« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の投稿

2013年9月30日 (月)

若きストリート ミュージシャン

00dsc_0082


イオンのモールの連絡コリドーからギターの歌声が聞こえる。ショッピングの帰り寄って見ると若い人達がギターライブをやっている。若いミュージシャンの他にぴったりくる言葉がある筈だが自作のポップをギター伴奏に歌っている。素晴らしい声量だ。ギターの方も抜群である。コードの押さえとフインガリングに見とれ、体ごとギターと歌にぶっつける歌い方はストリートパフォーマンスとしてはもったいない。お皿とかないので投げ銭で生計を立てている芸人ではないだろう。山口君と堀切君と名前だけ聞いて家路についたが彼らが身近にいるのなら何時でも又見に行く気になった。小生の持ち物で一番古く埃をかぶっているのがこのアコースティックギターなのである。それは小生の何も得意なものが無いという事の象徴でもあるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

Where have all the generosity gone for ISLAM

イスラムの寛容さはグス・ドゥルに学んだが、何時まで経ってもそれは感じない。Miss Worldに容赦しない男たちの感覚はどうなっているのだろうか
水着姿になるだけで自分を制御できないのか。是非Kedermawan、Hati kemulahaanを取り戻してほしいものだ
今年のMiss Worldはインドネシアのニュー・華人実業家(MNC Groupの Hary Tanoesoedibjo)がスポンサーになって呼び込んだが近ずくに連れイスラム勢力の狂った抗議活動に、イスラムのないバリに避難し行う事に決めたのであるが、益々激こう、バリに乗り込んで実力行使をすると脅迫行動に至っている。そして今日がその日であるが 未だニュースはない。
イスラムは過激派だけかと思っていたらイスラム指導者のMUIが先頭に立っているそうだ。
MNCはメディアグループでもあるのでテレビ放送がある筈だが、やりたければ怒りで自分のTVを破壊すればよい。
87%のイスラムが10%程度の小勢力を潰そうとする動きはみっともないものである。
78


ミス・インドネシアについては幣ブログ「インドネシアのミス・ワールド 対ミス ユニバース」で紹介したが今年はぜひ入賞して反対ムスリムに溜飲を下げさせ或いは覚醒し反省させてほしいものだ。 (写真はKomapasより借用)

一方ではジャカルタ観光推進局はジャカルタへ外国観光旅行者を呼び込むため、Jakarta Roadshowを展開しているが、彼らの売り込みポイントはジャカルタの歓楽である。
00dsc_0013


彼らによるとジャカルタには1,257ケ所のエンターテインメント・レクレーションのスポットがあり、その種別は19で多くの豪華モールや豪華Spaがjoy and comfort を与えると宣伝しているのが気を強くする。

追記:ミスワールドの栄冠はフイリピンに決まった。2位はフランス(10位までに仏伊英米あり)、3位はガーナ(同
カメレオン、南スーダン、キプロス、ブラジル、ウクライナ)となった。 残念! まぁフイリピンは頑張ったなぁ
追々伸:上記はどこの出典だったのだろうか。更にサーチするとインドネシアは第7位でTalent Competitionにも選ばれている。トップ10の国は
Miss Phillipine, Miss France, Miss Ghana, Miss Spain, Miss Brazil, Miss England, Miss Indonesia, Miss Australia, Miss Nepal、Miss Jamaica(一部順不同)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

ブロックMの時計屋

今さら必要な訳ではないが引き出しに壊れた時計がふたつもあり、昔からに修理なら日本よりジャカルタが気持ちがいいと持ってきていたのを修理に出した。
00dsc_0100


時計屋に行くのはいつもはメラワイ・プラザと昔から決っていたのであるが今回はブロックMスクウエアーにした。と言うのはこのブロックMスクエアーの店は前回時計を買ったことがあり、その時その店はメラワイプラザに居た時計屋だと解っていたからである。そしてその時5万ルピアの値引き交渉した後、もうだめかと思っていた最後にそっと5万ルピアを戻してくれ気持ち良くしてくれた恩返しに又行く気になったものである。 
00dsc_0110


メラワイプラザから移転したと言うのは多分あのプラザは建て替えるのではないだろうか かなりの店が既に閉店していたりしてさびしい雰囲気である。 いつの時代だったか多分80年代か90年代初めと思うが良くここには行ったものである。
そのせいかブロックMスクウエアーの店は2軒あり向うに見えるのもこの店 Mutiaraである。 Goldとjewelleryを扱っている。 丁度前回5万ルピアを戻してくれた店員も此方側に居た。 Jewelleryと言うのは英米若干発音が違うのか難しいが発音してみたら、彼女はちゃんと解ってくれてジュエリーと答えてくれた。今さら必要ないと言うのはドイツ時代の50年前のTissotと此方も大分昔になるがジャカルタへの進出をお手伝いしたギラロッシュでどちらも記念であるが使い道はどうあれ動かして見たかったのである。
00dsc_0101


Guy Larocheの方はなんとか治ったがTissotは合う部品を探すと言うのでそのまま預けて来た。後で考えると前金も払わなかった代わりに預かり証も貰わなかった信頼の注文であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

