« クラカタウが爆発した時代 | トップページ | 国際会計基準の財務諸表の表示や如何に »

2013年3月 2日 (土)

ジャカルタでもバルーン爆発

一昨日ジャカルタでバルーン爆発と言う事故があり、Wartakotaその他が報じていた。エジプトのルクソールでの気球大事故の後だけに目に飛び込んできたが、
B8a4194b592253e10cddb43075168bff

00dsc04286_2


よく読むと、バルーンはお祭りなどで空に飛ばすあのリチウム入りの小さな風船であることが解った。
ブログの材料にはならないがこれが10日前のブログSariaatmadja三銃士のSCTVの兄弟会社Indosiarだったのでアップした。Indosiarと言えばJalan PanjangとTol Merak添いの道の角辺りにそびえるインドネシア最高(395M) のアンテナ塔を持っているが、惨劇はここで起こったのかと思ったがニュースによると近くではあるがDaan Mogotの横道Damai通りの本社敷地であった。 肝いりの病院のオープン記念式典でジョコウイ州知事他内務大臣、保険大臣、商業大臣、中小企業担当大臣、運輸大臣等が列席していたものでVIPに被害は出なかったが29人がけが・やけどをしたようだ。 この場所にいたKaki Lima等屋台の移転も兼ねていたのであろうが彼ら等250人が集まっていたという。原因は式の遅れで太陽の日照りに爆発したのであろうか。よくあることのようで日本人学校でもつい半年前に起こったばかりであった。

|

« クラカタウが爆発した時代 | トップページ | 国際会計基準の財務諸表の表示や如何に »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタでもバルーン爆発:

« クラカタウが爆発した時代 | トップページ | 国際会計基準の財務諸表の表示や如何に »