« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の投稿

2013年3月30日 (土)

又投資管理手続きの改訂

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 3月号の目次は以下の通り。前号に引き続き国際会計に則ったインドネシアの会計原則PSAKの財務諸表の表示の他、輸出外貨の国内受取義務 アップデート、投資管理手続きの改訂など、インドネシアの経済、会計・税務、諸手続き等の重要法令の紹介など満載。
詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 4 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   7 6
  3 ) インドネシアの 会計原則 165 (財務諸表の表示 4) 5 13
  4 ) インドネシアの 異議申立の届けと処理の手続き 2013年改定 8 18
  5 ) インドネシアの 輸出外貨の国内受取義務 アップデート 3 26
  6 ) インドネシアの 投資管理手続きの改訂 5 29
  7 ) インドネシアの 個人の労務・サービスに対するPPh21 (その2) 3 34
  8 ) インドネシアの 電器・衣料・食品等輸入規制アップデート 4 37
  9 ) インドネシアの 電力インフラ事業の国産利用規定の指針 4 41
  10 ) インドネシアの 国営企業への売上に対する付加価値税 3 45
  11 ) インドネシアの SNIに関わる2013年初めの工業大臣規則 3 48
  12 ) インドネシアの 保険会社のグッド・ガバナンス 6 51
  13 ) インドネシアの 自己建設の付加価値税 3 57
  14 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 60
  15 ) インドネシアの フォーブス社 世界のビリオネア 2013年 3 62
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2013年2月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 65
  2 ) 2013年3月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 4 67
  3 ) 物価・貿易13年3月発表 メール配信 1 71
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角87~久しぶりのジャカルタ」  2 72
  2 ) 恵谷拓 「グローカルな仕事と人生について考える その1」 3 74
  3 ) 広沢勉 「体育会系根性論と軍国主義」 2 77
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2012-2013トレンド メール配信 2 79
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 81
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 82
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
00055


表紙写真:ガトット・スブロト通りのSME Towerの一角SMESCO Convention Hall。この左手に手工芸品のUKM Galleryがあり、日本のコンビニも店を出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

「インドネシア企業経営」 2月号の目次

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 2月号の目次は以下の通り。前号に引き続き国際会計に則ったインドネシアの会計原則PSAKの財務諸表の表示の他、投資資本財の輸入のための便宜、社定款の変更 アップデート、年次申告書の申告要件ガイド、など、インドネシアの経済、会計・税務、諸手続き等の重要法令の紹介など満載。
詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。

1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 5 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   7 7
  3 ) インドネシアの 会計原則 164 (財務諸表の表示 3) 5 14
  4 ) インドネシアの 完全な年次申告書の条件 4 19
  5 ) インドネシアの 投資資本財の輸入のための便宜  4 23
  6 ) インドネシアの 会社定款の変更 アップデート 3 27
  7 ) インドネシアの 所得税年次申告書の受領・処置の添付手続き  2 30
  8 ) インドネシアの 中古資本財輸入承認書 邦訳 2 32
  9 ) インドネシアの ジャムソステック健康補償の掛け金引き上げ 2 34
  10 ) インドネシアの 所得税PPh-22の納付・申告手続き 5 36
  11 ) インドネシアの 携帯電話・タブレット等の登録義務 アップデート 2 41
  12 ) インドネシアの 民間の労働者健康保険加入の承認申請書類 3 43
  13 ) インドネシアの 個人の労務・サービスに対するPPh21 (その1) 3 46
  14 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 49
  15 ) インドネシアの ビジネス・エグゼクティブ ランダム6 3 51
  16 ) インドネシアの 納税者の事業分野分類 3 54
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2013年1月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 57
  2 ) 2013年2月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 3 59
  3 ) 2012年GDP速報、物価・貿易13年2月発表 メール配信 3 62
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角86~誠の花-初心不可忘」  2 65
  2 ) 恵谷拓 「続々々・神戸大学にて・・・」 3 67
  3 ) 広沢勉 「アルジェリアの悲劇に想う」 2 70
  4 ) 西見恭平 「プラサスティ物語 その6 富豪商人編

」 4 72
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2012-2013トレンド メール配信 2 76
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 78
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 79
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。 00awihara_amurva_bhumi    
表紙写真:ジャカルタのStandard Chartered Bankビルの裏にあるWihara Amurva Bhumi。土地や不動産を護る神様で、別名を土地公などとも呼ばれるHok Tek Tjeng Sin 福徳正神を祭る道教のKlenteng。地名の大本かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

