« またもや投資手続き規定の改定 | トップページ | 国営PPDのPATASとは »

2013年7月14日 (日)

燃料値上げに揺れた6月・経済停滞顕在化

燃料値上げ反対デモ、全国で吹き上げる中成立、インフレ必至。既に問題化している輸出減退と外準1,000億ドル割れで、
ルピア・株価いずれも続落、外国資金流出で経済成長減速に、大統領も言及(6/12)する中、BIは2年4ヶ月ぶりの金利引き上げ5.75%→6.00%(6/13)で経済かじ取りが重要になる。
関連ニュースは
6/1  Q2経済成長率6%割れも:中銀(BI)新総裁が見通し。
6/1  ミドルクラスのインカムトラップによる国内経済の停滞に警鐘
6/7  今年5ヶ月間で外貨準備高77.8億ドルも減少、為替介入などでとBI。
6/13  BIは翌日物銀行間取引金利引き上げ4.00%→4.25%。
6/17  補正予算案、国会で可決。補助付燃料値上げへ、普通ガソリンはRp4,500→Rp6,500。

その中で
6/4  第一生命保険、直/間接出資合わせてパニンライフ株40%取得契約、約340億円。
6/5  ノリタケ、ブキット・インダ内工場で厚膜回路基板の生産設備拡充へ、約5億円
6/13  JFE商事スチール、MM2100に自動車向け鋼材加工第2工場増設へ
6/17  ミシュラン、チャンドラ・アスリ子会社と合弁で合成ゴム生産へ、投資額4億ドル。
6/17  江崎グリコ、ウイングスグループと合弁で、海外初のアイスクリーム製造へ
6/19  ミニストップ、ビンタロ1号店開設、ウディンダ・カンパニーと提携し
6/22  ロッテ・ショッピング・アベニューをオープン。中にはユニクロ等
6/27  アサヒ、合弁子会社通じてペプシコーラ・インドべバレージズ買収へ

6/11  英QSのアジア大学ランキング:UI 64位、トップは香港科技大、東大は9位
6/25  イ人向け短期滞在数次ビザの滞在期間を15日から30日に延長:日本政府。
6/28  羽田空港発着イ路線拡大へ:日本の国土交通省。

|

« またもや投資手続き規定の改定 | トップページ | 国営PPDのPATASとは »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃料値上げに揺れた6月・経済停滞顕在化:

« またもや投資手続き規定の改定 | トップページ | 国営PPDのPATASとは »