« 明治座140年 観光資源へ | トップページ | モールの中の女 »

2013年4月13日 (土)

Wantahanas と Lemhannas

00dsc04561


ムルデカ・バラットの政治・法律・治安担当調整大臣がある敷地には三つの省庁がある。その一つがWantahanasである。この機関の設置は意外に早く、最初は1946年6月6日に非常事態に関する1946年法律第6号により、オランダの侵略に対処する目的でDewan Pertahanan Negara (DPN)国家防衛評議会が設置された。
そして54年6月6日には法律第29号で国内の事変に対処する為Dewan Keamanan Nasional (DKN)国家治安評議会(DKN)に衣替えした。
その後もコンセプトと名称の変更がなされ、簡単にいえばDepertanからWanhankamnasへそして1993年から現在のDewan Ketahanan Nasional (Wantannas)に又戻っている。
00kebun_seirih_041


同様な機関でLembaga Ketahanan Nasional(Lemhannas)国家強靭性研究所がKebon Sirih通りにあるがどの様な分担になっているのか不明ながら最近までその活性化が議論されている。

|

« 明治座140年 観光資源へ | トップページ | モールの中の女 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/51206975

この記事へのトラックバック一覧です: Wantahanas と Lemhannas:

« 明治座140年 観光資源へ | トップページ | モールの中の女 »