153年目の保存史跡指定

00_kalibesar_timur_bgr

00kali_besar_bgr

コタ トゥアのカリブサール・チムールをBank Indonesia 裏がら遠望した時に一番最初に目に付く建物の正体が若干解った。 初めて解ったというのではない。正面の入口にちゃんと看板が出ており 国営企業 Bhanda Ghara Reksaが保有している事が容易に解るからである。この会社は「BGR」のロゴで駆け回っている運送・倉庫会社で1977年に設立されている。全国に15ケ所の支店、出張所を有するが、決算はサイトには2009年迄でお茶を濁し、ちょっと見ても良く分からない内容だ。2009年の売上が2,990億ルピアと言うから少し期待外れと言える。本社はこの看板の通りここなのである。 サイトにはこの建物は1847年築とのみ書かれているが、信じがたい位良く持つ建物である。オランダ時代にもコーヒー、お茶、保険等10社が賃貸していった歴史があり、現在の保有はマンディリ銀行の様だ。2011年になり、遅まきながら保存史跡に指定されたので歴史も明らかにする義務があろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

Pulo Mas地区、韓国タウンの行方

00dsc04677


競馬場のコース内でゴルフが出来ることで有名なPulo Masゴルフ場は砂場に囲まれたトラックの中でプレーするのであるがこの中に大きな池もいくつかあり1番、5番、6番ホールは難攻である。日本人のシェフとマナE-ジャーもおり、日本人の来訪を期待している。前回のジャカルタ大洪水の時はここ一帯が水に覆われた。回りはトラックがあるから降った雨は流れ出ることも出来ず周囲の雨水のはけ口にもならない。そう言う機能ならWaduk Pulo Masがある。
00dsc01841

00p7150139

しかしこの一帯もJakarta Master Planに入っておりそのWaduk の周りを高層住宅地のコンプレックスにするようである。このMaster Planは競馬場そのものは残されるので大きな開発計画ではない。 既に建築中のショッピングモールとKorea World Centerがあるがどちらも遅々として進まない。ジャカルタ市政府との協同で3.1haの土地に7ブロックに分け9つの低層建物を建てる計画であったが、コンセプトがまずいのか投資が集まらないのか、協同計画に亀裂が入ったのか、今は差し押さえの状態である。先週行った時は一つの建物が奇抜な色にペイントされていたので未だ何か動いているが動いているとするともう韓国は敗退したのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

新プリオク ターミナル建設にGO

00illustrationofnorthkalibarutermin


00estimatedcostconstructionofkaliba


昨日の2月の投資環境ニュースに北ジャカルタKalibaru新港湾のニュースが有ったが丁度先週末ユドヨノ大統領のキックオフのセレモニーがあった。
国営港湾企業Pelindo II(或いは, Indonesian Port Corporation (IPC))が事業主体で行うものでインドネシア最大規模の港湾設備で23兆ルピアの予算規模である。コンテナーの取り扱いでは20フイートサイズで13百万個、第1段階は4.5百万個を2017年までに完成する。
Kalibaruと行ってもなじみが無いがTanjung Priokuの東側がCilincingその東側がMarunda地区になる。Marundaのとなりはもうブカシ市である。このニュースに触れてもアクセスの交通が気になる。 MarundaからCilingcingまでは新高速が計画されているがそこからは南に下ってCikunirに行くのでやっぱりJakarta -Cikampek高速は渋滞は必至であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

2月のニュースはインフラ4件に汚職4件

2/6 タンジュンプリオク港のコンテナターミナル来年内に能力年300万TEUに引上
2/21 国営空港アンカサ・プラII、首都空港で新貨物ターミナル設置へ、
2/26 ペリンド、年内7兆ルピア規模の投資計画、北ジャカルタ・カリバル港開発
2/26 マカッサルで新港開発計画、今年Q3着工、50 年までに計7.5兆ルピア

2/8 2012年国民体育大会めぐる汚職疑惑でリアウ州知事を容疑者に断定。
2/18 牛肉輸入めぐる汚職疑惑:農相を参考人聴取。
2/22 競技場建設めぐる汚職疑惑:民主党党首、容疑者に断定、翌日党首辞任
2/28 「SBY次男に収賄容疑」、民主党の内部告発か。

序でに日本関連はこの程度
2/13 ファーストリテイリング、三菱商事と合弁でユニクロをオープンへ、ロッテに
2/13 ホンダ、3.41億ドル計画、第2工場、アクセサリー会社、研究開発センター
2/28 服部、ブキット・スマラン・バル工業団地内でスーツ工場建設開始。


その他2月
2/1 昨年の輸出、前年比6.61%減の1,900億ドル。輸入は8.02%増の1,916億で赤字
2/1 昨年の外国人訪問者数、前年比5.16%増の8,044,462人、過去最高記録。
2/1 向こう5年間の二輪車販売、年10%のペースで縮小へ:交通協会が予測。
2/4 フォルクスワーゲン、チカンペックで工場建設計画、年産能力10万台見込み
2/9 タックス・センサス再び、5-10月に実施、220万人の新規納税者の獲得目指す。
2/12 テロ資金規正法案、国会が可決。テロ活動のための資産等凍結できるように。
2/14 4月までに90万人解雇の可能性も:最低賃金の大幅上昇で工業相が苦言。
2/18 インドフード、野菜加工のチャイナ・ミンチョン・フード株式14.95%取得へ
2/21 パプアで武装集団が国軍兵士に銃撃、兵士8人、犯人2人の計10人が死亡する騒ぎ。2/25 リッポー・チカラン、日系中小企業向けレンタル工場センター開設

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

シンガーミシンの頃

00singer_p4020084


これも新発見に近い。なんでもない建物であるが、むしろ隣の建物に目を付けたようなことだったのでちゃんとした写真がないがマジャパヒットとスルヨ・プラノト通りの角のSinger Buildingである。

00singer_20100528_dsc01132

00singer_1930


バンドンにもあった(1993年まで)がこのシンガービルはこれでも1930年F.W Brinkman設計のArt Deco様式であるそうな。
シンガーと言えば世界を席巻したミシンのブランドで、アメリカ生まれの160年の歴史をもつ。1851年設立、1855年までにはパリ万博での最優秀賞を得て世界に進出、最初の割賦販売をも始めた。

00singer

多くの世界一を打ち立てた栄えある社歴はあるが、現在は会社自体は買収されSVP何某となったがブランドは生きている。日本では日本ブランドに地位を譲ったのであろうが、インドネシアでは総代理店が販売網を作っって販売しているようだ。 その支店リストにマジャパヒットがあったので多分この写真の建物がそうなのであろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

“東の女王”にあやかる観光政策

又ジョコウイが玉手箱をふった。
Channelnewsasiaによると、16世紀のバタビアの栄光を今一度と15百万ドルの予算措置を付けたそうだ。この1世紀の間でJakarta Old Townはにぎやかな植民地センターから多くの建物が打ち捨てられた都市の廃墟となってしまった。この理由は土地の所有権の確定が出来ないため手を付けようとも、行政手続きが煩雑不明であることの様だ。この一帯Kota Tua は1.3平方キロで北区と西区にあるが行政のレッドテープがはびこっている。この手続きを1ケ所で終了させるだけで問題の大半は片付く
00dsc_0122


この中心たるファタヒラー或いは運河沿いに来るまでの交通網も問題であるが Heritage愛好団体は歩道を整備し、バイシクル・レーンや運河のWater Wayの設置を望んでいる。

この報道では“東の女王“は16世紀とあるがオランダは16世紀の末1596年に初めて現れたのでこれはおかしい。オランダのHeritage は使用させてもらうが 言葉はHinduのRatu Watanを指しているのであろうか 
この間行った時 色とりどりにペイントされたサイクリング車に同色の麦わら帽子をセットしてレンタルをやっていた。多くの中国人女性が利用していたが、最近のインドネシア青年は起業に目覚めているなぁと感心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

ビル・ゲート、Kemenkop UKMと起業化援助

00dsc_0325


00dsc_0220


今インドネシアでは起業家運動がおこっているのであろうか。大統領も起業家援助の談話を行ったし、日本のアイム・ジャパンが起業に功績あったとして表彰されたニュースも見た。今度はビルゲートのマイクロソフトであるが既にPT. Microsoft Indonesia  を運営しており、NO.2を送って来ているが、自ら協同組合・中小企業大臣府 Kemenkop UKMにメールでエールを送ったようだ。PT. MicrosoftIndonesiaと PT.Cyberindo Persada NusantaraがKemenkopとMoUを結んでいる。内容はIT関連の若者への教育訓練の提供を通じた起業後押しのようである。
Kemenkopの本省建物はRasuna Saidに構えている。またガトットスブロトの外郭団体的SMESCOのSME タワーにセブンイレブンが入ったがその場所はコンベンションホール側ではなくギャラリー側であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

Galeri Nasional

00dsc_0183


ムルデカチムールにある国立ギャラリーは弊「ムルデカ・チムールの建物達 その2」で詳述したがギャラリーは常時展示されてないと書いたが、一部は展示されている。ここは昔はオランダ人の学校であったところである。中央のGedung Aなど学校の施設にすると少し大きすぎるような気がするが、ここに1902年にオランダ・プロテスタントの牧師でフリーメイスンであったAlbertus Samuel Carpentier Alting (1837–1915)が創設したKristen Carpentier Alting Stiching (CAS)財団が保有する学校が有ったのである。学校は小学校(Lycem)から中学校MULO、そして高等学校HBS迄展開していた。1961年にオランダがインドネシアから追放された時この学校はインドネシアのSDN 01 となった。展示館として使用されるようになったのは1987年、ギャラリーとなったのはほんの1999年なのである。
00dsc_0166_2


ギャラリーを見ようといつも行っても何か展示会をやっており案内人が不確かであったので今日まで見たことはなかったが先週やっと友人を案内する機会がありこの保有ギャラリーの一部を見ることが出来た。本館の左手の長いビルの2階が常設館となっていたのである。ここには1,500点の作品があるそうでHISの小冊子では、主たる作家の名前としてAffandi、Arifien、Umi Dachlan、Hendra Gunawan Heyi Ma’Mun,、Rusli、Chusin、Setiadikara、Srihadi Sudarsono、Suraryoが挙げられる。いつでも全部見れる訳ではなく、入れ替え展示しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

ジャカルタ コマ劇場の演目

Posterteasersampekengtay2013e


Museum巡りをしたどこかでGedung Kesenian Jakartaのパンフが荷物の中にあった。来月の4月には
三つの巨編がある。4月26日にはヴィクトル・ユーゴのレ・ミゼラブル、4月28日にはMitra
Wayang Orangの出し物、30日はこれもWayangでSumpah Abimanyuである。これが3月のProgramとPrintした案内の中身である。3月は一つだけなのか3月23日までの10日間、Sampek Engtayと言う劇と踊りがある。レ・ミゼラブルがRp80,000程度であるがこちらはRp250,000までの曜日と席での値段ランクがある。こんな単語は知らないなと思って読んでみるとどうもこれは中国の演劇をインドネシア風にアレンジしたもので初演は25年前、それから数回演じられているそうで Don’t Miss It!と書いてあったので見て損はしないだろう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

タバコやとパーム油と石炭で金儲け

フォーブス誌の世界の大富豪Billionaire 2013が発表されが、この間のBeritasatumedia等報道が伝ええる所を伝えると世界全体で10億ドル以上の資産を保有している個人は1,426人、その資産総額は5.4兆ドルとなる。これを昨年と比較すると3人増加で総額は0.8兆ドル増加である。

Forbes がこのランキングを始めたのは27年前で最初は140人でその中の20人内外は現在のリストにも残っている。国別で言えば60ケ国程度、今年の新規は210人にも上るが株価の上昇やイノベーションの進展が背景にある。
インドネシアとランク入りは以下の通り、タバコやとパーム油と石炭それに不動産が特色である。

131 R. Budi Hartono $8.5 B 72 banking, tobacco
138 Michael Hartono $8.2 B 73 tobacco, banking
395 Sri Prakash Lohia $3.4 B 60 Polyester
395 Chairul Tanjung $3.4 B 50 Diversified
503 Sukanto Tanoto $2.8 B 63 Diversified
589 Peter Sondakh $2.5 B 61 Investments
736 Martua Sitorus $2 B 53 Palm Oil
736 Tahir $2 B 60 Diversified
882 Low Tuck Kwong $1.7 B 64 Coal
882 Theodore Rachmat $1.7 B 69 Coal
882 Hary Tanoesoedibjo $1.7 B 47 Media
931 Achmad Hamami & family $1.6 B 82 heavy equipment
931 Murdaya Poo $1.6 B 72 Diversified
931 Djoko Susanto $1.6 B 63 Retail
974 Ciputra & family $1.5 B 81 real estate
1107 Edwin Soeryadjaya $1.3 B 64 Coal
1175 Kiki Barki $1.2 B 73 Coal
1175 Sjamsul Nursalim $1.2 B 72 tires
1250 Garibaldi Thohir $1.15 B 47 coal
1268 Lim Hariyanto Wijaya Sarwono $1.1 B 84 Palm Oil
1268 Benny Subianto $1.1 B 70 coal
1342 Soegiarto Adikoesoemo $1 B 74 chemicals
1342 Santosa Handojo $1 B 48 poultry
1342 Harjo Sutanto $1 B 86 consumer products
1342 Alexander Tedja $1 B 67 real estate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

日本、台湾・韓国に敗れる、中ネシア大躍進

これWBCの話ではない。フォーブス社の世界のBillionairesのランクイン大富豪の数である。インドネシアは25人で、中国に次いで大躍進。トップは米国である。
2008年との比較で書いて見ると
米国  462人―>442人
中国   45 -> 121
ネシア   3 -> 25
日本   25 -> 22
台湾    7 -> 26
韓国   11 -> 23と言う具合である。
ついでに
インド 50 -> 55であるが 
ロシア 82 -> 110 は意外である。
大富豪トップはメキシコ人 Caros Slim、Bill Gate が常連の700億ドル、アジアの雄は香港のリカシンの8位、日本はユニクロ柳井氏の66位である。
インドネシアは明日報告するとしてもいつもの通りの顔ぶれと言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

見つけた総督の墓

又Prasasti 墓地公園に行って来た。墓の番号20に何人かの総督が眠っていると言う事がHeuken氏の著作に発見したからである。
00dsc_0168_2


その一人かもしれないJohannes Sibergに付いてWikipediaで調べると彼は1740年ロッテルダムで生まれたが、18歳の時弓の先生として東インドにやってきた。
彼はVOCのランクを駆け上がり、後に同じく総督になるWillem Arnold Altingの娘と結婚した後西スマトラの理事官からジャワ北海岸の理事官を務めたがここの官職は相当うまい汁を吸う事が出来、富を築き更にVOCの役員から、義理の父の後1代置いて1801年には総督になる。1817年にバタビアで死亡。
当時のオランダ本国の状況は1780年から愛国党とオラニエ派の抗争があり、そのひとつの結果でもある第4次蘭英戦争が起こり、オランダは致命的打撃を受け1784年降伏、オランダのジャワ独占はここに終止符を打たれた。VOCの窮状は益々悪化する中1795年になると本国で大革命が起こった。フランス革命後、革命政府がオランダを侵略し、フランスの保護下に置かれバタビア共和国となったのである。VOCも国家が引き継ぐこととなり1799年12月31日にVOCは解散した。
オランダがフランスに占領された1796年オランダ国王ウイルレム5世はイギリスに亡命、VOC所有の領土がフランス領になるのを恐れ、会社領土をイギリスに委任する旨の有名なキュウーの書簡を発し、イギリスはマラッカ、スマトラ、パンダを落としいれジャバをも睨みフランス保護下のバタビア共和国に宣戦を布告した。
1800年8月イギリスはボール引率の艦隊をバタビアに送りバタビア港を封鎖しオンラスト島のオランダ艦隊を殲滅、更にバタビア市の東部より上陸せんとしたが必死のオランダ(バタビア共和国)軍の土人も味方に編成した軍に撃退される。イギリスは更に強力な軍隊を派遣する計画を立てたが、1793年来の仏革命戦争やナポレオン戦
争で、これを果たさぬうちに1802年アミアンの条約が成立した。
アミアンとの条約において終了した筈のイギリスとの戦争は1803年に再燃、又1806年にもイギリス艦隊がジャワ海に現れひと暴れした。1808年、仏のルイボナパルトを王とするオランダ王国はナポレオン推薦のダーンデルスを派遣した。 Siberg
が亡くなった年はイギリスが遂にジャワに上陸、ラッフルズが副総督としてやってきた翌年である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

グダンガラム その2

00dsc_0623_2


Sunterに行くJl. Jend. Yaniのグラン・ガラム社の本社横にいつの間にか又それをしのぐ本社ビルがたった。どちらが本社になるのかどうするのかはしらないが、あっと言うまである。タバコ業界の地図などもいつもあっと言う間に変わる。タバコ本数から言うと順位はSampoerna-Gudang Garam-Djarumであるがトップの富豪ランクではDjarum(Hartono)-GG(Wonowidjojo)-Sampornaのようだ。現在のGG社のトップは1958年創業時のSurya Wonowidjojoの子息で叔父のRachman Halimの後を継いだ3代目、Susilo Wonowidjojo氏 57歳で2012年Richest40では第3位(74億ドル)である。2008年にPT Surya Inti Tembakauと言う子会社を作り拡張中である。
このブログは2012年4月の「グダン・ガラムのジャカルタ本社」app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/19135/18815/78658807の続編となった。このビルは残念ながら21階程度でそれほどのものではないのだが。
00dsc_0277


