« 国営PPDのPATASとは | トップページ | ミクロレットにも改革の風 »

2013年7月16日 (火)

Perjan => Perum => Persero

バス会社の国営企業DamriとPPDが登場したが共にステータスはPerumである。Perumと言うのは国民への福祉の為の企業であるが、営利を目指すものである。
赤字でも予算措置のある完全な福祉国営企業はチプトマングンクスモ病院等Perjanと言うステータスである。これは関連省に帰属するJawatan(部門)である。昔Perjanの法律が整備された時翻訳をギブアップした事を思い出した。
一方民間の参加もいとわない完全営利国営企業はPerseroというステータスで且つPTである。此方の社員は最早公務員のステータスが保証されてはいない。政府としてはPerjanからPerumへ更にPersoroからGo-publicするのを望んでいるのであろう。その典型は上場までは未だであるがPT Pegadaian Persero(国営質屋)とPT.KAI Persero(国鉄)である。

|

« 国営PPDのPATASとは | トップページ | ミクロレットにも改革の風 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Perjan => Perum => Persero:

« 国営PPDのPATASとは | トップページ | ミクロレットにも改革の風 »