« インドネシア・ダービー | トップページ | 国営企業と担当大臣府 »

2013年7月10日 (水)

ガルーダの搭乗率

今回帰国のガルーダ機 A330-200の搭乗者はビジネスが14人、エコノミーが121人の合計135人であった。
00dsc_0121


これはCabin Attendantに聞く訳であるがそう言えばいつもその様な答え方をして小生は合計を出していたのであるが、今回シート・キャパを聞くとすぐに答えられなかったので機内誌を見ることにして初めて、今まで小生はこれを間違ってブログしていた事に気がついた。
機内誌にもその様に分けて記載あるのを、エコノミーの欄が合計だと思っていたのだ。おいおい遡って修正してみるが、とりあえずキャパを記すと今回330-200は222人、前回2度ほどあった330-300機は257人、いずれ入ると思われるBoeing777-300ERは314人である。従い今回の合計135人の搭乗率は61%となるが、後ろの方は空いているのでいつものようにハイエナのように日本人が飛び立ってから移動してきた。今回のパーサーは最後尾シートをキャビンアテンダントの荷物で確保し2度ほどそこを覗きにきた男どもを逆退させ確保成功していた。 そして彼はそこでゆっくり眠るのであった。

|

« インドネシア・ダービー | トップページ | 国営企業と担当大臣府 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルーダの搭乗率:

« インドネシア・ダービー | トップページ | 国営企業と担当大臣府 »