« ワヤン博物館に眠る総督達 | トップページ | City開発でコートダジュールに »

2013年8月11日 (日)

7月の投資環境トピックス(2013)

景況翳りを知らず自動車産業は再拡張の時代か
7/2  世銀が今年のイ経済成長率予想を当初の6.2%から5.9%に下方修正
7/5  外貨準備高1千億ドル割れ:BI。ルピア安の進行が心配されている(8日)。
7/11    BIレート再び引き上げ6.0%→6.5%。

7/4  自動車市場が新記録、上期販売台数600,352台に到達:協会。年130万台の声
7/8  タタ、9月メドにイ進出、乗用車・商用車販売開始へ。
7/9  クライスラー・インドネシア、新車種「クライスラー300C」発売
7/16 低価格グリーンカー工業省令:980-1,200cc、燃費20km、イ風ロゴ、Rp95m限度
7/18 ホンダ、小型車・低価格グリーンカー「ブリオ・サティヤ」生産へ、1,200cc。
7/23 オートバックス、インドモービル51%と合弁へ、資本金1,800万ドル
7/24 トヨタ、エンジン工場新設計画、投資約230億円、2016年稼動見込み。
7/28 スズキ、自動車工場増設計画、「ワゴンR」、グリーンカー 投資計1千億円。

|

« ワヤン博物館に眠る総督達 | トップページ | City開発でコートダジュールに »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月の投資環境トピックス(2013):

« ワヤン博物館に眠る総督達 | トップページ | City開発でコートダジュールに »