« ミクロレットに続きMetroMini改革 | トップページ | 一番古いコーヒーショップ@Bakoel »

2013年8月 1日 (木)

クーン総督埋葬の頃

5月のブログでワヤン博物館にあるクーン総督のお墓に1634年と書かれている年代が解らないとしたが、これは死亡年ではなく移されて此方に埋葬し直された年である。
00coen_di_wayang_museum_054


クーンが死亡したのはスルタン・アグンとの戦い(1628~29年)の中であり、時期が合わないのはその間、バライ・コタ(現在の歴史博物館)にあり、その後移された経緯がある。
ワヤン博物館の最初の教会はSalibkerk(十字教会)と言いスペッくス総督の1632年に計画(着手)されディーメン総督の1640年にオープンとなったが、これも1634年と1640年と時期が合わないかもしれないが、ともかくお墓が先だったようだ。
彼が死んだ1629年は現在の歴史博物館のバライコタは1710年にリーベック総督時代に完成したもので、これではなく既に2代目(1627-1707)のバライコタがあったのである。何故バライコタになったかと言うと、当時あった教会堂はマタラムの攻撃で焼失していたのである。
それほど意味のあることではないので、年代合わせはこの辺りでやめよう。

|

« ミクロレットに続きMetroMini改革 | トップページ | 一番古いコーヒーショップ@Bakoel »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/52692820

この記事へのトラックバック一覧です: クーン総督埋葬の頃:

« ミクロレットに続きMetroMini改革 | トップページ | 一番古いコーヒーショップ@Bakoel »