« 意味のない情報 Pacuan Kuda | トップページ | インドネシア・ダービー »

2013年7月 5日 (金)

ゲンブロン山羊とパッサール

5月末のブログ「伝統市場の整備」で市営伝統市場運営会社 PD Pasarが各地の市場を新しいビルに置き換えている話の中で 既に完工している中に JatinegaraとGembrongがあると紹介したが、この Gembrongなる地名は初めてでいずれ探していかねばと思っていた。
00dsc_0039


先週ゴルフ帰りに渋滞を避け小道に入ったところ、偶然にもこのPasar Geronbongに遭遇する事が出来た。不思議と言えば不思議である。 Suprapto通りのCempaka ホテル側の次の道を南に下っていく道で通りの名前はKampung Rawa Selatanであった。
00dsc_0041_2


その先を行くとJohar BaruからPercetakan Negaraに出る道である。あっと通り過ぎた時、さほど大きくは無かったので後戻りすることなく、この程度の写真で我慢する事にした。Gembrongという名前は通り名にも地区名にもない。何故この様な地区名でもない名前が市場の名前になったのか解明できてないが、Gembrongと言うのはヤギの一種であることは解った。 何時の頃かカシミールヤギとトルコヤギがバリに持ち込まれ、バリで交配してできたのがKambing Gembrongと言う事だ。体毛が長く顔に掛かって犬の様な感じである。

|

« 意味のない情報 Pacuan Kuda | トップページ | インドネシア・ダービー »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/52322728

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンブロン山羊とパッサール:

« 意味のない情報 Pacuan Kuda | トップページ | インドネシア・ダービー »