タナクシール墓地と Jalan Ali Sadikin

00dsc_0069


タナ・クシールの共同墓地(TPU Tanah Kusir)を通ることが有ったので又寄って見た。以前はハッタ元副大統領のお墓が有ると言うので訪問しブログにもしたが、それはそれなりに立派なものであったが、
00dsc_0066


サディキン元ジャカルタ知事のお墓は周りのお墓より見劣りする位であった。写真の真ん中の花が飾った墓がそうである。
00dsc_0061


このTPUは広大できれいに整備されており、もうあいている地所もないかもしれないが相当高い値段が付いている。埋葬の時は海軍参謀長以下海軍葬で厳粛に執り行われ、多くの人が見送った。その中にB. Nasution、Poppy Darsono、Ciptraも居た事が気を引いた。亡くなったのは2008年5月故もう5年もなるのだ。1927年Semedan生まれで82歳であった。
彼は1966年から1977年に渉りジャカルタ知事を務め、多くの事績を残した。いくつか上げるとTaman Ismail Marzuki、Taman Impian Jaya Ancol、Kebun Binatang Ragunan、Taman Ria Monas、Taman Ria RemajaPusat Perfilman Nasional Usmar Ismail、Gedung Joeang 1945 、Museum Naskah Proklamasi、Museum Seni Rupa、Jakarta History Museum,、Prasasti Museumなど殆どのMuseumは彼が手がけたと言ってもいい。
又彼が始めたものにJakarta Fair  Abang dan None Jakarta、PONなど、
Senen Projekt、kota satelit Pluit、Bus Kota、Betawi di kawasan Condetの整備事業とう枚挙にいとまない。カジノやPeraculanの地区も認め街は華やいだ。その前はスカルノ内閣で運輸大臣も務めている。

最近モナスの四周の道路の名前Merdeka東西南北をスカルノ・ハッタ・スハルト・サディキンの名前にする提案があり、この提案ではインドネシアのBIG4にサディキンが入った事を意味する。 このMerdek東西南北と言う名前にはロマンはないがその昔はケーニクス・プレイン東西南北と言われたもので変更する必要はないと思うのだが。彼の家はパンチャシラ大学の前のJalan BorobudurにあるのでこのBorobudurと関係ない道をJalan Ali Sadikinに変えたらどうだろうか。但し少し先に別の偉い方もいるので論議を呼ぶが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

Bogor heritageが560ケ所

00istana_bogor_trimdscn0097


ボゴールに行ったのはもう6年も前の事になり、見逃した事もあり一度又いきたと思って行き先リストを作って見た。ここでは27ケ所であるが市が発行したBogor Heritageの書籍には560ケ所もリストアップされていると言う。
ここの27ケ所ですら1日では無理で市街のCianpeaの古代遺跡などを含めると3泊くらいは必要となろう。まずは泊まり覚悟で名門Hotel Sarakに泊まり、
00bogor_07_062


市役所Balaikotaでこのheritage案内本を購入し、1日目はボゴール植物園とボゴール宮殿だろうが、宮殿に行くには事前の申し込みが必要な筈だ。
2日目も下のオランダ時代の建築物を巡るだけでも1日では終わらないだろう。
PETA モニュメントはシリワンギ師団の中にあるのであろうか、そのセットも簡単には行かない気がする。ボゴールは古代から又中世の伝説のなかにも生きてきてオランダ時代に装飾を施した歴史のある都市なのである。
1. Istana Kepresidenan Bogor:Botanical Garden, 1745
2. Istana Batu Tulis
3. Monumen dan Museum PETA : Komplek Pusdikzi TNI-AD
4. Musium Zoologi :Dr. JC Koningsberger,1894.
5. Balaikota Bogor Jalan Ir. H. Juanda No.10 Bogor、gaya Kolonial Belanda
6. Gedung Blenong/BPN, Bogor Jalan Harupat、abad 17
7. Kantor Pos Bogor Jalan Ir. H. Juanda No. 5、April 1845
8. Kapel Regina Pacis, Kompleks komplek Sekolah Regina Pacis,Kolonial
9. Stasiun Kereta Api Bogor:1881
10. IPB
11. Badan Planologi Kehutanan
12. Kejaksana Negeri Bogor
13. Gereja Zebaoth Jl. Ir H Djuanda no. 3 ,Belandea
14. Hotel Salak :Binenhoff Hotel atau Bellevue Hotel
15. Gedung Karesidenan Bogor : Kelurahan Pabaton, 1908
00bogor_07_023gkathedral


