« UKM Galleryでお土産ショッピング | トップページ | インドネシア国家英雄は158人に »

2013年1月28日 (月)

パッサールCipete 

Antasari のフライオーバーが開通して少しは渋滞がへったのであろうか 今日でも試してみたいがあのチプテ・マーケット辺りが未だ怖い。 00dsc_0212


よっぽど大きなパッサールかと思って一度写真を撮りに行ったが予想と大違いでこのマーケットはアンタサリ道路に添って建てられたバラック風の長い建物が一つあるだけのようだった。標識をみるCipete Selatanとありあと一つあるかもしれないしこの奥に屋台群があるのかも知れないが見にゆく勇気はなかった。この伝統市場を運営する会社はPD Pasar Jayaで全部で153か所有している。
ミステックやパッサールサンタは良くなったが殆どが古くリノベが必要である。周りに無数の屋台がありこのリロケートが問題である。BLOK-M でもこの移動作戦をこの間実施している。 Pasar Minggu、Pasar Rumput、Cempaka Putih 及びJati Rawasari の4ケ所はパッサールミステックの様に大型近代施設にする計画である。渋滞から言うと優先はJatinegaraの筈であるがここはもう着手したのであろうか。

|

« UKM Galleryでお土産ショッピング | トップページ | インドネシア国家英雄は158人に »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

このパサールに何かを買うために立ち寄ったことがありました。とても小さな市場で、客層も中下層の庶民のようでした。インドネシア人たちはpasar inpresと呼んでいました。これはimpresiのミススペルではなく、instruksi presidenの略とのことです。

投稿: 度欲おぢさん | 2013年1月28日 (月) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッサールCipete :

« UKM Galleryでお土産ショッピング | トップページ | インドネシア国家英雄は158人に »