« 井口氏の「ジャワ随筆」と総督達 | トップページ | 空港税関検査の日イ比較 »

2013年7月22日 (月)

Kota tuaの範囲

00kota_tua_trim
コタ・トアの範囲について問題を投げかけた事があるが、大分前にコタ駅の辺りを車で動いた時コタ・トアの観光地図を見かけた。
Peta20wisata72


少し写真は小さ過ぎるのでいずれ又取りに出掛けようと思ったが市のサイトでも見つけたがやはりコタ・トアとはスンダクラパ一体(Luar Batan含む)とファタヒラー一体(カリブサール及びその西部含む)である。

更に正式にはJakarta市はコタ・トア整備ガイドラインを設けており、そこでも二つの地域として分けて書いてある。
それによると
ゾーン I
1. Kampung Luar Batang
2. Pelabuhan Sunda Kelapa
3. Museum Bahari
4. Pasar Ikan
5. Galangan /Benteng

ゾーン II
1. Roa Malaka
2. Kali Besar
3. Kampung Bandan
4. Fatahillah
5. Pintu Kecil
6. Stasiun Kota
である。
ガイドラインをのぞき見するとゾーンIIで歴史的遺産・保護文化史跡は91を数えるが可能性のある開発としては全てRestoran、Toko Ritail、Galeri、Hiburan(エンターテインメント) 或いはJasa Pendidikan(教育サービス)と書いてあるだけなのが気になった。

|

« 井口氏の「ジャワ随筆」と総督達 | トップページ | 空港税関検査の日イ比較 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/52551523

この記事へのトラックバック一覧です: Kota tuaの範囲:

« 井口氏の「ジャワ随筆」と総督達 | トップページ | 空港税関検査の日イ比較 »