16. Gereja Kathedral 1881 Mgr. AC. Claessens kolonial
17. Balai Penelitian Bio Teknologi Perkebunan RI : 1926: Jl Taman Kencana
18. Markas Kodim 0606 Bogor :Jl. H. Sudirman No. 33,Kantin Tentara Belanda
19. Markas Korem 061/Suryakencana : Jalan Merdeka No 6、kolonial
20. Lembaga Pemasyarakatan Bogor :1966
21. Gedung RRI REGIONAL II Bogor : Kolonial: Jalan Pangrango No. 34
22. Rumah Panti Asuhan :Juli 2003
23. Makam Raden Saleh : KOMPLEKS makam Raden Saleh
24. Gedung SMA-SMP Negeri 1 Bogor :1946
25. Gedung SMA YZA-2 Bogor : Kolonial : Jl. Semeru No. 41
26. Rumah Sakit Salak : Jl. Jenderal Sudirman No. 8: Kolonial
27. Gedung SMP Negeri 2 Bogor : Jl. Gedong Sawah IV No.9, Kolonial

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

PAGUYUBAN パグユーバン

数日前のブログ「ゲンブロンはこっちが本家」で出て来た移転反対の抗議を展開している住民の事業者団体がPaguyuban Gembrong Market Street Vendorsという名前であった。
このpaguyubanを単に連盟と訳しておいたが、モット謂れがあり意味が有るはずと頭の隅にあった言葉でずっと報道で出てくるのを待っていた言葉である。
20agt20seabad20paguyuban20pasundan2


最初ので出会いはインドネシアの歴史の中のストーリーとしてPaguyuban Pasundanであったが、歴史の中でこそ出て来たが最早現代には無いものとも思っていた。まずは意味であるが英語で言えば単にCommunityとしか出てこない辞書もあるがサークルとかクラブの意味もある。国語辞書風に説明すると
pa•gu•yub•an n perkumpulan 集まり yg bersifat kekeluargaan 家族的, didirikan orang-orang yg sepaham (sedarah 同一見解をもつ) untuk membina persatuan(団結組織) (kerukunan一体・調和) di antara para anggotanya
とあった。更に、調べて見ると多くのPaguyubanが有ることが解った。関心が有る所はPaguyuban Pasundan(スンダ文化教育団体)の他にPaguyuban Kota Tua、Paguyuban Chinese Indonesia、Paguyuban Internet Indonesia等もある。写真は2013年8月20日に100周年を祝ったP.PasundanのEvent(Pikiran Rakyat)より借用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

ガルーダのボーイング B777

日本に戻る22日はガルーダにとっての新機種B-777-300ERが就航していた。このチケットを予約した時は8月20日からの1ケ月間の限定就航であったが、その後東京線は引き続き使用する事に決めたようだ。この機種になるとは思っていなかったので聞いて見るとこの飛行機にはファーストクラスがあり、ファーストクラスの予約が有るとこの機種になるとか意味深長な答えであった。
00dsc_0068


一応恒例の乗客数を訪ねるとファースト、ビジネス、エコノミーで2-21-172=合計195であった。キャパは8-38-268=312であるので相当数ではあるが実感的には8割は行っていると思った。いつもの最後尾のMy指定席は52Hであるが何とそこには不思議な女性の先客がいたくらいでダブっているのだ。結局小生は真ん中の52のGに座われたが、この様に両サイドが空席のラッキーはまたしても小生だけと思われたからである。今までの指定席は33CであるがこれはボーイングB-330-200 である。これはファーストがなく16+186がキャパであり、長さは777の73メートルに比べ59メートル、
最高時速は777の1090kmに対し913kmであるが、不慣れなのかランディングの時は左右に大きく揺れた。今までのは中古だったようであるがこれは新品、トイレも明るく広い、ビデオも日本ものが従来より増えている。深夜は日本語吹き込みのStar Trek into darkness、朝は日本映画の「舟を編む」と言う両極端の映画を見たが、前者は眠り込んだ為、後者は時間切れで最後まで見ることは出来なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

ゲンブロンはこっちが本家

7月初めのブログでパッサール・ゲンブロン(Gembrong)の前を偶然通りかかりがパッサールが完成している所を写真に撮り紹介したがその後の報道で別のGembrongが有る事を知った。
00dsc_0221


こここそが不法占拠の店が通りを1kmほどにも渡り占拠している所で副知事(或いは東ジャカルタ知事)が躍起になって移転を働き掛けているが、ここのVendor達のPagyuuban(連盟?Paguyuban Gembrong Market Street Vendors)がデモを決行したと言う報道が有ったのである。
00dsc_0226


日本に帰るその日のぶらぶらの帰りここ(around ex JT 22 and 23, Jl. Basuki Rahmat )を通って見たが昔より大はやりの人出でリロケートが行われているのは見かけなかった。ここも地名にGembrongなる言葉は出ていないのでどちらが本家なのかGembrongの意味も7月5日のブログ(http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-ad58.htmlゲンブロン山羊とパッサール)の通りなのか疑問は解けなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

条約文書館とAPEC

国際間の外交文書はインドネシアの場合 外務省が一つの設備を持って保存している。
00dsc_0116


それがTreaty Roomと言うが今パンチャシラ記念館の横の建物にある。これは以前パンチャシラ啓蒙運動の本部(Pが7つ付く組織でブログした事がある)である。 インドネシアが最初に条約を結んで国はエジプトである。それは1947年の事であったが、インドネシアが独立宣言をした後最初に承認してくれた国がエジプトなのである。又最初のTreaty RoomはGedung Garuda (オランダ時代のRaad Van Justitie)でその後国立公文書館との協力を経て1993年から2006年までは、これも最近ブログしたシシンガマンガラジャにある外務省の Caraka Loka
であった。
00dsc_0115


