« 4人組で気を吐く林文鏡 | トップページ | ジョコウイの三つ目の大プロジェクト »

2013年2月13日 (水)

交通の要衝チャワンの謂れ

00halim_kaum_2008_mar_022


Keningan-BekasiとCibubur-Tanjung Priokをつなぐ交通の要所CawangはKramatjati郡にある。Cawangはあるムラユの中尉の名前から来ている。彼の名前はEnci Arwanと言いVOCの会社に奉仕する立場におり、Jatinegara の南の地区Kampung Melayuで守備に付いていた。人々はこの前をいつの間にかC’awangと呼ぶようになったと言う、余り内容の無い話である。
Cawangは日本語の茶碗を同じ意味を持つが、あと一つの地名の語源として此方の方もあるが、誰もうなずかせる話は持ってない。あるとすればこの地域はJl.HaryonoとJl.SaltikaとJl.Sutoyoに囲まれた地区が茶碗のイメージが有ると言う程度である。
その地にはUKIやKodam Jayaの広い敷地があり、Cawangと言うKelurahan村である。

|

« 4人組で気を吐く林文鏡 | トップページ | ジョコウイの三つ目の大プロジェクト »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/49385606

この記事へのトラックバック一覧です: 交通の要衝チャワンの謂れ:

« 4人組で気を吐く林文鏡 | トップページ | ジョコウイの三つ目の大プロジェクト »