« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の投稿

2013年4月29日 (月)

若い世代が受け継ぐバラタ劇場

00p8070116


今、Wayang Bharata Theatre「ワヤン・オラン バラタ劇場」でマハーバラタの話の中の一節を「Srikandi kembar Tujuh 」との下題の劇のリハーサルをやっている。練習しているのは皆この劇団の現世代の人達である。さしずめ日本の歌舞伎等の様に代々受け継いで行けるようになんとかなってきた。近くのTjitjih Sudanese  劇場でもそうであるが、市からの援助で続けられる一面もある。Srikandiと言うのは女好きの英雄アルジュナの2番目の妻であるが、kembar Tujuh(7人の双子?)であったことは知らない。アルジュナはこのブログで何度も出て来たが「アルジュナとクリシュナ 」でもSrikandiは登場しなかった。彼女はバラタ大戦争で唯一の女戦士として登場するが敵のコラワの夜襲で命を落としている
演手のAnambi Bagus Putraは5代目の22歳、ジャワの作家Mangkunegara VIIのひい孫, 8歳のLatisha Putri Ravania Soeryadjaya主役を演じているようだ。しかし彼女は今ジャワ語も勉強している。 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

林立のインドネシアTV局と日本番組

インドネシアのKompas新聞にTV局の番組が出ている。まず放送局であるが
以下の順序ででている。
00dsc04400


KOMPAS TV
TVRI
RCTI
SCTV
ANTV
MNC TV
Indosiar
Metro TV
Trans 7
Global TV
TV One
Trans と12局である。基本的に朝4時5時から始まり、深夜まで書いてあるので多くが24時間やっているのかも知れない。書生は日本でもインドネシアでもTVはながらTVなので良く知らないが、この12局は加入など何もせずジャカルタで受信できる。そのベースで日本の我が家をみると地上デジタルでNHK+民法キー5局+NHKII+独立局千葉の7局、BSで6局のチューナーがあったので合計13局とどっこいどっこいである。インドネシアのTVプログラムは新聞誌の1/4頁に入る程度のサイズであるので番組内容までは解らないがこの中でIndonesia言う言葉が入る番組が23番組もあったが日本ではNHKの「おはよう日本」くらいである。この中で日本に関係するのはMetroTVの「Channel Japan」、Indosiarの「Inazuma Eleven」、「Power Ranger Samurai」、「Ultraman Max」「Dragon Ball」RCTIの「Doraemaon」、「Crayon Shinchan」等であった。Wara Wiriや Upin Ipin、Mata Pancing等意味が解らないが新語はどこもメデアが広めるである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

インドネシアの投資統計

インドネシアの投資統計が追えなくなって、手にも負えなくなった。昔は、容易に数字が取れ、逆に不審を抱かせるものであったが今日、JETROさんの資料では2011年の統計までちゃんとある。
ちなみに一部記すと 件数、総額 内日本からの投資の順で金額は億ドルである。
2007年  982件   103.4  6.2
2009年 1,221件  108.1   6.8
2011年 4,894件  194.7  15.2
これは実現ベースと言うのでBKPMが進出済みのPMA企業の定期決算報告からでも取ったのであろうか。 報告をしない企業も沢山あるので何とも言えないが、数字を見ると:
本来何百億と言われる金額は少々小さいし、これが燃えるインドネシアの外国投資かと言うと、可愛そうな気もする。件数たるや2010年も3081件で従来のベースとかけ離れている。
IUT取得ベースで数えたのならそれほど水膨れする事も無いが、それをそのまま読めば1件当たりの投資額が小さくなったと読まざるを得ない。 何百億ドルと言うのは2007年申請ベースでは401億、1995-1997は3年平均345億ドルである。
00_bkpm_gotot_6


結局あまり読むことは意味をなさないかもしれない。 申請ベースの統計も政権筋で粉飾されたような時代を思い起こすとどっちもどっちであり、超然としているBKPM(投資調整庁)のビルの写真を思い起こした。

追:2012年は第4半期が長官の言葉を借りると54億ドルの洪水となり通年では228億ドルとなったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

ジャカルタのミニ民局

ジャカルタのホテルの近くに地方ミニ・テレビ放送局が有るらしい。ある人が2001年からボランティアで始めたらしいが今や地区のWedding TVと言われ話題になっている。インドネシアでのア新しい動きの一つである。 パルメラー地区をカバーするからPAL・TVと名ずけている、shoestringな資金であるが一応放送タワーも所有しておりインドネシア放送委員会KPIのライセンスも取得している。
現在は5km半径の地域であるが今年は40メートルのタワーで30kmをカバーする計画と言う。一般キー局はUHFであるがPal/TVはVHFを使用、午後12時から午前12時まで、オペレーターが眠りこまなければ延長も出来といっているそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

Adipura 顕彰

Jl. JuandaからJl.Veteranに反転する曲がり角の辺りはKatheedralに行ける為Jl. Kathedralであるが丁度Istiqral Moskの横ともいえるが、ここに黒っぽい塔が建っている。
00_adipura_kencana


塔の刻字が浅いため何の塔か不明であったが、日本に戻る日再度写真に挑戦し、長い間読めなかった文字がやっとAdipuraであること迄は漕ぎつけることができた。
Adipuraと言うのは1986年から内務省が管掌する表彰制度で環境に配慮した都市つくりの都市に与えられる顕彰である。
00dsc_0919


一時中断が有ったが2002年から県の一部でも参加でき今日まで続いているようだ。
主たるポイントは衛生・清潔と平穏の“Kota Bersih dan Teduh” の2点の実際面と管理の面で、4回Adipura賞を得るとAipura Kencanaとなる。ジャカルタは1996年(?)スハルトによりAdipura Kencanaのこの塔を設置せられた。 最近のAdipura賞は2007年から3年連続でPalembangその後Banda AcheとSurabaya である。
ジャカルタの塔はアップした通り、昔のと比べるといつの間にか塔の基礎部分が変わっていた。
余り意味はないが長い間不明で有ったものが名前だけでも解ったのでほっとした。
これが昨日KOBELCOのエクスカベーターの奥に見える記念碑である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河川救いに活躍のKOBELCO

ジャカルタ政府では今度は市内河川の川底すくいをやっている。
00dsc_0851


既にあちこちでやっているようだが以前パッサール・バルーのチリウン河で見かけたので写真に取っておいたが奥の方にイステクラル・モスクの屋根とその前の記念塔が見える。
エクスカベーターにはKOBELCOの名前が入っていた。KOBELCOと言えば神戸製鋼グループであるが、インドネシアではPT. Daya Kobelcoと言うから合弁であろうか。
00pb190142


チランダックKKOの団地に支店を見かけたが本社はポンドックインダーWisma Pondok Indah 2,のビルにあり、工場はMM2100 にある。
雨季には市内の洪水の引き金Pemicuになるのでこのプロジェクトは来年の雨季の為のものであろうか
未だ重機が不足しているのか7月のピークOptimalにかけてはテンダーも行う予定だという。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

カサブランカ高架道路の遅れ

00flyover_masmansyur_gatot_212


カサブランカ フライオーバーの工事が滞っている。ポストの報道では水道(Raw Water?)か何かのパイプを移動しないと行けないらしく、現場でのコンクリート工事を伴うため時間がかかると言う。現場の工事でもカリマラン(スルタンアグン通り)の工事は雨の中でも早かった様に思うが。。これを主因として、この工事は遅れており、全体開通は今年年末だと言う事らしい。
このニュースでこのフライオーバーの名前がカサブランカと言う事が解った。カサブランカ通りと言えばラスナを超えた先のプリ・カサブランカとか、コタ・カサブランカがある通りで カンプン・ムラユに繋がる部分で、それより手前のITC+アンバサドルやクニンガン・シティの前はサトリオ通りで、このフライオーバーからタナバン方面に向かう道はマス・マンシュール通りと3つに分断される。これでは将来の発展を阻害すると危惧していたのであるが、これで、まぁ全体をカサブランカと言っても(小生は昔からそう言っていた)おかしくは無くなった。
全体は3.5km、予算総額9,000億ルピアである。このフライオーバー部分はIstana Karyaが工事中である。 市内の道路の面積は市面積の12%は欲しい所であるがこの工事でやっと6.2%になる程度だとBasuki副知事は明かしたが、彼はつい最近オープンした4.8kmのアンタサリ高架道をリファーして、やはり公共交通機関の方が重要だと言ったが、それではやめるのかの質問には口を噤んだそそうだ。(当たり前):

当り前ではなく
事後報道ではあるが、これには裏があり、このプロジェクトに何か不正があるようで会計検査院の監査が予定されているようだ。又2013年にはこの予算がついてない問題もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

ゲリンドラ・バルはプレマンか

インドネシアも政治の季節になってユドヨノも社会を混乱に落しめようとする輩がいるような発言をしたがこの時期それに相当する様なニュースはチンピラ退治がある。確か3月頃チンピラ(Preman)がKebon Jerukno警察を襲ったニュースがあった。そのチンピラの棟梁はヘラキュールであるが彼は現在警察に拘留され、警察は子分ども49名と共に検察に起訴している。 同じ頃、警察は158名のプレマンを逮捕したニュースがある。00dsc04281


彼らはラスカル・メラー・プティ組の者で西ジャカルタのある住宅を差し押さえする警察を妨害したとして公務執行妨害(最長7年の刑)の嫌疑である。ヘラキュールはチモール・チムールの独立騒乱時、陸軍特殊部隊コパススで活躍したがヘリコプター事故でJakarta 陸軍病院に移送されそれ以来、Tanah Bang地区のプレマンの親玉になると共に貧乏人やその子弟の為の支援活動からゴルカールの代議士にまでなっており、コパススを率いたプラボウォのGerindora党の幹部を経てその社会的支援組織Gerindora Baru(GRIB)を立ち上げていたことはこのブログで以前に触れたことがある。丁度クブンジェルックをjalan2している時このイベントに出会ったものである。
こうして見ると既に大統領選への動きが地下で動いておりそれに国軍と警察の対立が絡んでいるような構図が見えてくるようだ。
写真はGerindra Baru立ち上げのときのイベント会場、此処が根城なのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

Lotte Mall出現で行くところが無くなる

LotteがもうすぐオープンするCiputra グループのCiputra World SupperblockにLotte Shopping Avenueをオープンする様だ。00dsc_0236


オープンはジャカルタ市制記念日の6月22日である。ニュースでは最初のモールと書かれているので言わばMall in Mallかもしれない。アパークラスを狙ってLotte Duty ShopやUniqro やHide Yamamoto等を呼ぶようだ。
ここから歩いてでも行けるKeningan CityにはLottemartがあるし、Gadaria Cityにも大きなLottemartがある。これらはHypermarketのクラスであるが、ロッテグループ全部を数えるとLotteは既に23ケ所のShopping Martをもっているのだ。その数のベースはMakroと言うWholesale Mallを買収したからである。
これからも巨大なインドネシアの中産階級の成長を視野に2018年までに5億ドルの投資を続けるというから韓国だと思って敬遠すると行けるところが無くなるかもしれない。 初年度6百万ドルの売り上げが3年目で1億ドルと言うから更なる成長は確実だ。
00dsc_0241


3月の写真アルバムを探していたら既にCiputra World にLotte Shoppingの看板がもう見えていた。後一つは200メートル程度の反対側のKeningan CityのLotteMartである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

トンビに油揚 ジャカルタモノレール

00dsc_0328


ジャカルタ・モノレールが遂に動き出す様だ。モノレール用の客車は中国のCNR社に発注が決まったそうである。事業主体のJM(ジャカルタモノレール)コンソーシウムは国営建設会社Adhi Karyaがリードするインドネシア側ITC 10%とシンガポールのOrtus社90%のコンソーシアムであるがCrtusが入ってきたのもこの3月の事でOrtusは$300百万の資金注入でシェアーを取ったものである。 入札の結果だと思うがCNR社はこの産業で10年の社歴があると言い繕っていた感じであるが、やはり中国元の力であろう。
00dsc02887


このプロジェクトは2004年頃グリーンライン(ラスナ・スナヤン環状線)14.8kmと、カンプン・ムラユとロキシーを結ぶブルーライン(東西線)12.3kmの二路線で、開業は2006年12月ごろ、車両は、日本の日立製作所が納入する予定であった。現在もこの路線構想は変わってない。小生の生活の中では使うことはないだろう。
一時つぶれたプロジェクトはジョコウィの好みかMRTを置いて進むようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年4月17日 (水)

今はなきジュアンダ駅・・

00india_yoko1


ジュアンダ通りの先、パッサールバルへの入口のピントゥ・アイルは直ぐオランダ時代の建物がアンタラ通りに繋がると書いたが、少し訂正すると最初のビルは地図を見るとAneka SpringTelekomindoとなっている。ここにはオランダ時代に先先代の運輸通信省が有った所である。現在の運輸省はムルデカ・バラット、先代KPMはムルデ・チムールでその前のKPMはここにあったのである。(最初のカントールKPMは今はここ
何故か名前Telekomindoは関連が有りそうであるが。。
00kereta_api_ura


その向かいは現在は何もないが昔は大きな建物があった。ジュアンダ駅の関連施設だと思うが、
00kreta_api_kantor


その鉄道側から見ると昔の建物にPusat Pelayanan Reservasi “Juanda”と入口に書かれていた。
00juand_019


現在は目的半端で取り壊されRaffles Squareと名前だけは立派な物を作るようだが一向に進んでいない感じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

3月の投資環境 政治的攪乱が匂う

民主党内紛に揺れる中SBYが党首で牛耳る態勢へ、2014年大統領選挙を巡る政治的攪乱も匂い立つ政治的季節へ、相変わらずの汚職事件とテロ関連動きが花を添える。国軍と警察の対立事件激化も警戒要。日系は未だ未だ元気
3/2 VW、インドモービルと提携、チカンペックに年産最低10万台の工場建設計画。
3/5 フォーブス誌の2013 年世界長者番付: 8人増えて25 人に。日本も抜く
3/6 6年間に中間所得層6,700万人増加し、2020年には1.41億人に:ボストン
3/7 外貨準備高2年ぶりの低レベル、米ドル需要急増し:中銀(BI)。
3/8 イオン、シナールマスと8年間に20のモール 開発計画、最初はブミ・セルポン
3/12 グンゼ、リッキープトラと合弁でイで靴下製造スタート、生産能力300万足。
3/13 プルタミナ、泰国営系PTTと共同で石化プラント建設へ、総投資50億ドル
3/14 国連開発計画(UNDP)の人間開発指数ランキング:イは121位、日本は10位。
3/18 東レ、2020年までに5億ドル投資計画発表
3/19 マンダム、MM2100内に新工場建設計画、本社スンテルから移転して集約へ
3/21 ユニチャーム・インドネシア、KIICの紙おむつ工場を拡張へ。
3/21 ALSOKインドネシア、BASSと業務提携。
3/25 豊田通商、リッポーカラワチ、トヨタホーム、東急ランド合弁でホテル事業へ
3/27 BNI銀、スルヤチプタ工業団地と提携、イ進出日本企業に便宜。
3/28 今年の経済成長率6.3%、インフレ率3.5-4.5%:中銀(BI)。
3/29 インフラ・医療環境整備に計26.73億円支援へ:日本政府。
3/29 味の素、KIIC工業団地に液体調味料工場建設へ、「サオリ」の委託生産を自社生産

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

工兵隊とPETAの将軍たち

題材探しに今日のクロニクルを覗くと何と国内外とも大事件がいくつもあったことが解る。国内では
1950年 Hari Zeni (Pusdikzi) 工兵隊の日
1958年 日本とインドネシアが国交恢復
1967年 国会、最高諮問会議DPA設置法案可決
1996年 ティミカ空港で、イ軍兵16人が死亡 国外では
1912年 タイタニック号沈没。死者1513人
1947年 インドが独立宣言
1983年 浦安に東京ディズニーランドが開園
1989年 胡耀邦追悼集会を開く。天安門事件の発端

00pudizi


PusdikziとはPusat Diklat Zeni(工兵訓練センター)でありZeniとはオランダ語のGenieから来ているようで、
陸軍に属する部隊で主として歩兵(Infantri)を補助する工兵隊である。その活動は以下の9つに分類する事が出来る。Konstruksi建設、 Destruksi破壊、Rintangan ブロック、Samaran偽装、Penyeberanganクロス渡河?、 Penyelidikan調査、Perkubuan築城 Penjinakan bahan peledak (Jihandak爆薬調剤・調教、及びNuklir-Biologi-Kimia (Nubika) 原子・化学兵器.である。組織的には各師団毎に派遣隊(Detasmen)13と大隊(Batalyon Zipur/Zikon)16及び特殊中隊(Kompi)を保有している。
00_zeni_021


1950年のこの日はオランダKNILからGenieを引き継いだ日であるが訓練所はIstana Bogorを護衛する役目の建物で、日本占領時代はここでPETAの訓練が行われスディルマン・スハルト・ヤニ・スミトロ将軍以下多くのリーダーを生んだ所である。写真 上は借用したPusdikziの入口である。 Bogorに行く目的が出来たが、ジャカルタにはMatramanにZeni総局がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

モールの中の女

00dsc02844


この4月はジャカルタ・モールは女性にスポットライトを当てた催し物が目白押しの様だ。その様なタイトルのニュースがあったが、全部ではないだろう。斜め読みではスディルマンのJKT48劇場のある fX モールでワコール・ファッション・バザールとか女性コスメ等の割引やベビーカー・ウオーキング・コンテストなどのようで。それは4月21日がカルティニが1879年に生まれた日と言う事で「カルティニの日」として祝われているからである。
00dsc_0746


ガンダリア・モールでは何かやってるか知らないが、思い出した写真が有るのでアップしよう。顔をアップした写真の方はアップをしないと約束したので一人で楽しんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

Wantahanas と Lemhannas

00dsc04561


ムルデカ・バラットの政治・法律・治安担当調整大臣がある敷地には三つの省庁がある。その一つがWantahanasである。この機関の設置は意外に早く、最初は1946年6月6日に非常事態に関する1946年法律第6号により、オランダの侵略に対処する目的でDewan Pertahanan Negara (DPN)国家防衛評議会が設置された。
そして54年6月6日には法律第29号で国内の事変に対処する為Dewan Keamanan Nasional (DKN)国家治安評議会(DKN)に衣替えした。
その後もコンセプトと名称の変更がなされ、簡単にいえばDepertanからWanhankamnasへそして1993年から現在のDewan Ketahanan Nasional (Wantannas)に又戻っている。
00kebun_seirih_041


同様な機関でLembaga Ketahanan Nasional(Lemhannas)国家強靭性研究所がKebon Sirih通りにあるがどの様な分担になっているのか不明ながら最近までその活性化が議論されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

明治座140年 観光資源へ

00dsc_0491
ジャカルタから戻った日は未だ4月8日であったが前日の猛烈低気圧で桜は全滅、八重桜の葉桜がところどころ見られる程度であった。人形町甘酒横町で甘酒を飲み明治座に行ってきた。丁度創業140年記念で早乙女太一が座を張っていた。


00dsc_0507
明治座は明治6年喜昇座が最初で又明治座となったのは明治26年座主は市川左団次であった。これまで震災や戦災もあり7回ほど劇場は変遷を重ねたが、丁度新歌舞伎座もオープンしている4月であるが歌舞伎座の方は明治22年の第一期から数えて今回は第5代である。


00img_0001
太一君は田舎芝居座に生まれ、持って生まれた美貌と才能で此処までなったもので、若者らしく出しものも新趣向を加えた音楽と躍動が見ものであったようだ。(半分寝ていた) それより最後の大奥中郎女中総出の踊りは圧巻、2度もスタンディングアンコールに応えていたが、此処だけでも観光中国人や韓国人に見せてあげたい気がした。明治座も是非外人観光向けの2時間程度の出しものを常時出すなどして 世界平和に貢献してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストヨ将軍の自宅

00p8080103
と言う題のブログは探して見たら2012年の8月にあった。タムリンからスディルマンを通る時いつも気になってついこの間も行ってきたが確かにこの写真の家が、G30Sの犠牲となったストヨ将軍の自宅である。通りの名前はSemenapで番地はNo.17-18 である。

00dsc08259


タムリンからこの道に入る入口あたりの家はドイツ大使館のすぐそばにも関わらず崩落寸前のまま、もう数年かOne Decade過ぎている。昔はナッサウ大通りや都みやこ大通りと言われた通りの直ぐ裏手に当たるので1等地と言えばそうかもしれない少し外れだったのかもしれない。それよりも崩壊の理由は家の所有権の問題であろう。
ストヨ将軍の家は生垣も青々としており、どなたかが今も住んでおられるようだが所在を確かめるにとどめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

BMプラザ屋上がDiscoだった頃

今インドネシアは大繁栄中であるが、我々にとっては昔は良かったと言う事がどんどん失われ、むしろいやな事が押し寄せてくる。 古くは上海は良かったとかジンセンは良かったと言う人々もいようがは小生はこれには漏れたがスハルト時代は良かった言う人々の中にいる。開発も考えものである。
今はプルタミナの固いオフイスで用も無くなったが 90年代の初めはビルの4階辺りに韓国カラオケの走りがあり、その前は外に突き出た部分がプールになりプールサイド ビアーガーデンや御座敷料理などもあったが1階はディスコでサイケデリックなVideoにいい年の男が狂って居たりした風景を思い出せる。

00dsc_0128
ブロックMでもカラオケが終わった後 、隣のプラザまでND氏がひきつれたグループに付いて行ったことがある。広いラウンジと外は隣のビルの壁に映像を映した踊りのステージで有った気がする。

00dsc_0117_2
このブロックM プラザは今は余り行くことも無かったが、1月のある日屋上まで探検に出掛けたことがある。
最上階はビルの保有のPAKWON グループ等が占め殆ど共通部分が無いため早ばやと退散したがそのあたりにデスコがあったのであろうか 

00dsc_0125
記憶も無いので1階下に降りるとそこは中華レストランがあったのか今は閉鎖してガランドウであった。この繁栄の現代で繁栄のブロックMでこれだけ広いスペースが遊んでいることに不審に思ったことだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 「インドネシア企業経営」目次

2012年後半のインドネシア企業経営目次です 貴方も執筆如何ですか

2012年 12月号
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 会計原則 162 (財務諸表の表示) 5 11
  4 ) インドネシアの 税額票の形式、記入・発行・訂正・取消等の方法・手続 6 16
  5 ) インドネシアの 一部作業のアウトソーシング規定の改訂 4 22
  6 ) インドネシアの 2012年投資環境トピックス総集編 6 26
  7 ) インドネシアの 非課税或いは課税される労働分野のサービスの例示 3 32
  8 ) インドネシアの 2013年主な州・県/市の最低賃金速報 1 35
  9 ) インドネシアの 首都の環境管理監視誓約書フォーム アップデート 4 36
  10 ) インドネシアの 移転価格税制と相互協議 その2 3 40
  11 ) インドネシアの 労働省の調査に入られたら パート3 2 43
  12 ) インドネシアの ルピアのデノミネーション 1 45
  13 ) インドネシアの 農業省からの作物製品輸入推薦状の取得手続き 3 46
  14 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 49
  15 ) インドネシアの 投資活動報告(LKPM)に対する見解書 一例 1 51
  16 ) インドネシアの 零細企業、小企業及び中企業法 最終回 2 52
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2012年11月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 54
  2 ) 2012年12月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 4 56
  3 ) 物価・貿易12年12月発表 メール配信 1 60
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角84~ネットワークの進化とその未来」  2 61
  2 ) 広沢勉 「キーボードと通信手段の変遷」 2 63
  3 ) 西見恭平 「バタビア旅行案内 附:バタビア路線図」 5 65
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2011-2012トレンド メール配信 2 70
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 72
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 73
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。

2012 Nov   

1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 4 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 6
  3 ) インドネシアの 会計原則 161 (関連会社に対する投資 3 ) 3 12
  4 ) インドネシアの 特定業種・地域の投資優遇税制 改定 6 15
  5 ) インドネシアの 工場機械の輸入関税便宜の申請準備 2 21
  6 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 23
  7 ) インドネシアの 移転価格税制と相互協議 その1 4 25
  8 ) インドネシアの 輸入者登録が必要な品目早見表 2 29
  9 ) インドネシアの 投資企業の権利・義務・責任 3 31
  10 ) インドネシアの 税務の認証手続き 2 3 34
  11 ) インドネシアの 林業製品の輸出規制アップデート 6 37
  12 ) インドネシアの 会社設立手続きフロー 2 43
  13 ) インドネシアの 近代的小売店のフランチャイズ 2 45
  14 ) インドネシアの 首都のグリーンビルディング規定 1 47
  15 ) インドネシアの 零細企業、小企業及び中企業法 その3 2 48
  16 ) インドネシアの SNIに関わる2012年10月の工業大臣規則 3 50
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2012年10月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 3 53
  2 ) 2012年11月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 4 56
  3 ) 12年第3四半期GDP速報、物価・貿易12年11月発表 メール配信 3 60
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角83~うらをみせ おもてをみせて」  2 63
  2 ) 広沢勉 「電気通信事業とクーリングオフ制度」 2 65
  3 ) 西見恭平 「RRIラジオ・リパブリック・インドネシア物語」 3 67
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2011-2012トレンド メール配信 2 70
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 72
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 73
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    

2012年10月 解雇防止と言われても。。
1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
  3 ) インドネシアの 会計原則 160 (関連会社に対する投資 2 )
  4 ) インドネシアの 投資における機械・原材料の輸入税の免除
  5 ) インドネシアの API規定の改訂 アップデート
  6 ) インドネシアの コミサリス(監査役)制度
  7 ) インドネシアの 米ドル会計の取扱ガイド
  8 ) インドネシアの 作物製品輸入規制の改正
  9 ) インドネシアの インドネシア進出にあたっての基礎事業計画案
  10 ) インドネシアの 税務の認証手続き
  11 ) インドネシアの 零細企業、小企業及び中企業法 その2
  12 ) インドネシアの 解雇防止についての労相回状
  13 ) インドネシアの 税の権利義務に関する改定政令の要約 4
  14 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス
  15 ) インドネシアの ベンチャーキャピタル企業に関する規定
 
2. 今月の政治・経済情報
  1 ) 2012年9月度 下旬 政治・経済トピックス
  2 ) 2012年10月度 上・中旬 政治・経済トピックス
  3 ) 物価・貿易2012年10月発表
 
3. 暮らしの随筆・その他
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角82~黄昏に飛び立つ」 
  2 ) 広沢勉 「世界遺産とスパイス」
  3 ) 西見恭平 「国家機関の所在地と国務大臣府」
 

2012年9月号携帯電話と携帯型コンピュータの登録義務化
1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
  3 ) インドネシアの 会計原則 159 (関連会社に対する投資 1 )
  4 ) インドネシアの 課税・非課税事業兼業の経費配分
  5 ) インドネシアの 小・中・大規模事業区分の基準
  6 ) インドネシアの SNIに関わる2012年8月の工業大臣規則
  7 ) インドネシアの 2014年大統領選~取りざたされる実業家出身候補
  8 ) インドネシアの 税額票の発行時点の事例
  9 ) インドネシアの 零細企業、小企業及び中企業法 その1
  10 ) インドネシアの フランチャイズ事業の規定変更
  11 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス
  12 ) インドネシアの 税の権利義務に関する改定政令の要約 3
  13 ) インドネシアの 食品添加物の規定改訂
  14 ) インドネシアの 携帯電話と携帯型コンピュータの登録義務化
  15 ) インドネシアの ジャカルタの不動産市況 2 アパート
 
2. 今月の政治・経済情報
  1 ) 2012年8月度 下旬 政治・経済トピックス
  2 ) 2012年9月度 上・中旬 政治・経済トピックス
  3 ) 物価・貿易2012年9月発表
 
3. 暮らしの随筆・その他
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角81~秋声-書籍を友に」 
  2 ) 拓海広志 「ボランティア山形のこと・・・」
  3 ) 広沢勉 「インターネットにおける引用と盗用」
  4 ) 西見恭平 「インドネシアの国会議事堂の歴史」
 
2012年8月号 関税総局による関税監査手続き
1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
  3 ) インドネシアの 会計原則 158 (連結及び個別財務諸表 3)
  4 ) インドネシアの グループ内サービス取引の国際課税問題
  5 ) インドネシアの 2012年 輸出禁止・管理品目の改訂
  6 ) インドネシアの ジャムソステック法令の変遷 アップデート
  7 ) インドネシアの ジャカルタの不動産市況 I オフィス
  8 ) インドネシアの 納税者の業種区分 KLU
  9 ) インドネシアの 関税監査と物品税監査
  10 ) インドネシアの アウトソーシングについての労相通知
  11 ) インドネシアの 税の権利義務に関する改定政令の要約(その2)
  12 ) インドネシアの SNIに関わる2012年5-7月の工業大臣規則
  13 ) インドネシアの サプライヤー登録に必要なデータと書類
  14 ) インドネシアの 鉱業資源の輸出規制 アップデート
  15 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス
 
2. 今月の政治・経済情報
  1 ) 2012年7月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信
  2 ) 2012年8月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信
  3 ) 2012年Q2 GDP速報、物価・貿易2012年8月発表 メール配信
 
3. 暮らしの随筆・その他
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角80~花火からの連想」 
  2 ) 拓海広志 「ホクレア応援団の思い出」
  3 ) 広沢勉 「スラバヤの「英雄の塔」と「英雄の日」」
  4 ) 西見恭平 「インドネシア独立宣言小史(2)~独立宣言と日本人」
 
2012年7月号 鉱物資源の輸出規制
1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
  3 ) インドネシアの 会計原則 157 (連結及び個別財務諸表 2)
  4 ) インドネシアの 非従業員の所得に対する源泉徴収/所得税
  5 ) インドネシアの 2012年度輸入関税の政府負担
  6 ) インドネシアの 首都の妨害法許可
  7 ) インドネシアの 税額票の写し代替・再発行・取得の手続き
  8 ) インドネシアの 中古資本財の輸入推薦状
  9 ) インドネシアの 給与ベース
  10 ) インドネシアの 非課税となる労働分野のサービスの要件
  11 ) インドネシアの 鉱物資源の輸出規制
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス
  13 ) インドネシアの オプションリースとセール•アンド•リースバックのVAT
  14 ) インドネシアの 作物製品輸入のための農業大臣推薦状
  15 ) インドネシアの 資産持ち県/市トップ50
 
2. 今月の政治・経済情報
  1 ) 2012年6月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信
  2 ) 2012年7月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信
  3 ) 物価・貿易2012年7月発表 メール配信
 
3. 暮らしの随筆・その他
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角79~」 
  2 ) 広沢勉 「イスラム金融とシャリア」
  3 ) 西見恭平 「ジャカルタ新旧あれこれ 新発見1」
 
2012年 6月号 安易なグロスアップには注意を
1. 今月の経営情報・事例研究
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート  
  3 ) インドネシアの 会計原則 156 (連結及び個別財務諸表 1)
  4 ) インドネシアの 税法のグロスアップ方式考察
  5 ) インドネシアの 2012年輸出関税課税品目と税率
  6 ) インドネシアの AMDAL作成が義務付けられる事業分野
  7 ) インドネシアの 過払い税の暫定還付における特定基準納税者
  8 ) インドネシアの 原材料輸入の拡大は是か非か
  9 ) インドネシアの 環境許可
  10 ) インドネシアの 税の権利義務に関する改定政令の要約(その1)
  11 ) インドネシアの BKPM発行の商事駐在員事務所許可
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス
  13 ) インドネシアの PBB電子/オンライン納税の場所
  14 ) インドネシアの 活況呈するe-コマース事業
  15 ) インドネシアの 国軍幹部の綺羅星履歴
 
2. 今月の政治・経済情報
  1 ) 2012年5月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信
  2 ) 2012年6月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信
  3 ) 物価・貿易2012年6月発表 メール配信
 
3. 暮らしの随筆・その他
  1 ) 橋本政彦 「明日の街角78~診察待ちの散歩-イノベーションへの期待」 
  2 ) 拓海広志 「神戸大学にて(3)」
  3 ) 広沢勉 「インドネシアの所得税法と日イ租税条約」
 
4.今月の金融・経済関連データ
  1 ) 今月の月次経済指標 2011-2012トレンド メール配信
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年4月10日 (水)

Jalan Antara のインド料理

0000dsc_0854


先のブログは容量オーバーでインド料理店がアップ出来なかった。このCopper Chimneyは外国人に有名で通常のインド料理とVegitarianのメニュ(Tantri)の部屋を分けていた。Irawatiと言う人が1996年にオープンしたがその後のニュースは追えない。Irawatiさんが良く使う野菜はkentang,wortel, kembang kol, tomat, terong, paneer, ilaichi dan kadimam (sejenis kacang)をインドから輸入してまでしていたとのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jl AntaraかJl. Pintu Air Rayaか

00dsc_0845
ジュアンダ通りをパッサールバルーの方に向かいPintu Air水門の所で左に折れる道はPintu Air Raya と言う。コタのファタヒラ方面のPintu KecilやPintu Besarと混同しないよう注意を要する。