今外務省はこの10月にバリで行われるAPECで大忙しの様であった。APECはスハルト時代の1994年にもボゴールで行われたがあの頃は小生も何故か多忙であった。

Gedung Garuda はスラバヤでは  10月14日のブログをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

Greja Kathedralの結婚式

00dsc_0089


金曜日の午前中にGreja Kathedralに行って見た。博物館が開いているだろうと思っての事であるが、行って見ると外の道路まで駐車で満杯である。それでも入口に近ずくと偶然開けてくれた人がおり、中に入る事に成功した。

00dsc_0071


日曜日でもないのに込んでいるのは、どうも結婚式を挙げているからの様で、これだけの人を呼べる人も相当なものだと見当を付けて聞いて見るとやはりインドネシア・トップクラスの金持ちの息子だという。ネットで調べたが未だニュースとしては無いので固有名詞は伏せておく。
さっきまでミサか何かのお祈り歌も聞こえていたが今は中休みなのか、そのすきにカセドラルの中に入ることが出来た。
00dsc_0082


入るとMuseumに行く矢印がありその方向に行くと、正面入り口の左側に2階に繋がる階段がありそこの上のようであった。急な階段でどうも3階まで行くのはおッくうになって見学は取りやめた。カテドラル自体は1901年完成のネオゴチック形式だがインドネシアのカトリックの歴史等となると相当勉強しないとミュージアム見学程度では解らないだろうと思ったからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

バクミー・ガン・クリンチ

00dsc_0104


パッサール・バルーで腹ごなしにはBakmi Gang Klinciが良い。ミーKlinciだと思っていたが、そうではなくミー Gang Klinciでその小道の名前がミーの名前になっているのだ。この名前は有名でテレビのドラマでも取り上げられ、歌にもなっている伝説のGangである。
運ちゃんに確かめたら唄い出したので相当なものだ。1960年代のものだからだ。You Cubeで聴き直すと子供向けのもののようで聞いた覚えはない。
昔ジャラン・サバンにも有ったので会社から歩いて皆で食べに行ったことを思い出したが特別な味の感覚は無かった。今回はワンタンヌードルを頼んだら食べ終わるぎりぎりにワンタンを持ってきた。
00dsc_0108


撮るつもりも無かった写真を入れて見た。この店は古く1957年からあるそうで、既に9店舗を2選級のロケーションに持っている。Blok M Squareにもある。
00dsc_0112


この道Gangの近くに更に小さな路地があり、その奥にお寺風にに見えた建物があったので近ずいて見るとそれもBakmiの店で 看板にBakmi Aboenとある。Aboenとは肉の振り掛けのあのAbonだろうか ブタを食べさせる店だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

MRTの進展

00dsc_0119_2


東急建設が国営建設ウィジャヤ・カルヤとの連合で首都MRT一部区間の工事受注、総工費約2.84兆ルピアとのニュースがあった。地下鉄の施行ニュースは3月頃日本企業が落札した報道があったのでそれで終わりかと思っていたが、よく読むと先の報道は地下区間であるので今回は地上区間かもしれない。地下鉄は今話題になっているのは南北線で将来東西線もあるが、更に南北線は工区が2つあり施工業者が分かれる。図示すると

MRT Jakarta  110.8km   2027年前線開通目標
A: 東西線  87km (Tangerang - Bekasi) 詳細未定
B: 南北線23.8km (Lebak Bulus – Kampung Bandan)
-- 2期工事 8.1km (Bundaran HI から Kampung Bandan) 2018年完成
-- 第1期工事 15.7km (Lebak Bulus から Bundaran HI)まで 13駅、2016年運転
a.地下部分  6 km 3工区 (Bend.Senayan-Bundaran HI)
内2工区 清水建設、大林組などの企業連合
内①工区:三井住友建設などの企業連合
b.地上部分  9 km (Lebak Bulus -Sisingamangaraja)
となると東急さんはどこかな。第1期工事の駅名を全てあげると 南から
00dsc_0065


Lebak Bulus – Fatmawati – Cipete – Haji Nawi – Blok A – Blok M – Sisingamangaraja – Bend. Senayan – Istora – Benhil – Setia Budi – Dukuha Atas – Bundaran HI, -- Kebon Sirih – Monas-- Harmoni – Glodk—Kota - - Kampung Bandan
00dsc_0116


現在地上区間のFatmawati通りでは道路の幅の拡張工事をやっている。やっているというかニュースではPT.Jaya KonstruksiがMRT本格工事の為の準備として道幅を広げているというのが正しく、行って見てもその工事らしい工事はなく工夫もちらり見る程度であった。まだ情報は少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

