« モールの中の女 | トップページ | 3月の投資環境 政治的攪乱が匂う »

2013年4月15日 (月)

工兵隊とPETAの将軍たち

題材探しに今日のクロニクルを覗くと何と国内外とも大事件がいくつもあったことが解る。国内では
1950年 Hari Zeni (Pusdikzi) 工兵隊の日
1958年 日本とインドネシアが国交恢復
1967年 国会、最高諮問会議DPA設置法案可決
1996年 ティミカ空港で、イ軍兵16人が死亡 国外では
1912年 タイタニック号沈没。死者1513人
1947年 インドが独立宣言
1983年 浦安に東京ディズニーランドが開園
1989年 胡耀邦追悼集会を開く。天安門事件の発端

00pudizi


PusdikziとはPusat Diklat Zeni(工兵訓練センター)でありZeniとはオランダ語のGenieから来ているようで、
陸軍に属する部隊で主として歩兵(Infantri)を補助する工兵隊である。その活動は以下の9つに分類する事が出来る。Konstruksi建設、 Destruksi破壊、Rintangan ブロック、Samaran偽装、Penyeberanganクロス渡河?、 Penyelidikan調査、Perkubuan築城 Penjinakan bahan peledak (Jihandak爆薬調剤・調教、及びNuklir-Biologi-Kimia (Nubika) 原子・化学兵器.である。組織的には各師団毎に派遣隊(Detasmen)13と大隊(Batalyon Zipur/Zikon)16及び特殊中隊(Kompi)を保有している。
00_zeni_021


1950年のこの日はオランダKNILからGenieを引き継いだ日であるが訓練所はIstana Bogorを護衛する役目の建物で、日本占領時代はここでPETAの訓練が行われスディルマン・スハルト・ヤニ・スミトロ将軍以下多くのリーダーを生んだ所である。写真 上は借用したPusdikziの入口である。 Bogorに行く目的が出来たが、ジャカルタにはMatramanにZeni総局がある。

|

« モールの中の女 | トップページ | 3月の投資環境 政治的攪乱が匂う »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/51237560

この記事へのトラックバック一覧です: 工兵隊とPETAの将軍たち:

« モールの中の女 | トップページ | 3月の投資環境 政治的攪乱が匂う »