00dsc_0848この道の入り口右側からオランダ時代からの建物が続きJl. Antaraの方角に向かう一連の建物の端の建物が2月にブログしたTio Tek Hongの店であるが、ここまでは通りの名前はJl. .AntaraでなくJl. Pintu Air Rayaである。

00dsc_0853
この間行った時はやはりリノベ中であったが、近くにいた老人に聞いて見るとこの家は今は元Kapolda KaltimのA将軍が保有しているとのことであった。
番地は不明であるが一連の建物の入口手前から2番6番8番までは読みとれたが10-12番辺りであろうか その真向かいからはJl.Antaraが始まるが昔外国人には有名なCopper Chimney(Jl.Antara No .5-7)と言うベジタリアン・インド料理であったが、今は閉鎖していた。
この辺りはジャカルタの保存史跡に指定されてもいい筈であるが未だされてないようで資料の少ない部分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

インドネシアのミス・ワールド 対ミス ユニバース

00

今年のMIss Worldの選抜戦は今日初めて知ったがインドネシアで行われるようだ。この9月28日にBogorはセントゥールの国際コンベンションセンターで行われるが、このMiss Worldの発祥の原点からもGrand Finalistはビキニを着ることになっているようで、西ジャワ州の州知事Heryawan氏は先週このページェントを歓迎しビキニもなにも問題ないと支援の声を上げた。これは大変な事である。数年前ミスユニバースとなった森 理世の訪問のインドネシア訪問に際してもイスラムの反対の声から逃げるのが大変であった。
ミスインドネシア協会の委員長のLiliana Tanoesoedibjoは過去3年大会の招聘に手を上げてきたそうだ。大会はジャカルタとバリでもイベントがあり、会の運営には西ジャワ州知事程度でなく大統領(メガの方がいいかも)もひと押ししないと難しいだろう。LilianaさんはMNC‘RCTI)のTanoeの奥さんであるがクリスチアンの中国系である。
009415ee_d4f43ae0fa43e19c2ab84c92f0


インドネシア代表は既にMiss Indonesia 2013として Vania Larissa嬢が選ばれているが未だGadisの感がある可愛さである。fantasianara.blogspot.comより借用。
00imagescahwyx0r


一方ミス・ユニバースへの代表となるプテリ・インドネシアは2月に西スマトラ州出身のモデルWhulandary Hermanさんが選ばれている。ちなみに日本人でトップに入賞しているのは全てミス・ユニバース(小島・森優勝 伊東3位、くらら2位)でミスワールドは日本は、選考組織がミスインターナショナルと兼ねたりしているためボイコットされ今年参加が難しくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

進むガルーダのサービス

00dsc_0496


7日のジャカルタ発成田行き便は色々面食らった。まずガルーダのチェックインカウンターにエクゼキュティブが無くて反対側に移動している。それも応接セット付きのラウンジ風になっており係の女性がカウンターのオペレーターとのやりとりをやってくれるので乗客は座ったままで済む。僕の場合は1分で済む話なので座る程のものではないが、それでもプライオリティタッグはちゃんと着いており、ラウンジクーポンは無くなっていたが搭乗券をみせてOK、

00dsc_0499


一つだけ妙に会話が進まないところがあったがいつも座る機体での一番最後の座席の通路側は33C であったが、今回は37B である。33C を押し通した結果乗って見るとそこはかなり前の方になっていた。つまり機種がワンランクアップしていたようだ。乗客数を聞くと 183/215と言うので殆どフルである。このCapa から行くとAirbus 330-300のようである。以前は185人乗りだったがあれはボーイングだったのであろうか。
しかし座席TVは少し旧式であった。ガルーダは11時30分発である。ラウンジでゆっくりしている間に既に10:45を過ぎており長い荷物チェックの間に最終コール放送があり、自分の座席にまで長い両側にビッシリ居る乗客の間を通ったのは初めての事であった。昨日は猛烈低気圧でキャンセルになったと言う中、成田はその低気圧の残りが居座り横揺れの状態で着陸となったが、降りて見ると春本番で京成のおっちゃんが車内扇風機を回したのには閉口した。相変わらず携帯の注意を案内していたがエレベーターの中でも大声で話しているジャカルタのお互いさまの宥恕の方が幾らか良いかと日本のストレス煽ぎに腹が立った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

Macan と Harimau

00p9090133

アルー海戦争とはマルクのアルー海域での1962年1月15日、インドネシアとオランダのイリアン争奪戦の海戦でこの時オランダが持つネプチューンとフレリン型駆逐艦2隻がパトロール中のインドネシアのKRI Matjan Tutul (650), RI Matjan Kumbang (653) dan RI Harimau (654) を攻撃、MatjaTutulの艦長Yosa Sedarso BT Komodorは、この一戦に奮起せよ"Kobarkan semangat pertempuran".と命じて船と共に散った。

00p9090134

僚船は助かったがその一つHarimauに乗っていた艦長は後の提督Sudomoであり、船は現在Taman Miniに展示されている。昔小生が編集した4月のクロニクルにこの日が載っていたのであるがこれは間違いである。この場で修正しよう。Macan Tutulは豹、Harimauは トラ、Macan Kumbangはtiger beetle(ハンミョウ)とあったが、Macan Tutulが地名になった所がある。

00taman_mini_056


昔Radio Dalamのなんたるかを探しに行った時に見つけた海軍のKomplekの中で、あとSrigala(狼)やAnoa(スラウエシ見牛)と言う名の艦船・道路名もあった。写真Macan Tutulの入口、中心の運動広場、Harimauが飾ってあるスハルト公園風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

