« フリーダム表彰の知識人 | トップページ | Mayor Jantjeの話 »

2013年1月 9日 (水)

インドフード・グループ

Anthoni Salim(Liem Hong Sien)はインドネシアが生んだ最大の富豪Sudono Salimの3男で5 November 1949 生まれ、個人資産は2010年、36億ドルでインドネシア第3位である。父親の遺産ともいえるSalim Groupを受け継いでいるが、嘗てのSalim Groupは1998年の金融危機で霧消の淵からよみがえったのは彼の経営力である。00p2060240


Salim Groupと言うよりもIndofood グループと言った方が解りやすい。Indofood(INDF)の大株主はCAB HoldingsLtdであるがこれは香港上場のFirst Pacific Company Ltdのことである。
First Pacificは父親が1981年に海外戦略として最大のパートナーDjuhar Sutantoと設立したもので、現在のグループのアジアの事業展開はこの香港上場会社が行っており、Anthoniが会長をしている。Djuhar Sutantoの子息Tedi Djuharは取締役、父親の友人Ibrahim Risjadは監査役の一人である。その資産は79億ドルで5つの企業を支配している。
 フイリピン長距離電話会社PLDTの25.8%
 フイリピン投資会社MPIC の59.1%
 フイリピン鉱山会社Philekの31.3%
 インドネシアPT Indofood Sukses Makmur Tbk (INDF) 50.1%(CAB Holdings Ltd)

インドフードは2011年にはRp3兆の利益を計上(売上45兆、総資産53兆、イクイティ31兆)、Anthoniが社長、義理兄弟のFrankey WeirangがBogasari部門を担当し、Anthoniの子息の一人Axton SalimがDiary部門担当役員をしている。
その商品にはIndomie,、Supermi 、Sarimi等インスタントヌードゥル、ミルクのIndomilk、Bogasariの小麦粉Segitiga Biru等、パームオイルBimoli、バターのSimas Palmiaがある。
Indofoodが出資している会社は、アグリ部門でPT Salim Ivomas Pramata Tbk (SIMP) とPT PP London Sumatra Indonesia Tbk (LSIP) 、LSIPではSurya Citra Media、 Indosiar、 O Channel を持つSariaatmadjaファミリーと提携している。食品部門ICBD、流通コンビニIndomarco Adi Prima その他PepsiCo、Nestlé、Surya Rengo、アサヒとの飲料合弁等がある。Unileverも35%はSalim Group が持っている。

|

« フリーダム表彰の知識人 | トップページ | Mayor Jantjeの話 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドフード・グループ:

« フリーダム表彰の知識人 | トップページ | Mayor Jantjeの話 »