« 1月:投資環境トピックス:自動車は好調、2輪車は大幅足踏み | トップページ | Sariaatmadja三銃士のSCTV »

2013年2月19日 (火)

これがあのTio Tek Hong

00_tio_tek_hong2009_1206_dsc09141


00tubagasu_kota_menten_189

未だ新しい発見が出来る。ジャカルタの古い建築物である。もう破損消滅するばかりだった建物が最近白色に塗装されて、そして小生もひょんなとこからそれがTio Tek Hongの店であるらしいことが解ったのである。あのTio Tek Hongと言っても知らない人は知らない。Tio Tek Hongとは20世紀初頭の華僑の商人で絵ハガキの印刷などに従事した人で、大きく稼いだ時代1902年にこの店を建築を拡大したものである。
あのTio Tek Hongと、あのと言うのは小生はたまたま昔買った本の著者がそうであったからでその本は「Keadaan Jakarta Tempo Doeloe」であるがそこにはこの店のことも絵ハガキのことも書かれてなかったのである。彼が生きた1882年から1959年までのジャカルタ生活を描いている。 現代に参考になるものもないので、何も話題が無くなれば何時か又そこへ探しに行こう。

|

« 1月:投資環境トピックス:自動車は好調、2輪車は大幅足踏み | トップページ | Sariaatmadja三銃士のSCTV »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/49495535

この記事へのトラックバック一覧です: これがあのTio Tek Hong:

« 1月:投資環境トピックス:自動車は好調、2輪車は大幅足踏み | トップページ | Sariaatmadja三銃士のSCTV »