« 8月の投資環境関連ニュース | トップページ | バクミー・ガン・クリンチ »

2013年9月18日 (水)

MRTの進展

00dsc_0119_2


東急建設が国営建設ウィジャヤ・カルヤとの連合で首都MRT一部区間の工事受注、総工費約2.84兆ルピアとのニュースがあった。地下鉄の施行ニュースは3月頃日本企業が落札した報道があったのでそれで終わりかと思っていたが、よく読むと先の報道は地下区間であるので今回は地上区間かもしれない。地下鉄は今話題になっているのは南北線で将来東西線もあるが、更に南北線は工区が2つあり施工業者が分かれる。図示すると

MRT Jakarta  110.8km   2027年前線開通目標
A: 東西線  87km (Tangerang - Bekasi) 詳細未定
B: 南北線23.8km (Lebak Bulus – Kampung Bandan)
-- 2期工事 8.1km (Bundaran HI から Kampung Bandan) 2018年完成
-- 第1期工事 15.7km (Lebak Bulus から Bundaran HI)まで 13駅、2016年運転
a.地下部分  6 km 3工区 (Bend.Senayan-Bundaran HI)
内2工区 清水建設、大林組などの企業連合
内①工区:三井住友建設などの企業連合
b.地上部分  9 km (Lebak Bulus -Sisingamangaraja)
となると東急さんはどこかな。第1期工事の駅名を全てあげると 南から
00dsc_0065


Lebak Bulus – Fatmawati – Cipete – Haji Nawi – Blok A – Blok M – Sisingamangaraja – Bend. Senayan – Istora – Benhil – Setia Budi – Dukuha Atas – Bundaran HI, -- Kebon Sirih – Monas-- Harmoni – Glodk—Kota - - Kampung Bandan
00dsc_0116


現在地上区間のFatmawati通りでは道路の幅の拡張工事をやっている。やっているというかニュースではPT.Jaya KonstruksiがMRT本格工事の為の準備として道幅を広げているというのが正しく、行って見てもその工事らしい工事はなく工夫もちらり見る程度であった。まだ情報は少ない。

|

« 8月の投資環境関連ニュース | トップページ | バクミー・ガン・クリンチ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MRTの進展:

« 8月の投資環境関連ニュース | トップページ | バクミー・ガン・クリンチ »