« インドネシア、赤字でも課税 欠損繰越は不可 | トップページ | アルヤドゥタとドイツ »

2013年10月 2日 (水)

初めてカメラが入ったジャカルタ場末 

ジャカルタ州政府ではまだまだタナー・バン、ジャティ・バル地区の 違法住宅などの取り壊しなどを進めている。マスマンシュールやクブンジャティなどの屋台Kaki 5をBlok Gビルに集めたのでその通りは今や通り抜けもできるようになったので9月のある日、今まで一度も覗いた事も無かった通りを通って見た。
00dsc_0045


交通の流れをブロックしている部分の渋滞を除きそれを過ぎるとスーと空いている。この通りはクブンジャティ通りである。
00dsc_0056


そこにBlok Gビルが建っているがその先の右に曲がる所Jati Baru 5は未だ混沌としている。そこに向かうのはやめ、
00dsc_0059


まっすぐ行くとタナーバン駅に出たが、多分左手に回るとBanjir Kanalを越えて行くK.S.Tubunに出る道であるが、

00dsc_0289


ここに架かる橋は小さな橋であるが両サイドはビッシリKaki 5が営業している。これもいずれ取り除かれるのであろう。  その先だろうかBeritajakarta.comが “demolish illegal buildings standing above water channels in Tanah Abangと報道があったがこれはどのビルだったのか、出会ってないがビルと言う以上こんな屋台でなくどこかに 橋に建つビルがあると言う事だ。
それは次回の探検に任せよう。

|

« インドネシア、赤字でも課税 欠損繰越は不可 | トップページ | アルヤドゥタとドイツ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてカメラが入ったジャカルタ場末 :

« インドネシア、赤字でも課税 欠損繰越は不可 | トップページ | アルヤドゥタとドイツ »