« インドネシアのミス・ワールド 対ミス ユニバース | トップページ | Jalan Antara のインド料理 »

2013年4月10日 (水)

Jl AntaraかJl. Pintu Air Rayaか

00dsc_0845
ジュアンダ通りをパッサールバルーの方に向かいPintu Air水門の所で左に折れる道はPintu Air Raya と言う。コタのファタヒラ方面のPintu KecilやPintu Besarと混同しないよう注意を要する。

00dsc_0848この道の入り口右側からオランダ時代からの建物が続きJl. Antaraの方角に向かう一連の建物の端の建物が2月にブログしたTio Tek Hongの店であるが、ここまでは通りの名前はJl. .AntaraでなくJl. Pintu Air Rayaである。

00dsc_0853
この間行った時はやはりリノベ中であったが、近くにいた老人に聞いて見るとこの家は今は元Kapolda KaltimのA将軍が保有しているとのことであった。
番地は不明であるが一連の建物の入口手前から2番6番8番までは読みとれたが10-12番辺りであろうか その真向かいからはJl.Antaraが始まるが昔外国人には有名なCopper Chimney(Jl.Antara No .5-7)と言うベジタリアン・インド料理であったが、今は閉鎖していた。
この辺りはジャカルタの保存史跡に指定されてもいい筈であるが未だされてないようで資料の少ない部分である。

|

« インドネシアのミス・ワールド 対ミス ユニバース | トップページ | Jalan Antara のインド料理 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/51167552

この記事へのトラックバック一覧です: Jl AntaraかJl. Pintu Air Rayaか:

« インドネシアのミス・ワールド 対ミス ユニバース | トップページ | Jalan Antara のインド料理 »