« 影の実力者 | トップページ | ブルーバード対エクスプレス 首都のタクシー事情 »

2012年12月20日 (木)

コンビニ競争に吉野家も

00dsc_0433


00jazz_199


00jazz_201


00_kota_hayam_142


11月ジャカルタに居る時、ファミマの2号店に行って来た。ジャカルタ新聞によると昨日ファミマの上田社長がオープン式典を上げたようである。隣がガラス・鏡張りのモダーンな吉野家でその隣が日本人社会がお世話になったコスモである。相乗効果で3店とも繁盛してほしいものである。
日本のコンビニはつい2~3日前、全部で6万店を超えたニュースがあった。これは日本だけであるので例えばこのジャカルタ新聞では上田社長はファミマ1社で、2015年には全世界25,000店にする方針だと言う。
ジャカルタはミニストップも進出するので大手がそろい踏みになる。既に話題にしたがジャカルタで3店が競合している地点なども見掛けたので競争は厳しくなる一方だが、これも小生の案だがジャカルタにある350の公園の市の整備方針に合わせて出店すれば350は確保できる。
ここのファミマは特に広くゆったりした商品の展示やゆっくり食事も出来るテーブル席も多い。コスモでも食べれるのでこの3軒で公平にふるまおうとしても無理だが、3軒とも遅くまで開けているので夜食もここでとればなんとかなる。この間は吉野家の牛丼を持ち帰りにしたが、結構美味しかった。

|

« 影の実力者 | トップページ | ブルーバード対エクスプレス 首都のタクシー事情 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ競争に吉野家も:

« 影の実力者 | トップページ | ブルーバード対エクスプレス 首都のタクシー事情 »