« ジャカルタ電車路線図に夢馳せる | トップページ | 成り済まし犯罪 »

2013年1月 3日 (木)

ジャカルタ文化資料保存館

ジャカルタ・コタ・トゥアは古い建物が多く残っているが、市ではこれらを保存文化遺産として指定しているが保存の方は中々の様で今補修が必要な建物は134にも上るらしい。
このうち市が所有している建物はたった5つなので、予算が付くのは5つだけで後は民間や国営企業にお願いすることになる。その5つとはジャカルタ歴史博物館、海洋博物館、造形芸術・セラミック博物館、ワヤン博物館、市保存館(Bakai Konservasi)とあるが、Balai Konservasiとは初めて目にするものであった。
00_balai_konsercvasi033


このニュースに出ている写真からこれではないかとマイ・アルバムから探したのがこの写真の左手に建物である。コタ駅方面に車を北上させ、インドネシア銀行博物館を通り過ぎて左に曲がらず直進する道を通るとそこであるが、その道は進入禁止になっているのでやはり左に曲がってぐるりとファタヒラー広場の北とか更にぐるりとセラミック博物館当たりに駐車して戻ってこないと辿りつかない。住所はPintu Besar Utaraである。博物館用の遺産の保存倉庫の役をしているようで書籍や衣類、碑石、絵画、陶器類が保存されている。全ジャカルタで文化建造物の内Aカテゴリー(破壊建て替え禁止)は216ケ所ある。幾ら整備しても駐車場がないことが多く整備が生かされない。
Fatahilah 広場ならバスウエーで行くのが一番かも知れない。運転手が有る人は駐車は運転手任せであとは携帯で指示連絡すればよいことになるが、その間運転手はどうしているか口実も豊富なので虚心になれないことになる。

|

« ジャカルタ電車路線図に夢馳せる | トップページ | 成り済まし犯罪 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/48579516

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ文化資料保存館:

« ジャカルタ電車路線図に夢馳せる | トップページ | 成り済まし犯罪 »