« 1月のガルーダ | トップページ | インドフード・グループ »

2013年1月 8日 (火)

フリーダム表彰の知識人

00dsc03252


この間行ったPerpustakaan Freedom(フリーダム図書館)は2階はInstitute Freedom フリーダム・研究所と言うのが有るようだ。これらを合わせて一つのヤヤサンが統括するのであろうか 言うなればCSIS見たいなものであろうか
あちらが国際関係専門なら此方は学術専門である。と言うより一言で言い表せない。
ここがその分野の秀でた人に毎年表彰している物があり、名前をPenhargahan Achmad Bakrie である。
Achmadと言うのは今のAbrizal の父親である。
最初の受賞者は2003年でSapardi Djoko Damono (bidang kesusastraan文学)とIgnas Kleden (bidang sosial-budaya) であり2年目は、Goenawan Mohamad (bidang kesusastraan) とNurcholish Madjid (bidang sosial-budaya社会文化)である。
一番直近は 以下の通りで上記の分野と併せ以下に広範囲で一言で言い表せないかが解ると思う。
1. Tjia May On (Sains 科学)
2. Wiratman Wangsadinata (Teknologi 工学)
3. M. Dawam Rahardjo (Pemikiran Sosial 社会考察)
4. Sultana MH Faradz (kedokteran 医学)
5. Seno Gumira Ajidarma (Kesusasteraan 演劇)
6. Yogi Ahmad Erlangga (Ilmuwan Muda Berprestasi実績ある若手研究家)
表彰カップの他に一人当たり2.5億ルピアの賞金が有ると言うのでこれはかなりの物である。父親Achmad Bakrieは1988年他界しているので、開始年から判断するとやはりAbrizal Bakrieが記念したか、あるいは遺言かで創設したものであろう。BakrieはRapindo社で汚泥噴出事故を起こしたためGunawan氏などはその非を鳴らして表彰を受け取らなかったなど、そのような人が何人かいるようだ。

FREEDOM INSTITUTE
JL. Proklamasi No. 41 Menteng Jakarta 10320
Tel. 021-3100349 021-3100349 Fax. 021-31909227 SMS 021-920 44 888 Yahoo Messenger : perpustakaan_freedom
Email: perpustakaan[ at ]freedom-institute.org
Kontak: Ujang
http://www.freedom-institute.org

|

« 1月のガルーダ | トップページ | インドフード・グループ »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリーダム表彰の知識人:

« 1月のガルーダ | トップページ | インドフード・グループ »