« 車両番号による交通規制がMRTよりまし | トップページ | 経済調整大臣府 エクイン »

2012年12月 2日 (日)

アマリスで生き返るか幽霊レストラン

ジャラン・ジュアンダのパダン料理店Sari Minangの隣の20年以上屍をさらしている西洋レストランの話は「ジュアンダの都市伝説」で昔ブログしたが、その周り(後ろと横)に建設中であったビルが先月末完全に姿を現していた。 
00tubagasu_kota_menten_185

00p9080242_2

Mataram Majuという名前が貼ってあったのでその様なグループのオフイスと思っていたが何と Amarisホテルであった。Amarisホテルはブロックーエムにも大分前に立っており、これも「ブロックMのホテル・アマリス」で紹介した通りグラメディア・グループがやっているのでMataram Majuとの関係は不明である。
アマリスは飛行場に行くと高速脇にもあり、又マンパンにも高いアマリスがある。この道は殆ど行かないのでついでにアップしておこう。それにしてもこの幽霊レストランはどうするのであろうか。
00p7160090


アルバムを整理していたらあとひとつ見つけた。Kramat Rayaであった。他にのコタにある。

|

« 車両番号による交通規制がMRTよりまし | トップページ | 経済調整大臣府 エクイン »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマリスで生き返るか幽霊レストラン:

« 車両番号による交通規制がMRTよりまし | トップページ | 経済調整大臣府 エクイン »