8月の投資環境関連ニュース

急落した経済指標に98年の悪夢垂れこめ大急ぎの対策は効を奏するか。
8/1  6月の輸出147.4億、上期は6.09%減の910億ドル。同月輸入は155億ドルで赤字。
背景は世界経済停滞を主因に悪化する貿易収支は2012年4月に赤字を記録、年間
も16億ドルの赤字で有ったが現在は10ケ月連続の月次赤字(累計80億)
8/2  Q2のGDP: 5.81%。第1四半期の5.92%を下回り、経済成長の減速か。
8/28には財務省も6.3%から5.9%に下方修正:  インフレ率は9.3%に
8/14 7月末の外貨準備高は927億ドル、前月より54億ドル減少:BI。
ピークは2012年1,100億ドルで徐々にはげ落ち
8/27 株価続落:株価指数13ヶ月ぶりの4,000ポイント割れ。翌日には4,000台に回復。
ピークは本年5月20日の5,214、8月20日4,174、 27日3,967と4,000割れ
ルピア下落は2010-2011の@9,000時代からゆっくり2012年末@9,885へ、そこから13年6月10,000超え7月10,300 8月20日10,600 21日10,900 22日11,250 23日11,550と急加速、現在11,000で一息できるか
急ぐ経済対策は
Aajun07_sundakelap_kota_059


8/12 労働集約型産業に税務便宜供与検討、民間消費をキープして経済成長と財務相。
8/16 来年度国家予算案:付加価値製品の生産国めざし、優遇措置
8/23 金融対策で、減税通じた輸出促進、バイオディーゼル比率10%に引き上げで
軽油輸入年125万klに抑制、奢侈品税で消費財の輸入縮小、鉱物資源の輸出割当規制緩和、投資ネガティブリストの改正、輸出型産業投資に対するインセンティブ、など。労働集約型産業への税制優遇措置発表、5兆ルピア準備。中銀(BI)は輸出業者の外貨購入手続き簡素化など。総じて冷ややかな声。
8/28 バイオディーゼル比率の引き上げで軽油輸入28億ドル節約:工業相。
8/29 運輸、工業、商業、発電事業にバイオディーゼルの使用義務:エネ相令。
8/28 保税地区製品の50%を国内販売も認めると財務相令、工業相の推薦で50%超も。

00aabi_thamrin_2


8/29 中銀が緊急会合開き、BIレートを0.5%引き上げて7.0%に、インフレ抑制で。
巷では賃金引き上げの労組の無茶な要求で更に危機を加速か。大統領は
8/29 労働集約型産業の賃金上げは年間インフレ率+5%まで、以外は同+10%まで
というが、経済界は悲鳴、工場移転は日系企業にも
8/29 バタム島ではPMA5社が撤退を決定、Sun CreationやShinetsu Magneticsなど
それでもブレーキを踏まない日本企業。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

バス・ターミナルに統一デザイン整備

00dsc02717


ジョコウイ知事の次のジャカルタ市内美化プロジェクトは市内のバス・ターミナルをコロニアル風なデザインを貫いて建設・整備することのようだ。彼に掛かると1.7兆もの予算もついている。 コロニアル風とはコタ・トアのコタ駅風なデザインでこれを統一的デザインとして使用し、市内のターミナルを全て新規に整備しようというものである。統一イメージにする着想は世界のフランチャイジーの戦略から浮かんだらしい。イメージ写真が入手できないが、ターミナルは5-Starホテルにでも入ったような気になるそうで、グリーンも多くバスと乗客の流れが機能的でStreet Venderも収容して楽しめるそうである。

三つのタイプのコンセプトがあるそうだがそれ毎にターミナルを上げて見よう。
Mezzanine コンセプト: Kampung Rambutan、Pulogadung、 Kalideres、Rawamangun.
Pedestrian crossingコンセプト:Muara Angke、Tanjung Priok、Kota、 Ragunan、 Klender 、Pasar Minggu
Combination コンセプト: Manggarai、Senen、Pinang Ranti、Lebak Bulus

写真は現在のスネントのターミナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

日イ大学のランキング

2013年世界の大学のランキング(QS)が発表された。米英の大学が上部を独占しており10位までだと米国が6校、イギリスが4校である。上位3大学は昔からの名門MITとCambridgeとHarverdでさすがである。(序でにOxford 6位、Stanford 7位)
但しロシア等は対象になってない。100位まででも米英が目白おしであるがその中で国別のトップ大学の順位を上げて見よう。
まずは日本は、東大の30位
00dsc04770


インドネシアはインドネシア大学の309位であるが、敷地は広い。 アジアのトップは
シンガポール National University of Singaporeで24位、
香港The Hong Kong University of Science and Technology 26位
戻って上位から見ると
スイス ETH 11位
カナダ トロント 17位
豪州 国立豪州 27位
フランス エコール 28位
韓国 ソウル国立 35位
中国 北京 46位
ドイツ ハイデルベルグ 51位
オランダ アムス 58位
なんとイタリヤ等出てこない国もある。香港が3校、中国 3校、シンガポール2校、韓国2校、と見てくると日本は6校あるのでそれほど落胆する事はない。東大が30位に続き京大 35、阪大55、東工大 66、東北大 75、名大 100であるが九大 133、北大 144も序でに上げておこう。
アジアのトップはどちらもイギリス植民地であったことが物を言っているであろうか インドが無いからそうとも言えないが。
その他のインドネシアの上位校ではITBが461-470カテゴリー 、ガジャマダがその後に続いて、Airlanga University、 the Sepuluh Nopember Institute of Technology、 the Bogor Agricultural University (IPB)、Diponegoro University及びBrawijadya Universityは全部701+ レンジである。
アジアのランキングも併せて発表されたが若干尺度が違うので世界の順位と異なるがそのポイントは、academic reputation、 employer reputation、 faculty-to-student ratio、 citations per paper、international faculty ratio、 international student ratio、 publication volume、exchange studentsであるが日本などこの国際性と言語で遅れを取るのであろう。此方のトップ50では東大が9位で香港・シンガポールに後に韓国や中国が上に入っているのを許してる。しかし50のうち日本は13、韓国9、中国8、香港6、台湾 6、インド3、シンガポール2、タイ2、マレーシア 1であるがインドネシアは何故か入ってない。
小生など含めて多くの日本の学生は昔は胸を貼って高下駄闊歩していたのであるが、今は少し分が悪いものの胸をなでおろす部分もあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

Bakul tukul rasa sebakul

チキニの古いコーヒーショップのBakoel Koffieをbrogしたが珈琲店なのでBakoelとは焙煎に通ずる意味かと思っていたが、どうも違うらしい。
00bakoel_takul


同じチキニ地区、Gandangdia通りの角にもBakulの店があり此方はインドネシア料理で看板の所にBakul tukul rasa sebakul、Harga Nggak Mukulとか出ていた。 
00dsc_0067


Pasar BaruにもBakul Daunと言う名前のスンダ料理のレストランがあった。Bakulとは従いあの籠を持って商いしたコーヒー売りの籠からレストランの意味が有るようだ。その看板の言葉は辞書には無いが、「店中に美味しさが溢れ、値段も高くはない」と読んでみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

二人の総督の合葬

VOC最後の総督のオーフェルストラーテンのお墓の前に番号No.20のお墓がある。
00dsc_0086


プラサスティ墓地公園の一番奥、右手である。最後の総督のお墓は地面にぬめり込んでいる有様であるが、No.20 の方は犬小屋程度の屋根が付いている。
00dsc_0084


お墓の蓋には三つの鳥といくつかの球の絵柄があり、元々は1770年に亡くなった理事会の委員Baselのものであったが大きくて立派な石であったためいくつかの合葬になったという。
それが総督アルティングとシーベルフ及びジャワ東北海岸理事官エンゲルハルトである。
2 Sep 1780 - 16 Aug 1796 Willem Arnold Alting (1724 - d. 1800) 76、16
22 Aug 1801 - 19 Oct 1804 Johannes Siberg       (1740 - d. 1817) 77、3
これでジャワで亡くなった総督は合計24人を数える。

既にVOCの凋落は明白になり1790年ウイレム5世は再建委員会を組成し、その現地側の一人がアルティング総督である。 色々理想の計画は出されたがどれも実行不可能なまま1795年本国はフランス革命が押し寄せた大革命となり、アルティングは1796年総督を辞任、最後のオーフェルストラーテン総督に譲った。 その次の総督がアルティング総督の女婿のシーベルフである。つまりこの連続3代のお墓がここ墓地公園の北隅に放置されているのである。
シーベルフの時代はソロの王家やバンテンのスルタンとも平和に共存を図った時代である。合葬されたエンゲルハルト知事はスルタン達にVOCへの忠誠宣誓方式を維持し戦乱を回避する事に成功した知事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

リア・リオ グリーン公園

00dsc_0157_2


先週のブログでRia Rio貯水池地区の開発に付いてふれたが、ここはいつもゴルフに行く時の通る道から眺められるところである。昨日はそこの近くまで行ったが既に工事開始しているようだ。
00dsc_0281_ria_rio


語源不明ながらしゃれた名前のこの地区はプロマスにあり、ジャカルタでは有数のスラムの様だが湿原/溜池の向う側にありあまり知られてないかもしれない。


00dsc_0162


ここに多くのSquatter(無断居住者)がおり、彼らを移住させるとともにその南側26haに9haの池を残しグリーン・パークにするという。無断居住者は東北側に500所帯いるがジョコウイは一旦はこれはタッチせず南西側の公園計画から始めるそうだ。
ただし建設会社Jakproはホテルも建設するという。元々の計画ではスポーツセンター、多目的ホール等の建設計画もあったが、公園は来年にはオープンするようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

未だ賑やかなパサールバルー

往年のショッピングプロムナード、パッサール・バルーにはいくつかの古いお店が今も続けており、それが今も観光名所ともなっている。00dsc_0091


未だ昔の栄光は残っているのか今以って人出は多い。何かの観光案内には番地で2,8,30,46と出ていたので全部訪ねた積りであるが表示が推定の物もあり、又何のよすがも残していないものがおおかったので信憑性には欠ける。
2番は端のほうであるがどれかは不明。
00dsc_0076


KOMPAKは昔ブログしたがこの4つの番号とは違うようだ。
0000dsc_0074


後もどれか当たれば儲けもの、Bombayは昔 Bombay & Japanで絹ファッションを売っていたがこの左がNo.30 昔K.Bagamall 今はKezia Bellaか

0000dsc_0072


コンパックなど200年の歴史をそのままの形で残しているが他の物も2階に趣を残している。
実は未だIsardas, Lee le Seng、Sin tek Bio、Bakmi Krinciなど話題を残している

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

ベスト電気、東芝、パナソニック、シャープ

00dsc_0221


ふらりとスナヤン・シティに出掛けて見た。ここにベスト電器の本部店があるからだ。なるほど広い。下の階のデパートDEBENHAMと同じスパーンである。 ベスト電器は店員に聞き出したところ新しいチプトラ・ワールドやクマン・ヴィレッジ他、殆どのモールに出店しているようだ。その他も上げるとGrand Indonesia、Kelapa Gading、Pacific Place、 Pluit Village、Central Park、Ciputra Mall、Sumarecon Serpong、Bandung、Surabaya、Makassarにもあるよと答えた女の子はたいしたものだ。
福岡出身のベスト電器は90年代初めにヤオハンとスネンに出店したが今回は2回目の進出の筈だ。平日昼間の為人影は少なかったが成功している。
00dsc_0218


偶々冷蔵庫を買う必要があり、記憶違いが無ければ自分の事務所をオープンした15年前にも値段は百万台だったので今でも1.6百万位だよと答えたら本当に1.9百万だったので不思議である。ぜいたく品税も引き上げられて10.0百万未満は非課税になった世の中である。それも東芝であり、向うにパナソニックも見える。さすが日本の技術品を誇らしく並べている。そう言えばシャープも洗濯機と冷蔵庫専用の新工場が稼働を始めたそうだ。 報道では「同社はASEAN全体で、2016年度に12年度の倍となる3000億円の売上高を目指しており、中間層の拡大が見込まれるインドネシアの新工場は計画の要となる。同国ではエアコンを除く白物家電でトップシェアを握っており、強みを生かして経営再建に弾みをつける。 新工場は首都ジャカルタ近郊のカラワン工業団地に約106億円を投じて建設。敷地面積は31万平方メートル。以下省略」
 この分野もライバルのサムスン電子、LG電子の韓国勢だが、大いに工夫を凝らし切磋琢磨してもらいたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

VOC最後の総督の墓

VOC(オランダ東インド会社)は1799年12月31日に特許期限が切れたので後は国家が引き継ぐ形で解散した訳であるが、そのVOCとしての最後の総督はOverstratenである。
16 Aug 1796 - 22 Aug 1801 Peter Gerhardus van Overstraten (b. 1755 - d. 1801)

この時代オランダ本国はフランス革命の後革命政府の膨張でオランダはその支配下にありオランダのオラニエ公はイギリスに亡命し、植民地がフランスに取られるよりましだとしてイギリスに譲渡する書簡(キューの書簡)をイギリスに与えていた。
従いイギリスも東インドに目を向け何度かの遠征でジャワもフランスより奪ったが、最終的にはイギリスはイギリスの防波堤であるオランダの国力を付けさせるため東インドをオランダに還付するのである。この後も総督は日本占領まで続くのであるが、Overstraten総督はこの激動の時代の前哨的特異な位置にあるといえる。
00dsc_0088_overstraten


そのお墓を又プラサスティ墓地公園に発見したのである。手掛かりHeuken氏のHistorical Site of Jakartaの中の1行の文字でお墓の番号が21だと言う。昔NO.20 とか見ていたので探しに出掛けた。一つ一つ番号を確かめながら歩いたが無いので諦めかけてNo.20から後ろに踵を返したその足元に放置されたようなお墓が有ったのだ。写真では汚れて判読難しいが確かにNo.21 とPeter Gerhardus van Overstraten の字が彫られている。
00dsc_0089

総督は任期途中でVOCの総督からフランス支配のバタヴィア共和国の総督になった。イギリスはマラッカ、スマトラ、パンダを落としいれジャバをも睨みフランス保護下のバタビア共和国に宣戦を布告した。1800年8月イギリスはボール引率の艦隊をバタビアに送りバタビア港を封鎖しオンラスト島のオランダ艦隊を殲滅、更にバタビア市の東部より上陸せんとしたが必死のオランダ(バタビア共和国)軍の土人も味方に編成した軍に撃退される。このイギリス軍を撃退したのがこの総督が訓練したバタビア共和国の土人部隊なのである。総督は1801年その戦乱の中で亡くなっている。それにしてもこの悲惨な総督のお墓、オランダ政府にはなんとかする金も無いのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

イオン三題

愈々イオンが動き出した。イオン環境財団のマングローブ植樹では2011年から3年計画で合計6万本強を植樹すると言う事で8月末最後の2.4万本の植樹を行った。日本から1,100人のボランティアが来たと言うから驚きだ。我々現地に居るものも協力すべきだと思うがいつの間にか終わっていた。本体のイオンは90年代中ごろだったか会長自身が現地視察にお見えになったが、今回シナール・マスを起用し大型モールを展開する話が鍬入れまで現実化してきた。郊外開発型が進出の基本である通り、
00bsdb2_2008_mar_088


今回はBSDセルポンに16.5万m2の大型イオンモール、次の候補はデルタマスと聞いている。
忘れてならないのはミニストップである。ミニストップはイオングループのコンビニでファミマに続き進出した。1号店はビンタロー である。
これでコンビニ業界上位が全部でそろった事になるが都心で命を削るより、これから発展する地方に合わせてインドネシアのサステーナブルな成長に寄与してほしいものである。局地的急激来襲は何でも良くない。郊外型なので写真はまだない。代わりに昔のBSDを飾っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

美しくなるジャカルタ

Ahok副知事がやられている。矢継ぎ早に市内の住民密集地等を開発し屋台の移住など実行するので既得権益者からは恨まれるのであろう。中でも議会無視に怒るPPPの副議長は議会召喚を要求し息巻いている。移住には移住地を用意しているので追い出しではない点スムーズであるが、彼の代だけで企画・設計・完工したのだろうか。軍が協力的であることが力になっているようだ。
Tanah BangはStreet Vendorの移住で(移住先はG-Blokビルと言う)地下自動車道の上の辺りがきれいになり、渋滞も無くなって都心へのアクセスが楽になった。Pluit Damの環境整備も完了、Gembrong toy marketのVendor移転中、、Kalibata 地区洪水対策、PulogadungのRia-Rio reservoir が次のプロジェクトとして挙がっている。 00dsc_0053kali_malang


その他各地のスラム約38ケ所の改善、浚渫事業、歩道整備、護岸工事、水門ダム補修等枚挙にいとまが無い。00dsc_0003mangarrai


写真はカリマラン護岸工事及びマンガライ水門工事。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

インドネシア企業経営8月号

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 8月号の目次は以下の通り。法人税の国際会計、移転価格の5つの決定方法、新駐事許認可、所得税計算例示など、インドネシアの経済、会計・税務、諸手続き等の重要法令の紹介など満載。
詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 「会計原則 170 (法人所得税 3)」 北村浩太郎 4 11
  4 ) インドネシアの 低価格グリーンカー・プログラム 2 15
  5 ) インドネシアの 移転価格決定の方法とその例示 5 17
  6 ) インドネシアの 外国商事会社駐在員事務所の事業許可 2 22
  7 ) インドネシアの 利益分割法の2方法 3 24
  8 ) インドネシアの 再考:外資100%の15年ルール 2 27
  9 ) インドネシアの 個人年次申告書記入ガイド(簡易SS1770) 3 29
  10 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 32
  11 ) インドネシアの 課税業者登録と取り消し 4 34
  12 ) インドネシアの 遺伝子組み換え食品の流通規制 2 38
  13 ) インドネシアの 源泉所得税PPh-21の計算例 その2 7 40
  14 ) インドネシアの 有機農業システムに関する規定 3 47
  15 ) インドネシアの 支店開設届け 1 50
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2013年7月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 3 51
  2 ) 2013年8月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 5 54
  3 ) 2013年Q2GDP速報、物価・貿易2013年8月発表 メール配信 3 59
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 「明日の街角92~鎮魂ー国家とは何か」  橋本政彦 2 62
  2 ) 「ジャカルタの一番熱い日」の著作権」 広沢勉 2 64
  2 ) 「タマン・スロパティ スロパティ公園に憩う」 西見恭平 3 66
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2012-2013トレンド メール配信 2 69
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 71
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 72
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
00incomalco_cover_aug_2013


表紙写真:中部ジャワ州都スマラン北部に位置するタワン駅。インドネシアで最古の部類に入る駅で、オランダ占領時代の1868年7月19日に正式オープンした。建物は建設当初から現在まであまり変わらないそうだが、現在も現役の駅で、ジャワ各地を結ぶ列車が発着している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

独立の8月最後の日の街並み

8月は独立宣言祈念日の月の為このブログでその独立を祝う街並みをいくつか見ることが出来たと思うが、今日から9月になると独立の国旗の化粧は取り払われるのではないかと思われるので8月最後の日、街を回って見た。00dsc_0023


見そこなった最大は大統領宮殿 独立宮殿であるが、行って見るとやはり化粧を落とし気高くすましていた。

00dsc_0054


代わりに独立記念塔は国旗に取り囲まれて又縁どられ青空に金色と紅白とが映えて美しい。

独立宣言広場はこの葉がくれに旗がめくれてスカルノの像の顔の辺りにまつわりついているのがみられたが、

00dsc_0081


独立宣言文起草記念館は車で通りすがりにどうにか撮れた。

00dsc_0145


国会はそれほどの事は無かったが少し派手ないくつかをアップしておこう。 

00dsc_0100


派手に見えるのはDPKP(国家財政・開発監督庁)、いつぞやBPKとの対比でブログに登場させた所、

00dsc_0253


シンプルな旗の林立はデザインセンター、

00dsc_0086


最後の巨大紅白旗のビル壁貼りはサンプルナ・ストラッテジー・ビルである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »