名前で生まれたのが1965年である。現在も国有企業の一つで交通保険など損害保険を担当している総資産6兆、自己資本4兆の企業である。オランダ時代この建物の所有者は誰なのか不明であるがデータのかけらにZee en Brand Verzekerings Maatschapij Sluyters & Co / Lloyd Insurance 等の字が見える。この建物は使われているようには見えない。本社はRasuna Seidにある。

|

« インドネシアの帰国看護師不合格者に就職斡旋 | トップページ | Freedom Jazzの祭典 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

ここいらへんのKali besarはだいぶきれいになりましたね。日曜日の早朝に自転車でぶらぶらするのもなかなか良いものです。
10時より前は道路もガラガラです。
その足でSunda Kelapa港に行くのもよいでしょう。
大型木造船のオンパレードですよ。

投稿: 度欲おぢさん | 2012年11月26日 (月) 09時44分

写真だと水がきれいでしょう。特に晴れた日は。

ご自宅から此処までも自転車ですか

投稿: | 2012年11月26日 (月) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jasa Raharja:

« インドネシアの帰国看護師不合格者に就職斡旋 | トップページ | Freedom Jazzの祭典 »