« 大都会の中の田舎道 | トップページ | スルヨ~ストモ似たものシリーズに追加ストノ »

2013年11月21日 (木)

チョンデットのサラック

Condetで有名なのはDukuとSalakと言う果物である。その果物でCondetが有名になったと言う関係でもある。しかしそれも過去形で多くの他地域からの流入民による人口増加でこれらの果物畑が住宅地と変わって、Condetの面影もなくなり、普通の田舎になってしまったようだ。
Imagescatdplyk


Dukuは一見小玉のジャガイモのようで薄皮をむくと半透明の果実が数個に分かれて入っているやつで甘酸っぱい。この木は色々化学物質の効用があり利尿作用があるとか蚊を追う薬とかにもなるようだ。
Images


Salakはアルマジロ見たいな鱗皮で覆われたやつでこれも皮を破るとエナメル質の様な3個ほどに分かれた果実で入っており少し甘いが渋みもあったかな。ボゴールの山Salakとどう関係があるのであろうか。

|

« 大都会の中の田舎道 | トップページ | スルヨ~ストモ似たものシリーズに追加ストノ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/54007242

この記事へのトラックバック一覧です: チョンデットのサラック:

« 大都会の中の田舎道 | トップページ | スルヨ~ストモ似たものシリーズに追加ストノ »