« インドネシア国家英雄は158人に | トップページ | ジャカルタ運河のごみの山の行方 »

2013年1月30日 (水)

国産ミサイル艦就航

P01a_img_assist_custom560x317


先週末ジャカルタポスト誌にインドネシア国産のミサイル艦の3番艦が就航したニュースがあった。国防大臣、国軍司令官、海軍参謀長が列席していたので大ニュースなのであろう。速度30ノット、全長44メートルとだけ出ていたがPT.Palindoが建造したもので更に同型艦は2014年までに16艦揃える計画という。ミサイルは中国製である。国産軍艦はこれだけかと思うと他に60型ミサイル艦や掃海艇等結構あるのであるが主力となるとオランダ、ドイツ、韓国などからの輸入である。そして総艦艇数は海軍保有数で日本と同じ148である。日本のミサイル艇は7隻、はやぶさ型では速力44ノット、全長50メートル、標準200トンと出ていたが装備が断然違うと思う。

|

« インドネシア国家英雄は158人に | トップページ | ジャカルタ運河のごみの山の行方 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

ミサイルが中国製というのは微妙ですね。
中国製はいいのか悪いのか微妙なところです。

投稿: starfield | 2013年1月31日 (木) 21時24分

ミサイルと言うと聞こえはいいが。。門外漢です。

投稿: | 2013年2月 1日 (金) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国産ミサイル艦就航:

« インドネシア国家英雄は158人に | トップページ | ジャカルタ運河のごみの山の行方 »