« 国産ミサイル艦就航 | トップページ | 2月のガルーダの 日イ比較 »

2013年2月 1日 (金)

ジャカルタ運河のごみの山の行方

ジャカルタ新聞にマンガライ水門のごみの山の写真が出ていたが、この間のジャカルタ洪水で上流から流されて来たゴミである。ここの水門でゴミをせき止めているからだが、これが近隣の洪水の原因ともなるのである。ジャカルタには公徳心がないためどの川もゴミだらけである。チリウン河など名前からして汚い。
00dsc_0654_2


00dsc_0664


先週末のゴルフの帰り友人の運ちゃんが道を間違え、えらい所に入ってきた。Yos Sudarsoからクマヨランのベンニャミン通りに行くのでDanau Sunter Selatanを通るべきところSunter Jayaを通ったが、そこの道沿いの運河は最悪であった。これも洪水で上流から流れて来たのか洪水と関係なく常にこうなのかわ知らないが、これらが海に流れたら大変である。その点は直前でせき止めているはずである。アンチョールの入口でマリーナに出るごみはさらっているし、スンダクラパの方はオランダ時代の絵画でも水車で引き上げているのをみたことがある。近くの村落の入口に鳥居みたいなガプーラを見かけたので写真に収めてきた。拡大してみるとSunter Agung Tg.Prioku村のSunter Muara NO.5隣組となっている。寒い日本を思うとこれでもいいかなと思えるから不思議だ。(筆の勢い)

|

« 国産ミサイル艦就航 | トップページ | 2月のガルーダの 日イ比較 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ運河のごみの山の行方:

« 国産ミサイル艦就航 | トップページ | 2月のガルーダの 日イ比較 »