« 最近のインドネシア人気質 | トップページ | 見つけた総督の墓 »

2013年3月11日 (月)

グダンガラム その2

00dsc_0623_2


Sunterに行くJl. Jend. Yaniのグラン・ガラム社の本社横にいつの間にか又それをしのぐ本社ビルがたった。どちらが本社になるのかどうするのかはしらないが、あっと言うまである。タバコ業界の地図などもいつもあっと言う間に変わる。タバコ本数から言うと順位はSampoerna-Gudang Garam-Djarumであるがトップの富豪ランクではDjarum(Hartono)-GG(Wonowidjojo)-Sampornaのようだ。現在のGG社のトップは1958年創業時のSurya Wonowidjojoの子息で叔父のRachman Halimの後を継いだ3代目、Susilo Wonowidjojo氏 57歳で2012年Richest40では第3位(74億ドル)である。2008年にPT Surya Inti Tembakauと言う子会社を作り拡張中である。
このブログは2012年4月の「グダン・ガラムのジャカルタ本社」app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/19135/18815/78658807の続編となった。このビルは残念ながら21階程度でそれほどのものではないのだが。
00dsc_0277


後日写真追加

|

« 最近のインドネシア人気質 | トップページ | 見つけた総督の墓 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グダンガラム その2:

« 最近のインドネシア人気質 | トップページ | 見つけた総督の墓 »