« スンターからクマヨランへ | トップページ | 進むガルーダのサービス »

2013年4月 7日 (日)

Macan と Harimau

00p9090133

アルー海戦争とはマルクのアルー海域での1962年1月15日、インドネシアとオランダのイリアン争奪戦の海戦でこの時オランダが持つネプチューンとフレリン型駆逐艦2隻がパトロール中のインドネシアのKRI Matjan Tutul (650), RI Matjan Kumbang (653) dan RI Harimau (654) を攻撃、MatjaTutulの艦長Yosa Sedarso BT Komodorは、この一戦に奮起せよ"Kobarkan semangat pertempuran".と命じて船と共に散った。

00p9090134

僚船は助かったがその一つHarimauに乗っていた艦長は後の提督Sudomoであり、船は現在Taman Miniに展示されている。昔小生が編集した4月のクロニクルにこの日が載っていたのであるがこれは間違いである。この場で修正しよう。Macan Tutulは豹、Harimauは トラ、Macan Kumbangはtiger beetle(ハンミョウ)とあったが、Macan Tutulが地名になった所がある。

00taman_mini_056


昔Radio Dalamのなんたるかを探しに行った時に見つけた海軍のKomplekの中で、あとSrigala(狼)やAnoa(スラウエシ見牛)と言う名の艦船・道路名もあった。写真Macan Tutulの入口、中心の運動広場、Harimauが飾ってあるスハルト公園風景。

|

« スンターからクマヨランへ | トップページ | 進むガルーダのサービス »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/51129837

この記事へのトラックバック一覧です: Macan と Harimau:

« スンターからクマヨランへ | トップページ | 進むガルーダのサービス »