« オランダ時代の新ゴチック風アポテク | トップページ | 最近のインドネシア人気質 »

2013年3月 7日 (木)

4人組の第2世代

スハルト健在なりしころ、世界の大富豪リムスーリョンと共に4人組(ギャング)と言われたビジネス富豪は今や第2世代を迎えている。Sutanto Djuharは未だ健在ながら皆、父の資産をそのまま受け継いで富豪リストに顔を出している。
トップはAnthony Salimで 63歳、父の2008年の資産$3,040milを大きく伸ばして$8,500milで堂々第3位。
39位には2011年1月に亡くなったSudwikatomonoの資産$300milを伸ばした子息Agus L.Siudwikatomono  41歳  $700mil、 石炭のIndika Energy一本のようだ。
65位には2012/2月に亡くなったRisyadの財産 Risyadson Groupは子息Amirsjah Risyad 45歳 が引き継ぎ $470milに増加。AgriとEnergiが柱である。、
Sutanto Djuharは2008年 $288mil(53位)、が2012年 $340milと微増ながら、順位はダウンし81位であった。子息にTedy Djuhar氏が居るので万善なのであろう。彼は既に60歳、New England大学卒でFirast Pacificの役員を務め、ドイツのHeiderberg グループに買収されたIndocemetであるが、未だ株は保有しているのだろう、TedyがVice Commissionerを務めている。

|

« オランダ時代の新ゴチック風アポテク | トップページ | 最近のインドネシア人気質 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4人組の第2世代:

« オランダ時代の新ゴチック風アポテク | トップページ | 最近のインドネシア人気質 »