« タナクシール墓地と Jalan Ali Sadikin | トップページ | Where have all the generosity gone for ISLAM »

2013年9月27日 (金)

ブロックMの時計屋

今さら必要な訳ではないが引き出しに壊れた時計がふたつもあり、昔からに修理なら日本よりジャカルタが気持ちがいいと持ってきていたのを修理に出した。
00dsc_0100


時計屋に行くのはいつもはメラワイ・プラザと昔から決っていたのであるが今回はブロックMスクウエアーにした。と言うのはこのブロックMスクエアーの店は前回時計を買ったことがあり、その時その店はメラワイプラザに居た時計屋だと解っていたからである。そしてその時5万ルピアの値引き交渉した後、もうだめかと思っていた最後にそっと5万ルピアを戻してくれ気持ち良くしてくれた恩返しに又行く気になったものである。 
00dsc_0110


メラワイプラザから移転したと言うのは多分あのプラザは建て替えるのではないだろうか かなりの店が既に閉店していたりしてさびしい雰囲気である。 いつの時代だったか多分80年代か90年代初めと思うが良くここには行ったものである。
そのせいかブロックMスクウエアーの店は2軒あり向うに見えるのもこの店 Mutiaraである。 Goldとjewelleryを扱っている。 丁度前回5万ルピアを戻してくれた店員も此方側に居た。 Jewelleryと言うのは英米若干発音が違うのか難しいが発音してみたら、彼女はちゃんと解ってくれてジュエリーと答えてくれた。今さら必要ないと言うのはドイツ時代の50年前のTissotと此方も大分昔になるがジャカルタへの進出をお手伝いしたギラロッシュでどちらも記念であるが使い道はどうあれ動かして見たかったのである。
00dsc_0101


Guy Larocheの方はなんとか治ったがTissotは合う部品を探すと言うのでそのまま預けて来た。後で考えると前金も払わなかった代わりに預かり証も貰わなかった信頼の注文であった。

|

« タナクシール墓地と Jalan Ali Sadikin | トップページ | Where have all the generosity gone for ISLAM »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロックMの時計屋:

« タナクシール墓地と Jalan Ali Sadikin | トップページ | Where have all the generosity gone for ISLAM »