« ジャカルタのミニ民局 | トップページ | 林立のインドネシアTV局と日本番組 »

2013年4月27日 (土)

インドネシアの投資統計

インドネシアの投資統計が追えなくなって、手にも負えなくなった。昔は、容易に数字が取れ、逆に不審を抱かせるものであったが今日、JETROさんの資料では2011年の統計までちゃんとある。
ちなみに一部記すと 件数、総額 内日本からの投資の順で金額は億ドルである。
2007年  982件   103.4  6.2
2009年 1,221件  108.1   6.8
2011年 4,894件  194.7  15.2
これは実現ベースと言うのでBKPMが進出済みのPMA企業の定期決算報告からでも取ったのであろうか。 報告をしない企業も沢山あるので何とも言えないが、数字を見ると:
本来何百億と言われる金額は少々小さいし、これが燃えるインドネシアの外国投資かと言うと、可愛そうな気もする。件数たるや2010年も3081件で従来のベースとかけ離れている。
IUT取得ベースで数えたのならそれほど水膨れする事も無いが、それをそのまま読めば1件当たりの投資額が小さくなったと読まざるを得ない。 何百億ドルと言うのは2007年申請ベースでは401億、1995-1997は3年平均345億ドルである。
00_bkpm_gotot_6


結局あまり読むことは意味をなさないかもしれない。 申請ベースの統計も政権筋で粉飾されたような時代を思い起こすとどっちもどっちであり、超然としているBKPM(投資調整庁)のビルの写真を思い起こした。

追:2012年は第4半期が長官の言葉を借りると54億ドルの洪水となり通年では228億ドルとなったようだ。

|

« ジャカルタのミニ民局 | トップページ | 林立のインドネシアTV局と日本番組 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの投資統計:

« ジャカルタのミニ民局 | トップページ | 林立のインドネシアTV局と日本番組 »