« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の投稿

2013年10月31日 (木)

インドネシアで飛行物体の発見

ジャカルタ向け飛行機に乗る日に向かって晴天になってきた昨日、夕方買い物から帰る道すがら天空に複数に輝く飛行物体を見つけた。
00_2


何が起こってもおかしくない最近なので胸騒ぎがしたが、一向に動く気配がなく、やっとこれが金星だと気が付いた。夕方なので宵の明星である。冬に向かい朝夕が闇が残り迫る時間が早いとよく見える年中見える訳でもない。又夕方見えたので、明け方は 明けの明星として見えるかなと朝早く起きて見る前に調べて見るとそれはない。地球と金星の公転の差で、地球から一番近い金星が太陽の手前になり、その後後ろ側に回る時期に地球の自転で起きる現象のようであるので科学音痴の小生には説明は出来ない。
00


カメラを向けて見るとちゃんとレンズを通しても見える。初めて撮る星の写真に浮き浮きした。又明日からも毎夕ジョギングすれば見ることが出来ると思ったが、考えて見ると明日はジャカルタなのだ。 インドネシア語でもVenusと言うらしいが、ジャカルタにも宵の明星が見えるのかな。到着時間は6時で少し遅いが、これを発見するのがインドネシアで最初にやることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

猿芝居に幕引き

今日のジャカルタからの報道では路上での猿回しは禁止になると言う事だ 何故かWall Street Journalの写真が傑作もあったが小生のアルバムにもいくつかある。
00p1160069


いつもは車で通りがかって撮ったもので、降りて見学するほどの事ではないからいいものはない。小生の時代感覚ではそれほど悪い事でもなくむしろ芸を仕込んで学童を驚かせ勉学に着かせるなら悪いことではない。
このmonkey road-showは現地ではtopeng monyetと言うらしいが仮面をかぶったのを言うらしい。また、Jokwo市長の新しい施策であるが動物虐待、町の安寧、或いは動物ウイルス等も理由の一つと言う事で、今のサルは一匹90ドルで買い取りラグナン動物園に収容すると言うことらしい。動物虐待運動グループは以前から訴えて来たそうだが、チェーンで釣って歩行できるよう訓練するほか、歯も抜かれており最早自然に帰る事も無く一生を終るのである。それもそうだと思う。猿芝居に幕引きとでも言おうと思っていたが大分見当ちがいである。いい写真でもないが撮っていた写真が役立つとは思わなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

インドネシアの祖国、民族、言語

00sep07_salemba_kopi_038


今日はインドネシア歴史上重要な日である。 1928年の10月28日全国の青年の団体がリーダーがジャカルタに集まりインドネシアの祖国、民族、言語はインドネシアであるとして連帯を誓った日なのである。インドネシアではこれをSumpah Pemudaと言い今日、この会議の場所となったKremat Raya 106の記念館では祝賀行事が執り行われた。
この言葉をインドネシア語と邦訳を掲げると
Pertama :
• KAMI POETRA DAN POETRI INDONESIA MENGAKOE BERTOEMPAH DARAH JANG SATOE, TANAH AIR INDONESIA
• われわれインドネシア青年男女は、インドネシア国というただ一つの祖国をもつことを確認します

Kedua :
• KAMI POETRA DAN POETRI INDONESIA, MENGAKOE BERBANGSA JANG SATOE, BANGSA INDONESIA
• われわれインドネシア青年男女は、インドネシア民族というただ一つの民族であることを確認します

Ketiga :
• KAMI POETRA DAN POETRI INDONESIA MENGJOENJOENG BAHASA PERSATOEAN, BAHASA INDONESIA
• われわれインドネシア青年男女は、インドネシア語という統一言語を使用します
祖国の統一はイリヤン勝利の日を持って旧オランダの支配全域を復し、民族はハーグ円卓会議後のRIの成立で、そしてインドネシア語は正式には1949年に国語として制定されたのである。最近のインドネシア語は進歩というか多くの外来語等を取り入れ膨張し続けており我々を悩ませている。(小生は今辞書にないインドネシア語を蒐集している)
00sep07_salemba_kopi_043


数年前にこの記念館で一生県命掲示の歴史の記録を取る小学生の姿に心打たれたことがあった。
尚この日 スプラットマン作曲の今のインドネシア国家が披露されたので三つの誓いでなく4っつの誓いと言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

HKBPメンテンとチリウン河

00_gereja_hkbp_jaumbu_46


それほどでもないが古いアルバムに自分で撮った教会の写真で、どこで撮ったのか記憶のかなたになった写真があった。 7月ごろも又思いついてラーデンサレー通り当たりに探しに出掛けて見たが見つけることは出来なかった。
00dsc_0236


9月になって クラマット・ラヤを通った時、運ちゃんにいつも同じ道を取らないで左折しろと左折させた所、この教会に行き当たったのである。 つまりそこはチキニのTIMの裏手で、そこを流れるチリウン河の向う岸の地区だったのである。
00dsc_0240


00dsc_0224


7月頃の捜索ではチキニ・ラヤからラーデンサレー通りに向かい橋を渡った両岸の道を上流と下流を行ったのであるが見つからなかった。
00dsc_0135


ずっと前は書店グヌン・アグンの岸辺を探した事もあるが、果たせなかったものも、どちらもチキニの裏手であり、その感は当たっていたのである。 この写真は既にブログにも書いたプロテスタント教会の一派HKBPの教会でMentengのHKBP とかHKBP Kernolongとか言われている。 BPとはBatak Protestantの略でBatakスマトラが最初の拠点であったインドネシアでは3番目の大きな宗派でこの教会はスマトラ外ではHKBPの一番古い教会である。1919年頃ジャカルタで形成され、教会は中国人Goun Khiam Kietの財産から拠出され1932年に建立されたが現在のは2002年に大幅に改装されている。小生の最初の写真は2006年とのデータがある。
Kernolongは地図を見ると裏手にその道があるが教会自身はKramat 4通りにある。この通りは進むとチキニ6通りとなるが、
00cikini_mangarrai_jatinegara_010


この道はチキニのBakoel Koffeの並びの郵便局の所に出てくる道であるが チキニからは行く気がしない道なので忘却の彼方になったのであった。 
00dsc_0243


ここに出てくる道も工事中であり、又上記の写真の通り上流のラーデンサレーの所とこのKernolongの所のチリウン河はどちらも大きな護岸工事が行われていた。 ジャカルタは今どんな小さな所も都市改造の工事だらけなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

惣兵衛の七不思議

1600年代、今のジャカルタに住んでいた日本人の一人にSobeなる人が居た。
00img_2


日本の海外交渉史の権威、岩生成一氏の著作になる中公文書の日本の歴史シリーズ「14 鎖国」356頁に、Sobeのお墓の写真が掲載されている。この頁は「バタビアの日本人」の章ではあるが「ジャガタラお春」と「おてんばコーネリア」の話ばかりでSobeは出てこない。首題からそれるからかとも思えるが井口正俊氏の著作の「ジャワ探求」にはもっと詳しい。
Michiel T’Sobeのお墓が触れられている、1925年刊行のドゥ・ハーン編「オウド・バタビア」等を参照し、以下の如しである。この墓は1886年、イギリスの宣教師がカリブサールの敷石となっているのを見つけ、英国教会に埋葬したが1911年にKebon Sirih 28にある日本の領事館に移した。「じゃがたら紀行」を著わした徳川義親公が1921年ここにある事を記しているが、その後紛失している。(井口氏は賞金を掛け多くの人に訪ねまわっている)
小生はその後は日本が占領したので領事館は不要となり、誰か日本人が住んだはずであるので何かした筈であるが、当時ジャガタラお春のお墓もあった筈であろうが、それさえ不明なので、独立戦争の混乱の時を含め何かあった筈である。と言うのはSobeはお墓に1605年生まれで1663年死亡と記載され、お春の死亡はその後の1697年であること、二人とも裕福に暮らしその財産の相続遺言状が現存しているからである。Sobeの遺言状ではその財産の1/3をお春の夫に譲っている(親族関係にあった?)が
00_jl_kakap


その作成は当時のヨンケルス通りのお春の家で行ったと記載がある。ロアマラカではなかったのである。この写真のJl.Kakapあたりなのだろうか。惣兵衛と言うあて字は徳川公が書いているそうであるが、それを表す証文等はない。宗兵衛の字のブログ等もあるが、あて字なのであろうか。
それはそうとしてその頃バタヴィアには鎖国で追放された等で日本人が100人規模で居た(全人口の1%強)居たが、欧米の文書にも当時から日本人は低賃金で米と塩魚だけ与えれば済むなどと重宝された一面もあるが賢くて有能且つ男は勇敢、女は淑女であったことが知れ、現代の我々はこの誇りを維持しなければならないと思う事であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

Gedung Pakuanはバンドン

00bandung_gedung_pakuan_aug08_tri_3


Gedung Pakuanと言う建物がある。バンドンにあり西ジャワ州長官官舎として使われている建物である。Pakuanと言えばボゴールであるが何故にバンドンかと言う疑問も湧く。オランダ時代の建物でその当時はプリアンガン地区理事官(Residen)の官舎であった。当時プリアンガン地区の首都はチアンジュールであったが、グデ山の大爆発を機に1867年にバンドンに移したためこの官舎もその時作られたのである。
西ジャワはタルマネガラの後起こったスンダ王国となったが、長くその東西地区の興隆を繰り返して東部には、ガルットを首都とした王国に分かれたが1482年にシリワンギ王がこれを統一しパクアン(ボゴール)を首都としたパジャジャラン王国をたてていた(1579年まで)のでバンドンでもPakuanの名前があっても不自然ではないのであろう。この建物はダーンデルス総督が好きなインディッシュ・エンパイヤー・スタイルでオランダ政府のBOU(公共工事部)の設計である。建設中(1864-1867)はオランダ軍兵士も動員され当時のバンドン県知事のR.A. Wiranatakusumahもボゴールから人々を動員し援助した。
オランダ時代から理事官官舎の後、外国迎賓館的に使用されチュラロンコン、クレマンソー、チャップリン等も訪ずれた。1955年のバンドン会議では首脳の休憩場所としても、或いはインドネシアー中国友好条約の署名なども行われた。維持費用が馬鹿にならず一時放置(?)されたが1990年に復元されて現在の使用に至っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

国際日報 なんじゃ

リッポー・タムリンタワー建設予定地の右隣はMenara Topasと紹介したがその時の写真にはそれはビルに表示なく、
00dsc02791


別の、この写真で解ったものである。 そしてそのビルの表示の下に中国語で国際日報と出ている。
日報などと書くのは朝鮮日報や人民日報など中韓で使う言葉で日本にはあまり聞かない。国際日報も新華社系列で全て国家が持つ新聞社で始末に負えない。サイトを開くとちゃんと釣魚島と言う特別頁を持ちその隣はなんと「戦争」とある。 日本のメディアで言えば「スポーツ」の感覚なのだろうか。 名前から固有名詞がなくInternational Dailyと覇権丸出しである。2001年創立したようで営業10年で6万部発行している新聞である。
この面でも日本は後れを取っているが、反則には反則でと言う訳にも行くまい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

リッポー・ストラータ・オフイス

Lippo_thamrin_2


リッポーの都心プロジェクトが発表された。それも区分譲渡のストラータ・タイトルの販売で、久しぶりか初めてのストラータ・タイトルの気がしてブログにしている。Lippo Thamrin Towerと言うオフイスである。最近Thamrinと称して大通りから離れた所を言う開発業者が居るが、此方は全くのThamrinの中心地なのである。
Dsc03943


日本大使館の横のeX Plazaの横、或いはあのBIIビルの前である。何故か忘れられていた所に未だスペースがあったのだ。これは忘れられていたと言うより手が出ない場所だったのである。90年代初めより1m2 当たり $5,000と言われていたと記憶する。
ストラートタイトルにはちょっと引かれるものがあるので、Lippo Karawatiの頁を見ると何故か写真が悪いがちゃんと情報は満たしている。
要点は: 22階建て.25,000m2と小ぶり、分譲は150m2からFull Floorまで各種あり手が届きそうだが、価格はやはり$5,000/m2である。  今手付Rp250,000,000で優先手付セールスが始まるそうだから手に入れたらどうだろう。(td900.sahidoe@gmail.com)但しハンド・オーバーは2016年末、既に3倍の申し込みとなっているようだ。
002010jan30lippo_plan_office_thamri


Mapも出ていたが写りが悪く判読して初めて上記の場所を突き詰めた。右隣りはMenara Topasと言うビルで 国際日報の看板が出ていた。
Lippoにはこの前はLippo Kuningan, Lippo St. Moritz,Lippo Holland Villageがある。
地価$5,000がどうかと言う事で最近の地価を調べようとしてもThmarinにはない。南の今ブーム化しているシマトパンは逆算すると3,000ドル弱であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

横浜 客船 3題話

1395308_1419226184962110_185960356_


友人のフェースブックに豪華客船の写真が載っていたがコメントないので彼に現場を案内させた。残念ながらその日、フェースブックに掲げられた飛鳥IIの姿は無く代わりに にっぽん丸が停泊していた。
共に三菱重工が建造し、飛鳥IIは日本郵船が持つ客船で日本最大5万トンで241メートル、にっぽん丸は商船三井保有で2万トン強である。
日本最大と言うから世界ではどうかと思うがそうなると日本は未だ 散々である。客船の場合総トン数で言うが世界最大はなんと22万トンのオアシス・オブ・ザ・シーと言う。保有している会社ロイヤル・カリビアンの僚船ボージャーオブザシーズ14万トンが横浜に来た時はベイブリッジを抜ける事が出来なく大黒ふ頭に係留したそうである。あのベイブリッジは55メートルの高さであるが8メートルも足りなかったそうだ。日本はまだまだと言うのはトン数だけではない。このランキングであるが何と日本の飛鳥は158位なのである。
00dsc_0061


にっぽん丸はだからずうと下で220位である。にっぽん円が係留している向うの奥に見えるのが防波堤の突端でそこは横浜が開校した当時の姿が残っているらしい。
00dsc_0085


そこから山下公園の方に300メートルほど移動すると氷川丸が展示係留されている。
此方になると1万トン強であるが1930年の竣工である。にっぽん丸と言えば帆船にもあるがそちらも後で調べるとなんと横浜にあったのである。そこを訪問して無いので写真もなく又の機会にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

マヤサリ・バクティで通勤

00dsc_0018


大分前のバスシリーズに戻り マヤサリバクティを取り上げる。このバス会社の名前は一度取り上げているがその時はバスの前面に掲げている新型バスAPTBであった。それは都心からバスウエー専用道路を借用しスマンギからブカシに向かっている所であった。今写真をよく見るとこれはタナバンから向かっているルート07であった。
00dsc_0068


他にBlokM-CileungsiとGrogol-Cibinongがある。この会社は1964年設立民間会社で、首都とボタベック地区を結ぶ多分、唯一最大の中距離、広域バス会社である。路線は数えると68位あり、殆ど日野車を採用しており例えば次の様なルートはAPTBを含め、通勤にも使えそうであるが小生も使った事は無いので安全の保証はない。
00dsc_0307


AC02 Kampung Rambutan-Kalideres
AC05 Blok M-Cikarang
AC132 Lebak Bulus-Bekasi
AC05 Blok M-Bekasi (Bekasi Timur)
AC82 Tanjung Priok-Depok
それでもそれほど出会わないが、ここスリピーの少し広い路面にはよく写真が撮れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

ジャワ・バルーの評価

00djawa_baroe_sinnbunn


Halo Jepangだったか切り抜きにしてきたコラムがある。タイトルはBerburu “Djawa Baroe”で、”ジャワ・バルー“を探して云うタイトルである。
00img


ジャワ・バルーと言うのは日本軍占領期に日本軍が発行したグラーフ雑誌である。Marcoなる人がそのコレクションとして探している話である。軍政監部は当時 「啓民文化指導所」を設立し文化活動を幅広く行ったがその一つが1943年1月1日が最初で月2回の発行で48回発行したこの雑誌の出版である。これは大変重要で、この2年間の文化活動はオランダの300年を超えるものがあった。確かに日本軍はプロパガンダの戦略をもっており、それは各司令官に文化を含めたプロパガンダを考案する自由を与えていた。Marcoに依れば演劇家Asrul Saniや画家のAffandiやHendra Gunawan達インドネシア現代派に多くの影響を与え、彼らは後大家に育って行った。コラムはそう締めている。
インドネシア語の中庭ブログには“1945年8月1日号まで、総計63号で 記事はインドネシア語に対して日本語の抄訳が併記されているのですが、1945年5月15日号(1945年10号=総計58号目)からインドネシア語のみになる”
とある。またここに出てくるMarcoとは20世紀初頭の著作家Marco Kartodikromoで彼も先に弊ブログの「不運だったスルヨ」と共に新聞社で働き、インドネシア民族の意識形成に重要な役割をはたした人物のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

Gedung Garudaはスラバヤでは?

9月21日のブログでTreaty Roomは昔Gedung Garudaにあったという文献があったが、はてGedung Garudaとはどこかと考えても思い浮かばず検索に頼ったがこの文献の文章“disimpan di Gedung Garuda --yang pada masa pendudukan Belanda adalah pengadilan Hindia Belanda (Raad Van Justitie)”からGedung Garuda=Raad van Justitieであるが両者をつないでいる他の文献は無かった。
00dsc_0125


Raad van Justitieとはオランダ時代の最高裁であるが、それはファタヒラーの現Museum Seni RupaであったがGedung Garudaと呼ばれた事は無い。
00p1220134


同じくダーンデルス宮殿の左端の建物も1949年から元最高裁の建物が建つまでは最高裁であったが、時期もずれている。
最高裁を離れるとスラバヤに列記としたGedung Garudaがあり、そこは御丁寧にもJalan Garudaと言う道路名で1番地である。
0_gedung_garudap3110063


そしてこの建物と紹介された建物はなんとスラバヤで写真を撮りまくった建物の一つ元Javasche Bankだったのである。この建物は1912年Hulswit & Cuyper設計のネオ・クラッシック建築である。Javasche Bank 自体は1828年に設立され1829年スラバヤ支店が設けられたと言うのでその頃は別の建物でその後ここに移ったのであろう。この建物は独立後接収され一時Bank Indonesiaが使用していた。
ますます当初のTreaty Roomから離れて行く。いずれ解明されるだろうとの予定で解っている現在の事実のみを記した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

明治記念館の朝倉高校11回生

00dsc_0014


広大な明治記念館で行なわれた朝倉高校第11回生 東京同窓会は30名の参加と盛大であった。小生は何十年ぶりの参加であったが後期高齢者に近づくにつれ毎回参加者は増えていくのであろう。11回生というと現在65回生であるので54年も経っている、しかし高校自体は110年記念事業を計画しているので半分目くらいなのである。
00dsc_0037


我が仲間は会長徳永弘美の呼びかけに福岡から奈良からと駆け付けて来たがホープのGEの発明王であるKAIKOグループ会長中垣忠彦は在シンガポールで参加ならず残念であったが清酒“国菊”で全国制覇した篠崎博之や中小企業経営の味方 羽野紘一郎、渋谷の水炊き“酒井”の酒井康隆達と二次会でも痛飲した。 その母校より古いのが明治記念館である。
00dsc_0023


以前ここを通った時 おごそかな名前から何だろうかと思っていたが、ここの生まれは明治天皇が伊藤博文に下賜した建物で戦前は憲法記念館であったが、現在は多分明治神宮が持つ私企業で結婚式場を営業しているのであった。 尋ねるとその当初の建物はこの旧本館の中の一部として吸収されてしまっているという。文化財指定でもなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

JKT地下鉄地鎮祭

874bpmfp_aust_55


10月10日はジャカルタの歴史で記念すべき日になるのだろう。何十年も夢見て来たジャカルタ地下鉄(MRT)の地鎮祭が行われた日で、やはりこれには歴史に残るJokowiが取り行う事になる。ついてる男である。どこでやっているのだろうかと報道(AP Globe)の写真からあのドゥクン・アタスである事を付きとめた。
00dsc08262


写真中央にそびえているのがCityTowerで中国の工商銀行が入居している。固有名詞を付けてないビルである。スデイルマンの銅像を過ぎて下っていきタムリン通りのUOBビルの手前で左折Uターンする通りとタムリン通りの間は昔から林になっており、ここなら地鎮祭にしろ、工事の開始にしろ一番便利であろうしここは今後交通の要綱となるポイントだからである。
00pb260062


この通りに金の滝などのレストランがあり写真を取っている筈であるがMissinngの為この駅に入ってくる列車(めったに走ってないので希少価値)の写真を掲げておこう。工事の要所にはCCCVを設け工事中の様子が解り、工事中は皆に迂回してもらうとかの配慮をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

ここもスナヤン 今はコレアタウン

昔日本人も出没したこの通りはスナヤン通りだと言うので今さら驚いた。スルヨ通りにある運動公園の裏手にあたる。その通りがスナヤン通りであるが、その又裏はすぐ洪水になるKulukut河があるようだ。スノパティからの入口辺りは日本人も幾らか済んでいたかも知れないが、要はカラオケがあったのである。そのカラオケも90年代?にはブロックMに移動したがこれも今はない。今はこの通りも韓国の焼き肉レストランなどが進出して、スノパティ通りから続くコレアタウン化している。
00dsc_0372


その通りにはホテルもあり一つはジュセニー ホテル (Jusenny Hotel)と後一つはそこからずっと先にあったクバヨランーインがあったがクバヨランインも今や無いようだ。
00dsc_0373


ジュセニーホテルの横は安っぽい韓国居酒屋があったが、雨も降ってきたので車に駆け込んだ。


  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

Urban Villageと村役場

Beritajakarta.comの英語版でKaret Semanggi Urban Village Office Burntというニュースがあった。 会社の近所のUrban Village Officeで火事があったのだ。
00dsc_0027


あの場所は会社の近くでこの写真の建物ではないだろうか、それと同時にこのUrban Villageと言う言葉に引っ掛かったのである。
Urban Village Officeとは何か記念の建物かと思っていたがこのサイトをインドネシア語に翻訳を掛けると何の事は無い村役場の事である。きっちりとkelurahanと出ている。このへんになると言葉が混乱するがポイントは日本には無い郡役場がある事、別に村desaと言う言葉がある事、これらの長にこれらの名前の母形があることだと思う。これを日本語とインドネシア語とその長と英語を書くと
村    - Desa - Kepala Desa - Village
村(町?) - Kelurahan -Lurah - Urban Village
郡    - Kecamatan - Camat ー District
となろうか。つまりUrban Villageとはこの村(町)に当たる。基本的にDesaの村と同格であるが村は県の下にしかない。町は県と同格のKota Madya(市)の下の最小行政単位なのである。日本では町村が合併してほとんで市となったので県に直轄される村は全国で184しかない。(昨日のTVクイズから) 県と市は基本的には同格であるが市は面積的は県より小さくKelurahanの数は7,000位であるがDesa は70,000単位である。
Kepala Desaは住民の選挙(Pilkades)により選出され、議会も予算もあるがLurah(とCamatも?)は市長(DKIの場合は州知事)により指名される公務員なのである。 今Lenteng Agung村長がクリスチアンと言うのでムスリムの住民が降板運動をやっているがあれはJokowi知事が指名したもので今も話し合いが続いているようだ。
Sub Districtと言う言葉もあるが国が違う、行政が違うのであるから上記の説明を含め完全な比較はできないだろうと言う事で閉めておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

2013年9月の投資環境トピックス

世界の中でイの存在感高まる:(言い過ぎ)
9/1  SBYカザフスタン、ポーランド、露と相次いで首脳会談。 G20首脳会議参加
9/20 10月のバリAPEC首脳会談に向けた財務大臣会議。官民協力インフラ開発等
9/4  世界経済フォーラムの2013-14年度世界競争力、148 カ国中38 位、12アップ。
9/6  スリ・ムルヤニ元財務相、世銀の専務理事兼最高執行責任者に。
9/19 アセアン加盟国首都政府間で協力へ、ジャカルタ宣言採択。アセアン統一ビザ
9/27 バリで開催されたイで初めてのミス・ワールド、優勝はフィリピン代表、イは7位

