« Unikaで憩う | トップページ | ジャカルタ 486 次はスペクタクルショー »

2013年6月22日 (土)

メガの娘 Maharani

00amegawati_rumah_aug_08_6


先に亡くなったタウフイック閣下とメガ元大統領との一粒種はプアン・マハラニ王女である。この人の名前Puan Maharani自体が女帝の娘と言う名前である。Puanはperempuanのpuan(女性)であり、MaharaniはMaharajaの妻(皇后或いは女王)と言う意味なのである。
Puandalem


この9月で丁度アラフォーになる所(1979年生まれ)であるが彼女はいわば幼い時から母親の政治活動に付いて廻ったので政治には明るいかもしれない。母親の政党に所属し国会議員になったのは2009年からである。インドネシア大学を卒業し早くからスカルノイズムの継承する政治活動をおこなってきた。
Taufiq Kiemas氏が亡くなったのはこの8日であり、国民協議会議長としての後継者は未だ決ってないようだがその掛け声も高い。今の副MPR議長は同じPDIP党のSecretary, Pramono Anung氏であるが、彼は、”なるならDPR議長だ” と誇示しているのやら欲望丸出しなのかはしらないが、或いはPuan女史の道を作っているのかも知れない。彼がなるなら小生に取って前代未聞の見知らぬ人である。
Puan女史の映像を探したがこのDetik.comの写真はおしんの母親に似てるような気がする。

|

« Unikaで憩う | トップページ | ジャカルタ 486 次はスペクタクルショー »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガの娘 Maharani:

« Unikaで憩う | トップページ | ジャカルタ 486 次はスペクタクルショー »