« Lotte Mall出現で行くところが無くなる | トップページ | カサブランカ高架道路の遅れ »

2013年4月22日 (月)

ゲリンドラ・バルはプレマンか

インドネシアも政治の季節になってユドヨノも社会を混乱に落しめようとする輩がいるような発言をしたがこの時期それに相当する様なニュースはチンピラ退治がある。確か3月頃チンピラ(Preman)がKebon Jerukno警察を襲ったニュースがあった。そのチンピラの棟梁はヘラキュールであるが彼は現在警察に拘留され、警察は子分ども49名と共に検察に起訴している。 同じ頃、警察は158名のプレマンを逮捕したニュースがある。00dsc04281


彼らはラスカル・メラー・プティ組の者で西ジャカルタのある住宅を差し押さえする警察を妨害したとして公務執行妨害(最長7年の刑)の嫌疑である。ヘラキュールはチモール・チムールの独立騒乱時、陸軍特殊部隊コパススで活躍したがヘリコプター事故でJakarta 陸軍病院に移送されそれ以来、Tanah Bang地区のプレマンの親玉になると共に貧乏人やその子弟の為の支援活動からゴルカールの代議士にまでなっており、コパススを率いたプラボウォのGerindora党の幹部を経てその社会的支援組織Gerindora Baru(GRIB)を立ち上げていたことはこのブログで以前に触れたことがある。丁度クブンジェルックをjalan2している時このイベントに出会ったものである。
こうして見ると既に大統領選への動きが地下で動いておりそれに国軍と警察の対立が絡んでいるような構図が見えてくるようだ。
写真はGerindra Baru立ち上げのときのイベント会場、此処が根城なのか

|

« Lotte Mall出現で行くところが無くなる | トップページ | カサブランカ高架道路の遅れ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲリンドラ・バルはプレマンか:

« Lotte Mall出現で行くところが無くなる | トップページ | カサブランカ高架道路の遅れ »