« 歌舞伎公演イン・ジャカルタ | トップページ | 気違いでも人間だ »

2013年11月12日 (火)

2013年も国家英雄は居た

スラバヤでの英軍との戦いの日1945年11月10日を記念して、この日はインドネシアの英雄の日である。
00jun07_karibata


ジャカルタでは英雄はカリバタ英雄墓地にほおむられているので、この日の式典はカリバタ英雄墓地に大統領以下が献花するしきたりである。
00dsc_0215


今年は大統領夫妻、副大統領夫妻、政治治安調整大臣、内務大臣、エネルギー大臣、外相、主催の社会相などがAdam Malik 、Ahmad Yani、MT Haryono、S.Parman、Suprapto及びSutojo Siswomihardjoのお墓に花を撒いた。所で今年も又新英雄が選ばれており以下の3人である。
 Radjiman Wediodiningrat:独立準備委員会(BPUPKI)委員長
 Lambertus Nicodemus Palar:国連のオランダ軍事介入停止調停委員会に出席
 Tahi Bonar Simatupang:最初の国防参謀長

であった。これで159人になった筈である。去年も世界一多い英雄など増やせば価値が下がるばかりであり、やめたらどうかと思ったその時はシマトパンは既に有名な道路名になっていた。
追  昨日用ありカリバタを通った時の写真を追加アップした。上が2007年である。違いがどこかすぐわかると思うが正面にチャンディが二つ追加されている。 やっぱりインドネシアは余裕がある。 

|

« 歌舞伎公演イン・ジャカルタ | トップページ | 気違いでも人間だ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/53906910

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年も国家英雄は居た:

« 歌舞伎公演イン・ジャカルタ | トップページ | 気違いでも人間だ »