後日写真追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

最近のインドネシア人気質

00dsc_0087


3月の赴任は3年ぶりに参加したデュセルドルフ村民会の翌々日であった。 村民会の写真を撮ったのでアップは又の機会にするも、和気あいあいの会であった。今日は何の日なのか知らないがガルーダは満席である。
いつもの席の窓側にも屈強のインドネシア人がすまなさそうに入って来て、周り中がインドネシア人だらけになった。日本人を見たのは一人だけである。
00dsc_0096


団体もいるのではとアテンダントのマイさんは言ったが、周りの人達は自己紹介や故郷を言い合ったりしているのでここら辺は団体ではない。便所の前で順番を待つ間にも自己紹介し合っている。これは日本人には見られないインドネシア人のあけっぴろげで構えないユーモアを求める社交性であるので見習うべくちょっと観察した。 舞さんにもインドネシア人を持ち上げて、自分は好きだ等としゃべったが、今日の彼らの社交性は日本旅行の最後の帰りの便であったからかもしれない。普通外国で自国人に会うと親愛の情が湧くものだ。それも憧れの日本の旅で満足の旅で有った。ランチメニューも多くが和風ランチを取り、ちゃんと最初はそばをすすった。映画も一つアルゴ等見た後、右隣りの男が突然大きな声で笑い出した。その声は尋常でなくお腹をよじらせると言うあの表現のままである。ドッキリ映画を見ていたのである。ガルダのドッキリは10フイルム位もある。この男は周りの人たちにチャンネルを教え笑いを共有しようとする。我が席の男もそこに辿りつくや此方も大声で笑いだした。笑い出すと我慢が出来ないという体たらくで1本が終わると又この快楽を求めて延々と続く。一人だけいた日本人の青年はむっつりとして無視を続ける、小生もドッキリに合して見たがいつものやつで批判はしたくなるが笑いは来ない。彼らは素朴なのである。最後のイヤホーンを取り上げられる時間迄両隣の笑い声を耐えながら日本人の喜怒哀楽の表現を考えていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

4人組の第2世代

スハルト健在なりしころ、世界の大富豪リムスーリョンと共に4人組(ギャング)と言われたビジネス富豪は今や第2世代を迎えている。Sutanto Djuharは未だ健在ながら皆、父の資産をそのまま受け継いで富豪リストに顔を出している。
トップはAnthony Salimで 63歳、父の2008年の資産$3,040milを大きく伸ばして$8,500milで堂々第3位。
39位には2011年1月に亡くなったSudwikatomonoの資産$300milを伸ばした子息Agus L.Siudwikatomono  41歳  $700mil、 石炭のIndika Energy一本のようだ。
65位には2012/2月に亡くなったRisyadの財産 Risyadson Groupは子息Amirsjah Risyad 45歳 が引き継ぎ $470milに増加。AgriとEnergiが柱である。、
Sutanto Djuharは2008年 $288mil(53位)、が2012年 $340milと微増ながら、順位はダウンし81位であった。子息にTedy Djuhar氏が居るので万善なのであろう。彼は既に60歳、New England大学卒でFirast Pacificの役員を務め、ドイツのHeiderberg グループに買収されたIndocemetであるが、未だ株は保有しているのだろう、TedyがVice Commissionerを務めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

オランダ時代の新ゴチック風アポテク

Kimia farmaのJl.Veteran No.9の本社の迎賓館については何かに書いた記憶が有り相当探したが、「インドネシア企業経営」1月号の案内をアップロードして、あっと驚いた。ここに書いていたのだ。時間浪費したので再度アップするが今回書こうと思ったのはこの迎賓館はその風格からも当然にオランダ時代の何かを引いている筈な所、00btvvolksapotheek


