« 河川救いに活躍のKOBELCO | トップページ | ジャカルタのミニ民局 »

2013年4月24日 (水)

Adipura 顕彰

Jl. JuandaからJl.Veteranに反転する曲がり角の辺りはKatheedralに行ける為Jl. Kathedralであるが丁度Istiqral Moskの横ともいえるが、ここに黒っぽい塔が建っている。
00_adipura_kencana


塔の刻字が浅いため何の塔か不明であったが、日本に戻る日再度写真に挑戦し、長い間読めなかった文字がやっとAdipuraであること迄は漕ぎつけることができた。
Adipuraと言うのは1986年から内務省が管掌する表彰制度で環境に配慮した都市つくりの都市に与えられる顕彰である。
00dsc_0919


一時中断が有ったが2002年から県の一部でも参加でき今日まで続いているようだ。
主たるポイントは衛生・清潔と平穏の“Kota Bersih dan Teduh” の2点の実際面と管理の面で、4回Adipura賞を得るとAipura Kencanaとなる。ジャカルタは1996年(?)スハルトによりAdipura Kencanaのこの塔を設置せられた。 最近のAdipura賞は2007年から3年連続でPalembangその後Banda AcheとSurabaya である。
ジャカルタの塔はアップした通り、昔のと比べるといつの間にか塔の基礎部分が変わっていた。
余り意味はないが長い間不明で有ったものが名前だけでも解ったのでほっとした。
これが昨日KOBELCOのエクスカベーターの奥に見える記念碑である。

|

« 河川救いに活躍のKOBELCO | トップページ | ジャカルタのミニ民局 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/51362434

この記事へのトラックバック一覧です: Adipura 顕彰:

« 河川救いに活躍のKOBELCO | トップページ | ジャカルタのミニ民局 »