スンターからクマヨランへ

Kemayoran00img_0001

は余り写真をとる趣味もなかったがたまたまここに1枚の写真がある。Griya Inti Santosa と看板に出ているので住宅地の開発であろうか。 運河も走っており、今でいえば東運河とかジャカルタの外れに来た感を深くしてわざわざ車を降りて写真をとったのであろう。

00dsc00154

何のことはないここはクマヨランゴルフ場の北東に当たる地区で Kali Ancolに流れる縦の運河Saluran Sunterに違いない。 右に行くのはDanau Sunter Utaraと言う通りで運河は小さ いがにぎやかな道でArtha Gadingの方に行く。  

00mar2010_015


大きなSunter湖に添って並ぶ道がDanau Sunter Selatanで、ここもArtha Gadingの直前でUtaraと合流する。Danauを挟んで北と南の道だと思うとそうではなくDanau湖はDanau Sunter Selatanの南に位置する。Moiから抜けてくる大きな道はクマヨラン迄通じてなくこの道に抜けてくるしかないのであろうか 後一つ友人の運ちゃんが半場迷った道がその南にあり、それこそ名前からはSunter Kemayoranと言う道であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

カリブサールの建物

00kanl_besar_024


カリブサールと言えばAlwiさんのBangunan Lama De Groote Riverという随筆が有ったので要約するが余り建物のことは出ていない。
「カリブサールには会社事務所、店や倉庫が建ち並び、昔はGroote Riverと言われた。DKI政府も史跡として残すこと決定している。17世紀から19世紀までここはバタビア市の中心でオランダ人も多く棲んでいた。1799年にVOCが廃止されNHM(Nederlandse Handels Maatchappij).に変わりオランダ政府が直接経営するようになると急に(Sekonyong)民間の自発的(spontan)移住が増え、彼らは資本を携え販売会社を興し、プランテーションを行い奥の高地へと移って行ったが経営の中心は未だKali Besarであった。
その一つがJacobson Van den Berg, Chatered Bank, dan Exim Bankであう。19世紀になるとカリブサールに住んだオランダ人は南部に移りこの空気の良い土地をWeltevredenと名ずけた。20世紀の初めバタビアに到着するヨーロッパ人は熱狂的で人口50万人(?)に5万人がヨーロッパ人、20万人が現地人で経済の繁栄を謳歌した。第一次大戦でバタビアは原材料を輸出したあと1929-1933年の経済リセッション(Malaise)で輸出は半減したがチャンスは無限にあり彼らの富が減ることは無かった。1883年タンジュンプリオクの開港で、ここに倉庫を持つ人達は競争力を失う心配が有ったが鉄道が開通したことで心配する事も無かった。と言うのはタンジュンプリオクははマラリア風土病(endemik)の巣窟だったからとも言う。
そうしてGlodok地区が繁栄しジャカルタだけでない地方の問屋商人(Grosir)が売る為の商品を買い付けに集まっていた。」

00charteredtokomerah


ここに出るJacobsonはToko Merahを本社にしていた時代があり、その隣がChartered Bankである。 むしろ東側の方がきれいで北側に経つ二つドームの建物がInternatio、一つドームが保険会社そのとなりがBorsumiでこの間ブログでオランダ時代をぼかした建物はBataviaasche Tagblad)新聞社なることも解った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

My Place 対 Fortune

00dsc02771


昔Spa & MassageのMy Placeの訪問記を書いたがその時からMy PlaceのコンペティターのFortuneも書くつもりでいたが既にhttp://intonesia.blogspot.com/2012/04/spa.html氏も書いているし英文ならhttp://www.jakarta100bars.com/2009/01/fortune-jl-mas-mansyur-near-menara.html
もある。英文の方によると既にMangga Besar、Confort(Senter Latumeten)、Komp. Inkopal,Klapa Gading、Mas Mansur、Grand Wijayaにある。

002012_0331_160916p3310008

Comfort Groupが運営するSteam Sauna Kolam Renang Whirlpool、Fitness Lounge、Restaurant Billard、KaraokeなどのOne Spot Entertainmentである。Hotelも同時に運営しているのでラマダン中のSpaもやっているそうだが、それは確かめた方がいい。
現在のMassageの料金はRp380,000である。My Placeが2006年の訪問記ではRp250,000で現在Rp350,000であるので7年で40%の値上がりと思えばよい。値段の分析は標準的なマッサージ店はRp170,000程度故 これにSpaのRp140,000(MyPlaceの場合)が加算されあと数万ルピアは全体の設備の豪華さ分だと思えば良い。
Jl. KH Mas Mansyur No. 13:Phone: 5722151 - 5722152
Grand Wijaya Centre, Bl F 21 Jl. Wijaya II, Jakarta:Phone: (021) 720-6866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

Miss Roekiahの謎

1週間も前に「シンガーミシンの頃」と題したブログを書いたが小生その様な幼い時の思い出があるわけではなかった。
00terang_boulan


1昨日 「Terang Bolan 誰がRoekiahを殺したか」にコメントが付き、読み直している時丁度1930年代終わり頃に、この一代の名優 Miss Roekiahがシンガーミシンの宣伝に出ていたとと書いた事を見つけた。 
この頂いたコメントの内容は驚愕の話で1945年に死亡した筈の彼女はそのブログで予想した通り今96歳で存命しているという。いきさつは日本軍の民心懐柔政策の巡業芝居等で彼女は日本軍に協力したとされ戻ってきたオランダ軍に見つかると殺されるため病気で亡くなったと発表していたが、その後スカルノにより無罪(彼女の出身のススフナン王家の名誉回復)とされたとき死亡と発表した手前その発表を取り消さなかったらしいのだ。 残酷な運命と言える コメント氏の続報を待っている所である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »