« 驚愕量刑、最賃悲鳴、イスラム右翼 | トップページ | 河合楽器の音楽スクール »

2013年11月28日 (木)

マンガライ駅は古い

00stasion_manggarai_001


チキニ駅の隣はもうマンガライ駅である。ここはタナーバンとジャティネガラ、ボゴール方面の分岐点でジャカルタコタ駅やボゴール駅と共に古い駅である。コタからここまで15kmは高架になっており、レインボウ・ラインと愛称がある。そしてボゴールに向かうのがレッドラインでブカシに向かうのがブルーラインと呼ばれている。
ここの駅は1870年オランダのNISがオープンしたもので日本より古い。その年はバタヴィア駅もオープン(現在の駅はその後1926年にたてかえられたもの)したとしでありボゴール駅が出来た1881年が日本の汽笛一声であった。又高架にしたのは1988年で完成1992年と早い出来である。(日本企業かな?)

|

« 驚愕量刑、最賃悲鳴、イスラム右翼 | トップページ | 河合楽器の音楽スクール »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/54080390

この記事へのトラックバック一覧です: マンガライ駅は古い:

« 驚愕量刑、最賃悲鳴、イスラム右翼 | トップページ | 河合楽器の音楽スクール »