« さすがの富士山に感動 | トップページ | CapresとCawapres 大統領選2014 »

2012年12月 5日 (水)

Kunstkringの再変遷

00tubagasu_kota_menten_250

00tubagasu_kota_menten_246

00dsc_0106


このTeuk Umar通りの端にある典雅な建物はこのブログでも何度も取り上げその変遷を見て来たが、この間11月に見た時は、この建物が生まれた時の名前Kunstkringに戻っていた。トミーさんが保有していた時はあの動乱と重なり長く放置され小生もオランダ時代の建物の博物館にしたらどうだろうとつぶやいたが、その後物議をかもしたDKI幹部?のBuddah Barとなり、これが取り壊されていたものである。
多分オランダ政府が関わってのKunstkring(芸術文化センター)の復活だと思うが、現在の2階はちょっとしたスペースでVideoを見ながらコーヒーを楽しめるミュージアムになっている。余り見る物はないが食事も出来ると言うのでパソコンでも持ち込んで時間つぶしをしたら如何であろうか。何度もこの建物の変遷を書いても重複する部分が多くなるのでこのブログの変遷でいくつか紹介しよう。
Boplo近くのKunstkringは何 2007年5月9日
バタビア芸術センターとバリ文化 2007年5月13日
Moojen、Pieter Adriaan Jacobus 2008年7月9日
PAJ MoojenのNillmijの Grandeur 2008年4月30日
Buddah Barは残念 2009年3月3日
Kunstkringの変遷 2009年3月6日
Buddah Barはギャラリーに2011年4月25日

|

« さすがの富士山に感動 | トップページ | CapresとCawapres 大統領選2014 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/48096684

この記事へのトラックバック一覧です: Kunstkringの再変遷:

« さすがの富士山に感動 | トップページ | CapresとCawapres 大統領選2014 »