地域住民間、宗教間、警察報復テロなど社会コンフリクトは増幅:省略
企業・産業情報はグリーンカーの一語に尽きる
9/9  グリーンカー第1号はダイハツ「アイラ」とトヨタ「アギア」1,000cc、7,600万から
9/19 第21回インドネシア国際モーターショー開幕、日系のグリーンカー出揃う。
   ホンダ 「ブリオ・サティヤ」、日産 {GO+」、ダイハツ受注既に8千台
9/16 今年の二輪車販売目標750万台に上方修正、8月販売好調で20万台上乗せ。
9/18 低価格車の大部分は当初の約束どおり輸出に回すように:経済調整相
9/23 1-8月自動車販売、前年同期比11%増の792,358台:協会。
9/19 グリーンカーは渋滞加速と首都政府に対し、副大統領は経済の柱と反発

残る主要ニュースは
9/9  リッポーグループ、有料衛星TV「ビッグTV」開局、三井物産が5%出資。
9/9  タナベ、バンドン工場に新棟建設して生産能力75%拡張へ、投資約8億円。
9/9  いすゞ・アストラ、1兆ルピア投じて工場新設、イがいすゞ車の生産拠点に。
9/11 東急建設、ウィジャヤ・カルヤとの連合で首都MRT一部の工事受注、約2.84兆
9/14 東洋エンジとインティ・カルヤ、チャンドラ・ アスリのナフサ設備の建設
9/17 ゴールデン・アグリ、5千万ドルから1億ドル投じてバイオ燃料工場建設計画。
9/20 Aries、1兆ルピア投じてスマランにイ初の携帯電話工場建設
9/24 月島食品工業、インドフードとマーガリンなど生産へ、月島出資比率35%。
9/26 ヤンマー、EJIPに新工場、投資約75億円、産業用ディーゼルエンジン鋳物部品
7/27 リッポー、チレボンでの統合スメルター開発計画で中国のShenhua とMoU。
9/30 大和証券、バハナ証券と業務提携

9/2  単月貿易赤字が過去最大に。
9/26 イ韓包括的経済連携協定(CEPA)10月中に合意か:商業相が自信。

9/5  3万人規模とも言われる労働者デモ、来年最低賃金の50%引き上げ
9/12 今年の経済成長率を下方修正5.8-6.2%→5.5-5.9%:BI。
9/20 7月末時点のイ海外債務2,595.4億ドル、前年同期比7.3%増:BI。
9/23 バリ海上高速道路が開通、空港~ヌサドゥア~べノア結ぶ12.7km。
9/20 最低賃金以下の雇用の罪で経営者に禁固1年判決、スラバヤで収監。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

不運だったスルヨ

スノパティのSuryo通りやハーモニーのSuryo Pranoto通りと同じ名前の Adhi Suryoと云う国家英雄は未だ道路を与えられていない。かれはインドネシア民族運動の嚆矢とも言えるイスラム商人同盟を作った傍ら、初めてのムラユ語による新聞を発行し新聞の父ともあがめられている人で、その上その新聞で鋭いオランダ批判を展開し遂には流刑とされ38歳で亡くなっている。この事績を持ってしても彼の国家英雄叙勲はやっと2006年であったが、一つにはアナンタトゥールが彼に付いて書いた著作が長く発行禁止されていた事情による様ではあるが不思議である。
0013518521841742330174_suryo_tr


従い今に残るものは彼の写真しかなくインドネシア人でも知らない人が多い。彼の時代のワヒディン(道路あり)もチョクロアミノト(道路名あり)、マングンクスモ(病院名あり)も似たような姿である。あの帽子とちょび髭はインドネシアの侍だったのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

ハワイアン フラとの繋がり

00dsc_0096


家内の知人のフラダンスの発表会に誘われて行って来た。八千代台本部のカヴァイオラオコナフラスタジオの発表会で、発表グループは子供の部が33グループ、大人グループは30グループ、札幌や仙台支部からも駆け付けて1日がかりの盛大さである。

00dsc_0054


資料をwebに求めると、千葉県はフラダンス教室が全国でも多い方で、1位はやはり東京88、神奈川56に次ぐもので全国では500ケ所になんなんとする教室があり、驚きながら安堵した。
小生はハワイアンやフラが好きな方で出来れば参加したいほどであるが、この発表会では仙台グループにお二人男性がいた。フラと言うのは既に踊りの意味であるので日本語のフラダンスはおかしい事になる。

00dsc_0120

このグループの名前の由来ははっきりとは解らないが、コナと言うのはハワイのコナ市のことでスタジオ代表小澤和子女史が若いころからの繋がりでもある所だろう。水の流れのように対処しながらコナとスタジオが繋がっている願望を表しているという。ゴルフと同じだけ年長けても続けられる趣味である。
ヴァイと言うのが水の意味であるがスタジオの名前もシラブルをいれて読む必要があろう。小生は偶々ハワイアンのCDを先日申し込んだばかりである。いつも行くゴルフ場がテラスを整備すると言うのでそこにハワイアンを流したらいいだろうと記念に買って行く予定であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

次の汚いパッサールの整備はベンヒル

00benhil_aug_16_006_3


此方はこのパッサールの保有者PD Pasar社の計画であるが自分の専門事業としては難しいのか民間事業者へのBOT事業とするようだ。写真は正面に見えるのがスディルマン通りの我がSentral Plazaである。左側は昔ベンヒルのぼろビルが建っていたのが取り壊されファッションビルに立てけられている最中で、言わばジャカルタのトップアベニューにある一等地なのでこのベンヒルマーケットをどう建て替えるのかは難しいテーマとなるが結論を言えば予算1兆ルピアで、オフイス、ホテルを持つショッピングハウスになる。ハウスと言うのは小生が付けたもので、モールとは云い切れないかもしれない。と言うのはここに現在商売をしている屋台等の地権者が611もあり、これらがこのショッピングハウスに収容するというからである。その上実際はこの地区はスディルマン通りには面していない。そこは日本のリソナ プルダニア バンクの駐車場になっており、プルダニアが保有しているとすれば今さらながらいい物件を持っているものと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

Indonesia Trade Expoと省庁ロゴ

昨日がテストで今日が本番であるが重複しないよう続きとする。
もう28回目だと言うインドネシア Trade Expoであるが、その間ジャカルタに居た小生は行った覚えはジャカルタ生誕記念日のモナス或いはPRJでのジャカルタフェアー以外ない。これとは別物だとすると無関心さにも程があるので罪滅ぼしに紹介したわけである。
多分昔はリソーシス ・インドネシアと言う名前であったかもしれない。インドネシア政府の14もの省庁がが後援するというのでExpoのサイトにはしゃれたロゴが揃っていたが、
00dsc_0162_3


全部はアップ出来ないので代わりにこの7月頃インドネシア大使館で撮った案内ポスターの写真をアップしよう。
日本の省庁にもロゴはあるかと思って探して見たらMITIがMETIになった経産省も、NextではなくMextである文科省もあるにはあったが少し硬い気がする。
Header_h1


経団連は工夫が無いし農林水産省は全然なし。二つとも名前がロゴの積りの如しであった。
Hlogo


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

Indonesia Trade Expo 28th

もうすぐインドネシア Trade Expoが始まる。もう28回目だと言うから小生の全人生と同じ位であるが、今年は10月16日から20日まで、場所は上記と同じクマヨラン Fairground、昨年は10億ドルの買い付け契約が成立したと言うから凄いものだ。
インドネシア政府の14もの省庁がが後援参加するというのでロゴが揃っていたがこれはそのままブログ本文にはアップは出来ないだろう。ちょっとテストしてみよう。
Trade Expo Indonesia 2013 Supported By


駄目だった。

サンプルで水産省とKADIN(経団連に当たる)をアップしよう。

Supp14depkel


Supp12kadin

00dsc_0127


追伸 写真を整理していたら、前回商業省前を通った時Trade Expoのバルーンが揚がり商業省ビルの壁にはスパンドゥックが貼られていた。10月10日 未だ開始前であるので宣伝も兼ねアップした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブル・レインボーのラッキーボーイ

00dsc_0014


台風22号が接近中の10月2日の夕方、雨も上がったので2日続きの家籠りから脱出し外に出たら皆が反対側の空を眺めている。振り向くとお大きな虹である。あわてて写真を取りよく見ると2重になっている。モットいい場所をと自転車で移動しながら振り向くと空一杯に大きな半径を持つ虹だ。
00dsc_0019


しかし道路上に張り巡らされた電線・電話線で写真は絵にならない。どこかいい場所は無いかと移動するうちに
00dsc_0026


空は最後の輝きを増して虹の連環を切ってしまった。その上このカメラでは全体図がはいらない。折角の2重虹の完全な写真は失敗したが、「見た人は幸せになる」「願いが叶う」などと言われているらしい。今日は何もする予定も無く、何も出来ないので数日幸運が来るのは待ってほしい。
米国のオバマケアの予算が上院を通らず 政府機関が閉鎖されるニュースで日米の株式市場には暗雲が垂れこめて来たが再度、あと一度リカバリーしてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

アルヤドゥタとドイツ

友人が泊まっている、昔Astonだったかスマンギのアパート兼ホテルがいつの間にかAryaduta Hotelになっているのに驚いたことがある。Aryaduta Hotelと言えばPrapatanにあるスハルト時代は人気のホテルでここに日本の島レストランもあるのでよく行った事がある。The Tavernと言うパブにも会社の同僚の夫婦10人位で騒いだ事もある。この二つもイタリア料理のAmbiente レストランと共に未だ健在である。
00dsc_0133


最近通った時も未だAryadutaであるので身売りしたわけではなくむしろスマンギのAryadutaは支店なのである。支店と言えばバンドンスラバヤにもあるがこの他にジャカルタにはLippo Villageにもあり、KemangにもPuri Indahにも計画があるので支店名と共に云わないと間違う事がある。このTavernは現在はGerman Restoranともいっているが、Aruyadutaはドイツとも親しくこの10月のオクトバーフェスト ビール祭りはジャカルタで今年26回目と続いているという。実際は9月19日/20日にボールルームで済んでしまったそうだがフェスト自体は10月6日まで続いていると言うから一度行って見ると言い。
000scan10035octover_fest


000img_oktoberfest_80tr


小生は大昔に飛び込み参加した事を思い出す。小生にとってドイツは親愛なる国であるが最近の国際調査ではドイツは嫌日国である事を知った。残念だ。それは「インドネシア語の中庭」の親日度ランキングを見てください。
一方のインドネシアは日本にとり世界一の親日国で、インドネシア人にとっても一番人気なのだが、我々に仕えてくれる労働者諸君も我々を見てそう思ってくれているのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

初めてカメラが入ったジャカルタ場末 

ジャカルタ州政府ではまだまだタナー・バン、ジャティ・バル地区の 違法住宅などの取り壊しなどを進めている。マスマンシュールやクブンジャティなどの屋台Kaki 5をBlok Gビルに集めたのでその通りは今や通り抜けもできるようになったので9月のある日、今まで一度も覗いた事も無かった通りを通って見た。
00dsc_0045


交通の流れをブロックしている部分の渋滞を除きそれを過ぎるとスーと空いている。この通りはクブンジャティ通りである。
00dsc_0056


そこにBlok Gビルが建っているがその先の右に曲がる所Jati Baru 5は未だ混沌としている。そこに向かうのはやめ、
00dsc_0059


まっすぐ行くとタナーバン駅に出たが、多分左手に回るとBanjir Kanalを越えて行くK.S.Tubunに出る道であるが、

00dsc_0289


ここに架かる橋は小さな橋であるが両サイドはビッシリKaki 5が営業している。これもいずれ取り除かれるのであろう。  その先だろうかBeritajakarta.comが “demolish illegal buildings standing above water channels in Tanah Abangと報道があったがこれはどのビルだったのか、出会ってないがビルと言う以上こんな屋台でなくどこかに 橋に建つビルがあると言う事だ。
それは次回の探検に任せよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

インドネシア、赤字でも課税 欠損繰越は不可

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 9月号の目次は以下の通り。特定売上以下の企業の法人税は売上高査定で課税の制度開始、法人税の国際会計、又いじった保税規定、新駐事許認可、奢侈品税の大幅改定など、インドネシアの経済、会計・税務、諸手続き等の重要法令の紹介など満載。
詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又は k2433@ae.auone-net.jp或いはww.indonesialink.net/indomalco/に照会下さい。
CORPORATE MANAGEMENT IN INDONESIA

月刊 インドネシア 企業経営

2013年9月号
               
         
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 4 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   7 6
  3 ) インドネシアの 「会計原則 171 (法人所得税 4)」 北村浩太郎 4 13
  4 ) インドネシアの 特定売上高の納税者の所得税ファイナル課税と計算例 5 17
  5 ) インドネシアの 保税地区規定の3度目の改訂 4 22
  6 ) インドネシアの 外国商事会社駐在員事務所の許可 3 26
  7 ) インドネシアの 税額票のコードと連続番号 3 29
  8 ) インドネシアの 投資企業の設備・材料輸入関税免除便宜 4 32
  9 ) インドネシアの 小・中・大規模事業区分の基準 アップデート 4 36
  10 ) インドネシアの 贅沢品税リスト 2013 2 40
  11 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 42
  12 ) インドネシアの 投資手続き新フォーム一覧 2 44
  13 ) インドネシアの 源泉所得税PPh-21の計算例 その3 5 46
  14 ) インドネシアの ブカシ県における企業の従業員福利に関する規定 2 51
  15 ) インドネシアの 2014年の祝日と一斉年休取得日 1 53
   
2. 今月の政治・経済情報  
  1 ) 2013年8月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 3 54
  2 ) 2013年9月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 5 57
  3 ) 物価・貿易2013年9月発表 メール配信 1 62
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 「明日の街角93~希望と共に-朝は必ず来る」  橋本政彦 2 63
  2 ) 「NHK雑感」 広沢勉 2 65
  2 ) 「クンストクリンの有為転変」 西見恭平 5 67
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2012-2013トレンド メール配信 2 72
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 74
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 75
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    
00indomalco_cover_sep_2013_4


表紙写真:中部ジャワ州スマランの旧市街に建つマルバ・ビル。19世紀中ごろ、スマランの金持ちであったイエメン人のMARTA BADJUNETの指揮で建てられた。どこかエキゾチックな印象を受けるのはこのためか。海運会社の事務所として使用され、また当時スマランでは唯一の近代商店が入居していたともいうが、今は単なる倉庫となっており、残念。MARTA BADJUNETのイニシャルをとってMARBAビルと呼ばれている。

発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 5A Floor, Jl.Jend.Sudirman No.47,Jakarta 12930 Indonesia
TEL: (-62-21-)570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
Handphone:0816-726585, 0811-996071 E-Mail: risa@indomalco.com 主幹:西見、兼松
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »