« 燃料値上げに揺れた6月・経済停滞顕在化 | トップページ | Perjan => Perum => Persero »

2013年7月15日 (月)

国営PPDのPATASとは

59110213ppd_doc_antara


二昨日のPPDであるが、これには小生めったに出食わしたことが無いのかアルバムを探しても無かったので写真はAntaraからの借用である。ただ先日の写真のAPTBであるが、PPDも運航に参加している。

00dsc_0018


その時の写真のバスはマヤサリであったが。
国営企業担当省管轄のこの企業は既にDKI政府に移管されたようで大臣の了承も議会の承認も下りている。
此方の歴史背景はオランダ時代のバタビア交通会社(BVMNV)に始まり、日本時代はジャカルタ市電となったが独立宣言の週にはメンテン31グループにより新政府が接収した。 正式には1954年国営化されPPDとなった。市電が廃止されたのは1962年頃出あったのでその後バスに転換したのであろう。
現在はPATAS AC付きでAC10とかAC17ルートで市内6ルート Non-AC で市内11ルート、APTB 4ルートBekasi方面及び観光バス等を運行している。 PATASとはエアコン付きだがそうでもないのが有るそうで PATAS = CePAT dan terbatASと解釈する人もある。序でAKDP = Angkutan Kota Dalam Provinsi
AKAP = Angkutan Kota Antar Provinsi bisa Antar Pulau

|

« 燃料値上げに揺れた6月・経済停滞顕在化 | トップページ | Perjan => Perum => Persero »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国営PPDのPATASとは:

« 燃料値上げに揺れた6月・経済停滞顕在化 | トップページ | Perjan => Perum => Persero »