« Freedom Jazzの祭典 | トップページ | Perpustakaan Freedomの雰囲気 »

2012年11月24日 (土)

労働問題に揺れるインドネシア

10月のジャカルタは労務問題で不安な月であったが、11月になっても続いている。確かに底辺の若者は生活設計すら出来ていない者が多く、華やぐ消費世界に付いていこうとすると強奪しかなくなる。労働ニュースを集めると
10/3 各地で大規模労働者デモ、首都圏は280万人との報道も
10/3 清掃、警備、運輸、配膳、鉱業、石油・ガスの5分野にアウトソーシングを限定
10/4 今年1-9月に10万人もの炭鉱労働者が解雇:東カリマンタン支部予測
10/5 本業に人材派遣しているアウトソーシング業者の許可剥奪へ:政府が方針。
10/10 賃金上昇、ルピア安、高物流コスト、借り入れ難など競争力向上を阻害、世銀。
10/15 雇用主が登録しないなら労働者自身でジャムソステック加入可能:憲法裁が判断。
10/24 ジャカルタで11労組による来年最低賃金引き上げ要求デモ、2,799,000ルピア
10/26 金属労連などブカシの4労組が来年の県最低賃金2,859,000ルピア要求、今年の約2倍。
10/30 労働者スト頻発化で海外移転検討する外資も:環境悪化イメージ懸念し経営者協会会長。
11/2 政府と警察が労働者を野放しにするのなら、経営側がスト:23の業界協会が警告。 
一方他のトピックスは
10/16 二輪車販売、来年安定し、2015年には1千万台に到達:協会見通し。
10/19 MM2100工業団地、150ha拡張計画、現800haは完売。
10/19 KIIC工業団地、カラワン(西ジャワ)で200ha拡張計画。現1,200ha。
10/20 来年の自動車販売120万台突破も:今年は100万台達成と強気のガイキンド。
等に安堵する。

|

« Freedom Jazzの祭典 | トップページ | Perpustakaan Freedomの雰囲気 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働問題に揺れるインドネシア:

» 第二次ジャカルタ攻略 10/11 ~カラワン工業地帯 [投資一族のブログ]
前回、工業地帯見学は、 MM2100、丸紅による開発、Astra Hondaを中心に数多くの自動車部品会社の工場。 が中心でしたが、次の電子部品系工場地帯である (EJIP)East Jakarta Industrial Park、住友商事、パナソニック中心。 を越えて KIIC:Karawang International Industrial City、伊藤忠による開発、トヨタ中心 に行ってまいりました。 MM2100がジャカルタから約40kmで、10km単位でEJIPとKIICとあり、KIIC... [続きを読む]

受信: 2012年12月19日 (水) 21時10分

« Freedom Jazzの祭典 | トップページ | Perpustakaan Freedomの雰囲気 »