« Luna Maya日本合作映画にアリエル? | トップページ | 首都のバス会社と渋滞防止 »

2013年7月28日 (日)

ジャカルタVISA事情

00_indon_dutabesar_dsc_0132_3


久しぶり東京でのインドネシア大使館でマルチビザを取得した。 数年前東京でのVisa取得に失敗した後、ずっとシンガポールで取ることにしてきたからである。 
00visa_guide_dsc_0160_3


今回はジャカルタでPT. Indomalco社にお願いして、現地許可をたった2日で取ったのも驚きであるが、この現地許可の公電があると、東京の大使館もフリーパスであった。
以前は何か不祥事でもあったのか、後任の若いイ人職員が根ほり葉ほり目的を聞くので結局失敗したのである。会議程度であれば到着VISAで良いじゃないかと言うし、仕事をするといえば就労VISAにせよと言う。 
小生就労の定義があやふやなことが問題であり、一度考えた事がある。 就労とはそれを評価して対価を払う場合を言う事にすればどうだろう。 日本で払ってくれる会社もない小生は明快である。普通この様なVisaは日本の所属する会社の指名書添付が必須とされている。 小生は昔家内に書かせていたのであるが、これが若い職員になった時から受け付けてもらえず失敗した原因でもあるが今回やはり現地許可が物を云った。 
あの若い職員はあんなうっとうしい仕事に一生埋没するのであろうかと心配もして上げたがそうでなくて良かった事だ。その他一言チップは
1)写真は3x4cm確かに1枚で済む。 
2))写真は街で700円のボックスで1分、領事館にもあるが800円、小生は町で取ったものがあったが財布の中に  古い写真があったのでそれを使い700円は無駄になった。
3)卒業証明書は現地許可を取るために必要だったのであろうが、昔Indomalcoに預けていたのでパス。
  これも何年たっても退学は出来ないので有効なのだ
4) 申請書フォームは窓口でくれるが手書きで良い。WEBには手書き不可と書いてあったが、当然だ。 
5) 履歴書もフォームは窓口でくれるがWEBからサンプルを見てむかし作ったフォームを改定しプリントした。
6)目的も詳細記載の事とあるが、市場調査程度で良い。
7) 写しは念の為3枚取って行ったがすべて1枚でOK 100円ばかり無駄となった。
あとはWeb或いは壁表示の写真の通りで良い。

|

« Luna Maya日本合作映画にアリエル? | トップページ | 首都のバス会社と渋滞防止 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタVISA事情:

« Luna Maya日本合作映画にアリエル? | トップページ | 首都のバス会社と渋滞防止 »