« 首都Jakarta特別州に県がある? | トップページ | ジャカルタの村と郵便番号 »

2012年11月 7日 (水)

タマン・スロパティとWIFI

00monas_menten_028


ジャカルタ市長官邸の前のスロパティ公園はメンテン地区の開発・設計のモーエンの手になるものでここは今のイマムボンジョール通り(昔オラニエ大通りOrange Boulevard)がデポネゴロ通り(昔Nassau Boulevardナッサウ大通り)に変わる地点でテウク・ウマールJl. Teuku Umar (昔のMenteng Boulevardメンテン・ブールバード)とのT字形の接点に置かれている1.6haの公園である。1916年あの官邸に最初に入居した市長の名前はG.J. Bisshop (1916-1920)と言ったのでこの公園はBurgemeester Bisschopplein と言われた。
大きな樹木があり過ぎるので芝生も無く少し暗い感じである。今はASEAN6ケ国の平和と調和をテーマとして彫像が6個あり、真ん中に噴水もあるがわざわざ行くのには物足りない。先日の新聞によれば、ジャカルタ政府は市内の公園等各所にWifi設備を設けるそうだ、このスロパテ公園では既に設置済みである。カフェテラスでもあればと思うが、駐車場がないので送り迎えでもしてもらえば利用出来るかも知れない。

|

« 首都Jakarta特別州に県がある? | トップページ | ジャカルタの村と郵便番号 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/47751151

この記事へのトラックバック一覧です: タマン・スロパティとWIFI:

« 首都Jakarta特別州に県がある? | トップページ | ジャカルタの村と郵便番号 »