それもPriambodo氏のサイトDjawa Tempo Doeloeで見つけたこの写真がそれなのである。比べて見てもファサードの三角の張り出しや屋根の形状、窓の間隔や後ろの建物の長さから全く同じで単に全面窓を壊して柱にした所である、その変更は戦後でNeo Classicの形は又Budi Utomo No.1にある同社保有の建物で昔フリーメイソンが使っていた、今は倉庫として使って居る建物にも似ている。この建物は当時Volksapotheekと呼ばれた薬局で、1913年に建築家Cuypersが新ゴチック風にリノベしたものである。キミアファルマがオランダ時代の薬品会社いくつかを合併引き継いだだけに薬と関係があったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

Suhartoの記念像

00151013_soeharto1


3月1日、ジョクジャカルタの郊外のBantal郡のスハルトの生家にスハルトのモニュメントが建てられそのオープニング式典が行われていた。
Siti(Tutut)やProbosetedjoなどスハルトの大家族が発起したものの如くで生家には後二つの像とスハルトの時代のいろんな写真などが飾られ、さしずめ博物館である。立像の方は4つ星大将時代の軍服を着ているが顔は似ていない。
3月1日と言うのは1949年のジョクジャカルタ総攻撃、或いは6時間の占領等として有名な対オランダ勝利の記念日である。前年の12月27日オランダは第2次警察行動でジョクジャを占領しスカルノ・ハッタを拘束していたが、その時スハルト中佐のゲリラ部隊がジョクジャ総攻撃を行ったものである。この戦いはインドネシア全兵士の徹底抗戦の意志を高め、国際的にもオランダの弊を非難する力のなったのである。 大統領になったスハルトはこれを自己最大の戦歴として伝説化したが、本当はジョクジャカルタスルタンのハメンクブオノが立案し宣言したもので、実践は確かにスハルト中佐の部隊であった。写真はJP誌より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

大使館流 Legalization 公証の出し方

今ジャカルタでは、付加価値税の新制度で日本人がサインする場合のサイン者登録に当局は日本人のパスポートの認証を要求しているらしい。 滞在許可書にもサインが有ったと思うのでそれでも良いとは思うものの、在ジャカルタ日本大使館では、日本の公証の手続き規定があり、大使館には公証を出せる権限がないと言う事で拒否している為多くの日系企業で困っていると思われる。
小生昔、このLegalize認証を求められた時、そのもったいぶった手続きに驚いたが、それを敷衍してみると以下のようになる。
例えば日本人が何かの主張(例えばこの定款翻訳は私がやりましたと言う)を認証する場合、翻訳者がその旨宣誓した文書を作成し公証人の目の前で宣誓文に署名し、それで公証人は 私の目の前でしました と言う文書を作成し署名しますがその公証人の署名も法的に有効な公証人かどうか不明故、公証人登録した法務局がその登録の証明をしその法務局と言う政府の機関の証明者も信用できないからよく知ってる外務省にそれを署名させ、更にそのパートナーであるインドネシア大使館が外務省は知っている友達だと署名して初めてインドネシア共和国が認める認証になるのであるが、こういうやり方の手続きはインドネシアが求めているようでもあるが驚くことに日本での法律によるものでもある。
これは最初の文書(宣誓書)は私人の文書であり、私人が作成した文書をLegalize する為、手続きがそうなるのであって、大使館はこれだと思っているらしい。所がインドネシアが要求する今回の認証とは、提出するパスポートのコピーが真正なものであると言う認証故、何が違うかと言うと最初の文書が私人のものでなく国家機関が出したものである点である。
従い我々は大使館にパスポートも持って行きこれを大使館の複写機を使ってコピーし大使館が自分でコピーした事実に基づき 真実なコピーなることの係官の署名をコピー面にすれば足るだけだと思うのだが。。 これはビジネスの社会ではABCのはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

国際会計基準の財務諸表の表示や如何に

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 1月号の目次は以下の通り。国際会計に則ったインドネシアの会計原則PSAKの財務諸表の表示の他、APIU申請や新付加価値税アクティベートコード申請など、インドネシアの経済、会計・税務、諸手続き等の重要法令の紹介など満載。
詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはwww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。

         
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 会計原則 163 (財務諸表の表示 2) 5 11
  4 ) インドネシアの 所得税年次申告書の受領・処置方法 5 16
  5 ) インドネシアの API-U申請のための特別関係証明書の取得手順 3 21
  6 ) インドネシアの ジャムソステック規定の改訂 3 24
  7 ) インドネシアの 税額票コードの使用開始パスワードの手続き 2 27
  8 ) インドネシアの 輸入規制関連規定の変遷アップデート 抜粋 4 29
  9 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 1 33
  10 ) インドネシアの 特定納税者の登録及び申告税務署 7 34
  11 ) インドネシアの SNIに関わる2012年12月の工業大臣規則 1 41
  12 ) インドネシアの 経済指標 2002-2012 3 42
  13 ) インドネシアの 税務の認証手続き 3 4 45
  14 ) インドネシアの 鉄鋼一時輸入規制 アップデート 3 49
  15 ) インドネシアの 2013年州・主な県/市の最低賃金 1 52
  16 ) インドネシアの 携帯電話とタブレット端末等の輸入規制 3 53
  17 ) インドネシアの 工事を施行する建設会社の登録アップデート 5 56
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2012年12月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 61
  2 ) 2013年1月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 4 63
  3 ) 物価・貿易13年1月発表 メール配信 1 67
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角85~巳年の思い-非常時の備えも」  2 68
  2 ) 広沢勉 「お正月雑感」 2 70
  3 ) 西見恭平 「ムルデカ・バラットの建物達 その1」 3 72
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2012-2013トレンド メール配信 2 75
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 77
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 78
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
Kimiafarma


表紙写真:ジャカルタのJl.Veteran No.9にある国営製薬会社Kimia Farma社の迎賓館。この横に同社本社がある。迎賓館はフリーメイソンのロッジ風であるが、Jl. Budi Utomo No.1にある同社保有の建物が昔フリーメイソンが使っていた本物で、現在は同社が倉庫として使っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

ジャカルタでもバルーン爆発

一昨日ジャカルタでバルーン爆発と言う事故があり、Wartakotaその他が報じていた。エジプトのルクソールでの気球大事故の後だけに目に飛び込んできたが、
B8a4194b592253e10cddb43075168bff

00dsc04286_2


よく読むと、バルーンはお祭りなどで空に飛ばすあのリチウム入りの小さな風船であることが解った。
ブログの材料にはならないがこれが10日前のブログSariaatmadja三銃士のSCTVの兄弟会社Indosiarだったのでアップした。Indosiarと言えばJalan PanjangとTol Merak添いの道の角辺りにそびえるインドネシア最高(395M) のアンテナ塔を持っているが、惨劇はここで起こったのかと思ったがニュースによると近くではあるがDaan Mogotの横道Damai通りの本社敷地であった。 肝いりの病院のオープン記念式典でジョコウイ州知事他内務大臣、保険大臣、商業大臣、中小企業担当大臣、運輸大臣等が列席していたものでVIPに被害は出なかったが29人がけが・やけどをしたようだ。 この場所にいたKaki Lima等屋台の移転も兼ねていたのであろうが彼ら等250人が集まっていたという。原因は式の遅れで太陽の日照りに爆発したのであろうか。よくあることのようで日本人学校でもつい半年前に起こったばかりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

クラカタウが爆発した時代

00jakarta_tempo_dulu_cover


先に出したTio Tek Hongの自伝の思い出話 「Keadaan Jakarta Tempo Doeloe」であるが、第1頁はクラカタウ山の大爆発である。書き出しは 彼はPasar Baru で1877年1月に生まれたとあり、確かにあの家はPasar Baruの外れである。 クラカタウの爆発は1883年、未だ6歳のころで、家の横の運河はあふれ出る危険があり、堤防を補強、降り注いだ火山灰で泥玉を作って遊んだとか、海岸は波が押しよせていたが軽石の上に板を載せると浮いて漕げたなどと書いてある。 爆発音はインドの先まで、津波も鹿児島まで観測できたというし火山灰は4万メートルも上ったという割にはさらりと書いている。
00_sluisburg_pintu_air_053


この家の横は運河で丁度川上の現在のイステクラルにある水門で、ここからアンチョールの方のチリウンに流す水量と、ガジャマダのコタ方面に流す水量を調節しているが、当時子供達はここからジュンバタン・メラー迄泳いだとか書かれている。
00p3200047


ジュンバタン・メラーはアンチョールの手前、パンゲラン・ジャヤカルタとグヌンサハリを結ぶ橋である。ジュンバタン・メラーはスラバヤの悲しい恋物語の橋であるが、ジャカルタのはその雰囲気はなにもない。ジャカルタには後一つJembatan Merahがあるクニンガンのフイルムセンター(Perfilman Pusat)やGedung Nyi Ageng Serang(共にブログ済み)囲む道であるが、橋はない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »