« VOC最後の総督の墓 | トップページ | 未だ賑やかなパサールバルー »

2013年9月 6日 (金)

ベスト電気、東芝、パナソニック、シャープ

00dsc_0221


ふらりとスナヤン・シティに出掛けて見た。ここにベスト電器の本部店があるからだ。なるほど広い。下の階のデパートDEBENHAMと同じスパーンである。 ベスト電器は店員に聞き出したところ新しいチプトラ・ワールドやクマン・ヴィレッジ他、殆どのモールに出店しているようだ。その他も上げるとGrand Indonesia、Kelapa Gading、Pacific Place、 Pluit Village、Central Park、Ciputra Mall、Sumarecon Serpong、Bandung、Surabaya、Makassarにもあるよと答えた女の子はたいしたものだ。
福岡出身のベスト電器は90年代初めにヤオハンとスネンに出店したが今回は2回目の進出の筈だ。平日昼間の為人影は少なかったが成功している。
00dsc_0218


偶々冷蔵庫を買う必要があり、記憶違いが無ければ自分の事務所をオープンした15年前にも値段は百万台だったので今でも1.6百万位だよと答えたら本当に1.9百万だったので不思議である。ぜいたく品税も引き上げられて10.0百万未満は非課税になった世の中である。それも東芝であり、向うにパナソニックも見える。さすが日本の技術品を誇らしく並べている。そう言えばシャープも洗濯機と冷蔵庫専用の新工場が稼働を始めたそうだ。 報道では「同社はASEAN全体で、2016年度に12年度の倍となる3000億円の売上高を目指しており、中間層の拡大が見込まれるインドネシアの新工場は計画の要となる。同国ではエアコンを除く白物家電でトップシェアを握っており、強みを生かして経営再建に弾みをつける。 新工場は首都ジャカルタ近郊のカラワン工業団地に約106億円を投じて建設。敷地面積は31万平方メートル。以下省略」
 この分野もライバルのサムスン電子、LG電子の韓国勢だが、大いに工夫を凝らし切磋琢磨してもらいたい。

|

« VOC最後の総督の墓 | トップページ | 未だ賑やかなパサールバルー »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

ベスト電器は以前ブロック・エムのパサラヤの6階にありませんでしたっけ?何回か買い物をした記憶がありますが。

投稿: 度欲おぢさん | 2013年9月 7日 (土) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベスト電気、東芝、パナソニック、シャープ:

« VOC最後の総督の墓 | トップページ | 未だ賑やかなパサールバルー »