« 2月のニュースはインフラ4件に汚職4件 | トップページ | Pulo Mas地区、韓国タウンの行方 »

2013年3月25日 (月)

新プリオク ターミナル建設にGO

00illustrationofnorthkalibarutermin


00estimatedcostconstructionofkaliba


昨日の2月の投資環境ニュースに北ジャカルタKalibaru新港湾のニュースが有ったが丁度先週末ユドヨノ大統領のキックオフのセレモニーがあった。
国営港湾企業Pelindo II(或いは, Indonesian Port Corporation (IPC))が事業主体で行うものでインドネシア最大規模の港湾設備で23兆ルピアの予算規模である。コンテナーの取り扱いでは20フイートサイズで13百万個、第1段階は4.5百万個を2017年までに完成する。
Kalibaruと行ってもなじみが無いがTanjung Priokuの東側がCilincingその東側がMarunda地区になる。Marundaのとなりはもうブカシ市である。このニュースに触れてもアクセスの交通が気になる。 MarundaからCilingcingまでは新高速が計画されているがそこからは南に下ってCikunirに行くのでやっぱりJakarta -Cikampek高速は渋滞は必至であろう。

|

« 2月のニュースはインフラ4件に汚職4件 | トップページ | Pulo Mas地区、韓国タウンの行方 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新プリオク ターミナル建設にGO:

« 2月のニュースはインフラ4件に汚職4件 | トップページ | Pulo Mas地区、韓国タウンの行方 »